FC2ブログ

明治村-③ 聖ヨハネ教会堂(重要文化財)

聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていました。


中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインを交えた外観をしています。
01_聖ヨハネ教会堂


正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる会堂が配された教会です。
02_聖ヨハネ教会堂


正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が開けられ、室内が大変明るい。
03_聖ヨハネ教会堂


階段を上って2階の会堂に向かいます。
04_聖ヨハネ教会堂


正面のガラスはシンプルなステンドグラスになっています。
05_聖ヨハネ教会堂


十字形平面の会堂内部は小屋裏のようで、柱などの骨組が不思議な空間を創っていました。
この日はミニコンサートが開かれるそうで、観客が集まっていました。
06_聖ヨハネ教会堂


構造は、一階がレンガ造、二階が木造で造られ、屋根には軽い金属板が葺かれております。
これは日本に多い地震への配慮とも考えられるそうです。
07_聖ヨハネ教会堂


明治村-④につづく・・・。


ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム