FC2ブログ

豫園商城

上海随一の観光スポットとして有名な豫園に立ち寄りました。
豫園とは明代(1368年~1644年)の庭園呼称で、豫園の「豫」は愉を表し、すなわち「楽しい園」という意味なのだそうです。1961年に一般開放され、1982年には国務院により全国重点文物保護単位となり、入園には大人30元が必要な有料施設です。周辺は中華的な高層建築物が並んでおり、観光地として豫園商城と呼ばれています。

土産物店が並ぶ豫園老街。
001_20120701011444.jpg


豫園商城も500年の歴史があると言われています。
002_20120701011444.jpg


この日は日曜日とあって、大勢の観光客で道路は人だらけ!
003_20120701011443.jpg


豫園商城の中央広場もこのとおり。
004_20120701011443.jpg


人・人・人で埋め尽くされていました。
005_20120701011443.jpg


湖心亭に向かう九曲橋も人がいっぱい。
006_20120701011443.jpg



007_20120701011548.jpg


008_20120701011548.jpg


009_20120701011548.jpg


010_20120701011547.jpg


湖心亭は釘を一本も使っていない建物で、1855年に上海最古の茶楼としてオープンしたそうです。
011_20120701011547.jpg


012_20120701011547.jpg


013_20120701011636.jpg


池の中には無数の金魚や鯉が泳いでいました。
014_20120701011636.jpg


上海タワーと湖心亭の新旧コラボです。
015_20120701011636.jpg

< LUMIX DMC-TZ30 >


ご覧いただき、ありがとうございました。

中国出張

6月24日から28日まで、半年ぶりの中国出張に出かけてきました。
中国が「世界の工場」と言われ始めて10年以上が経ちます。出稼ぎ労働者という安価な労働力を使って外国や中国資本の工場が製品を大量生産し世界中に売りまくる、これが中国の経済成長の原動力でした。しかし、近年の内陸部の発展により故郷の近くでも働く場所が増えてきたため、農民工と呼ばれる出稼ぎ労働者が減少しつつあります。それに一人っ子政策による若い労働力の不足や、保険保障制度による人件費UPが追い討ちを掛けて、中国人の平均賃金は過去10年間で4倍に増えました。
そのため、最近では欧米企業の撤退や縮小が加速しています。安価な労働力が前提となっていた「世界の工場」が終わろうとしています。人件費の高騰以外にも品質維持の問題やモラルの低さなどで欧米企業の中には中国に絶望して撤退を始めた企業もあるそうです。日系企業はというと、相変わらず中国への依存度は高く、後発の欧米企業がいち早く見切りを付けたのに比べてのんびりしているように思えます。
外国企業に支えられて発展してきた中国ですが、その支えられる物がなくなった時、どのように変化をするのか、今後の楽しみでもあります。

P1000178.jpg


JAL 名古屋⇔上海浦東便の機内食。
P1000180.jpg


上海浦東空港に到着。さすが大陸だけあって、とても広い空港です。
P1000181.jpg

< LUMIX DMC-TZ30 >


ご覧いただき、ありがとうございました。

上海ウォッチング2011-②

街中をぶらついていると、市場を見つけたので、早速覗いてみることにしました。(*^^)v
P1010077.jpg


入口には果物店が並んでいます。中国は果物が安く、夏場のスイカは1玉5元(60円)ほどです。
P1010078.jpg


中国の魚と言えば淡水魚が中心ですが、ここでは海の魚をメインに販売していました。
P1010079.jpg


日本では釣りの対象魚になっているシロギスを発見!中国にもいたのね。(笑)
P1010081_20111219000109.jpg


鮫も食材として普通に売られています。
P1010082_20111219000109.jpg


ぶつ切りにされたばかりの大型の青魚やハクレン。口をパクパクさせて動いていました。
P1010083_20111219000108.jpg


こちらは肉売り場です。
P1010084_20111219000149.jpg


店舗裏に吊るされているのは、その大きさから犬肉のようです。シャッター前にも無造作に肉が置かれていました。
P1010086.jpg


鳥類は生きたまま売られています。白い鳩も商品のようです。
P1010087.jpg


野菜コーナーには見たこともない中国野菜が並んでいました。
P1010088_20111219000148.jpg

この後、ホテルに戻り地下鉄2号線で浦東空港まで行って帰国しました。



ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

上海ウォッチング2011-①

帰国便は夕方なので午前中はいつもヒマを持て余しています。今回は半年ぶりの上海だったので、久しぶりにホテル周辺をぶらついてみました。

日曜日なので朝から路上販売が賑やかですが、無許可販売なので公安が来ると逃げます。(笑)
P1010075_20111218232407.jpg


歩道には埃にまみれて肉が干してあります。その後この干し肉は店舗で販売されるのです。
P1010099_20111218232407.jpg


右上にキリスト教の看板があるので教会でしょうか?道路中央には監視カメラが設置されています。
P1010100.jpg


冬場の名物、ドラム缶の焼き芋屋です。これ甘くて安くて、とても美味しいのです。
P1010101_20111218232406.jpg


こちらでは歩道でミカンを売っています。取締りを警戒してか、周りをキョロキョロしてました。(笑)
P1010102.jpg


私は「水城路」界隈によく出かけましたが、ここにも監視カメラがありました。中国では常に当局に見張られていると思って行動する必要があります。ちょっと大げさかな?(笑)
P1010103.jpg


以前、何回か行ったことがあるマッサージ店ですが、閉店したのか店内は何もありませんでした。
P1010106.jpg


路上の移動雑貨店では・・・自転車コケてました。(笑)
P1010107.jpg


こちらでは近郊の農家が白菜を売りに来ているようですが、捨てられた葉は多分そのままでしょう。
P1010111.jpg


三輪自転車の魚屋さん。私が子供の頃にリヤカーで魚屋さんが行商に来ていたのを思い出しました。
P1010112.jpg


歩道も店舗の一部なんでしょうか?販売スペースが2倍になってます。(笑)
P1010115.jpg


日本語と韓国語で書かれたアダルトショップです。日韓のお客さんが多いのかも?(笑)
P1010117.jpg


こちらにもドラム缶焼き芋屋が営業中。しかし、伐採された街路樹がそのまま放置されています。
P1010122.jpg


中国も携帯電話の普及率が高くなったため、公衆電話は絶滅危惧種です。(笑)
P1010131_20111218232547.jpg


天山路の下には地下鉄2号線が通っていて、虹橋空港と浦東空港を結んでいます。
P1010135_20111218232546.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

中国出張-出国編

数年前までは月一で出張していた上海ですが、上海事務所の人員が揃ってからは年に1~2回の出張に減ってしまいました。
今回は6月以来、半年振りの中国です。上海近郊の道路整備はかなり拡充されて、以前の半分ほどの時間で移動できるようになりました。
これで仕事の効率がUPすれば良いのですが、逆に夕方のラッシュは以前より凄いことになっていて、早めに仕事を切り上げなければなりません。(笑)


12月なので、出発空港の中部国際空港はクリスマスムード満点!
P1000590.jpg


しかし、この日は朝から雨模様で送迎デッキには誰一人いません。
P1000591_20111214202903.jpg


イミグレを抜けた免税店周辺もクリスマス一色です。
P1000597.jpg


約2時間のフライトで上海に到着して空港から仕事場に向かいます。
しかし、この白色の車はナンバー付いてませんね!なんでもアリの国、中国ですから・・・。(笑)
P1000654_20111214202902.jpg


この日、向かったのは検品場でした。
P1000629_20111214202903.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム