FC2ブログ

上海-西塘④

西塘古鎮の見所のひとつに弄(ろん)があります。これは狭い路地の事ですが、ここ西塘古鎮には122本もの路地があるといわれています。最も有名な弄は、西街にある石皮弄で、長さ68メートル、幅はわずか80㎝しかなく、216個の板石が敷かれています。他には幅が30㎝ほどで人一人が体を横にしなければ通れない狭い弄や、5人が並んで通ることができる大弄などがあり、観光客が行き交う表通りから一歩路地裏に足を踏み込めば、そこはもう住民たちの生活域となっていました。


路地の入口に民宿の看板が出ています。看板に書かれている「客栈」とは旅館・民宿のことです。
022_西塘-2

古い民家を旅館として改築し、営業しているようです。
023_西塘

店と店の間の狭い弄。
055_西塘

弄の奥には日常の生活があります。
071_西塘


095_西塘

瓦屋根と提灯と自転車、雰囲気がいいですね!
106_西塘-2

路地の先には洗濯物が干されています。
121_西塘


117_西塘


127_西塘


143_西塘-2


146_西塘


149_西塘-2


150_西塘


151_西塘


157_西塘

石皮弄。石皮とは路地に敷かれた石が皮のように薄いことから名づけられたとされています。この路地の石板は厚さがわずか3cmしかないそうです。
168_西塘


176_西塘


ここ西塘には橋も多く、104基が点在しているそうです。そしてその多くが明・清時代に建造されたものらしいです。

環秀橋。高さがある橋で、眺めもよく、橋の上から撮影やスケッチする人が多いです。
058_西塘-2

環秀橋。反対側から見た風景。
135_西塘-2

送子来鳳橋。この橋は廊橋(屋根つきの橋)で、しかも、中国古代特有の複廊(左右で隔てられた複線の廊下)形式になっています。
101_西塘-2

二つの廊橋は、小さな窓もついた塀で隔てられていて、その小さな窓から反対側を見ることもできます。
091_西塘-2

この複廊形式の橋というのは、恋人同士でこの橋を渡れば、結婚後、子宝に恵まれるという言い伝えがあるそうです。
093_西塘

永寧橋。位置的にも賑わいという点でも西塘古鎮の中心部にある橋です。
125_西塘-2

烟雨長廊の瓦屋根は趣があります。
191_西塘-2


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム