FC2ブログ

豊橋総合動植物公園:自然史博物館

豊橋市自然史博物館は、愛知県内初の本格的な「自然史博物館」 として昭和63(1988)年5月1日に開館しました。昭和58(1983)年に豊橋市はアメリカのデンバー自然史博物館(現デンバー自然科学博物館)と友好提携を結び、それにともない、中生代白亜紀後期に生息していた草食恐竜エドモントサウルス・アネクテンスの実物化石を購入し、 市制施行80周年記念事業として自然史博物館を建設しました。博物館の敷地は動物園と隣接しており、平成4(1992)年4月29日に自然史博物館、動物園、遊園地の敷地・設備が整備され、全体として豊橋総合動植物公園となります。


自然史博物館の所蔵資料は、生物系、地学系の標本をあわせて、平成20年度(2009年3月)に約38万1505点に達し、このうち約3400点を展示しています。
P1110081.jpg


自然史博物館入口前の広場(屋外恐竜ランド)には、このブラキオサウルスの親子をはじめ、10体の実物大の恐竜模型があります。
P1110080.jpg


トリケラトプス。
P1110086.jpg


イグアノドン。
P1110092.jpg


自然史博物館入口。
P1110095.jpg


自然史博物館の入口で来館者を展示へといざなう恐竜はプシッタコサウルスです。この恐竜は来館者に反応して体を動かし、声を出します。さらに時間になると卵が孵って赤ちゃんが生まれます。
P1110096.jpg


自然史スクエアと呼ばれる中央通路広場に展示されているティラノサウルスとトリケラトプス。
P1110098.jpg


ティラノサウルスとトリケラトプスの全身骨格が白亜紀の世界を演出しています。
P1110102.jpg


古生代展示室では22の展示コーナーで、地球の誕生から約2億5千万年前までの生きものの進化をたどることができ、実物の隕石にも触ることができます。
P1110106.jpg


ストロマトライトは、藍藻類の死骸と泥粒などによって作られる層状の構造をもつ岩石のことで、先カンブリア時代には世界各地に存在し、地球に大量の酸素を提供したとされています。現生のものはオーストラリア・シャーク湾やセティス湖など、ごくわずかな水域のみで発見されています。
P1110109.jpg


三葉虫の一種であるオギコプシスの化石。
P1110112.jpg


カラミテスの枝の化石。石炭紀に栄え、石炭とともに見出される化石としてのみ知られる木本様植物。
P1110116.jpg


リストロサウルス。
P1110117.jpg


エオラプトル。
P1110119.jpg


ティラノサウルスの頭部化石。
P1110127.jpg


ジュラ紀前期に生息していた海洋生物。ステノプテリギウスなどの魚竜は胎内で孵化し、胎児は母体から生まれたということがわかっています。
P1110130.jpg


ステゴサウルス。
P1110140.jpg


ディメトロドンの模型。
P1110141.jpg


アンモナイトの一種、パブロビア。
P1110142.jpg


パキディスクス。これらの化石にも実際に触ることができます。
P1110143.jpg


輪切りにされたアンモナイト(スペエトニセラス)
P1110144.jpg


まるで生きているようなアンモナイトの姿を映し出す仕掛けもありました。
P1110145.jpg


生きた化石として現在も生息しているオウムガイ。
P1110146.jpg


中生代白亜紀前期末期に浅海に棲息していた硬骨魚類の一種のギリクスの化石。
P1110148.jpg


これは有名な生きた化石のシーラカンスです。
P1110149.jpg


シーラカンスの仲間であるアケルロディクティスは中生代白亜紀の地層から化石が発掘されています。
P1110150.jpg


エイやサメなどの軟骨魚類の化石。
P1110151.jpg


ゴキブリも中生代白亜紀から生き続けています。
P1110157.jpg


琥珀に閉じ込められた虫。映画「ジュラシックパーク」では、この虫(蚊)が吸った恐竜の血液から恐竜を甦らせるストーリーでした。
P1110158.jpg


カウディプテリクスの化石。
P1110173.jpg


中生代展示室では2億5000万年前~6500万年前の合計10体の恐竜たちを間近で見ることができます。
P1110175.jpg


中国雲南省で発見されたユアンモウサウルス(中央の首長竜)とプテラノドン。
P1110182.jpg


天井からは水生爬虫類(海に住む恐竜)が展示されています。
P1110183.jpg


エドモントサウルスの化石。
P1110198.jpg


新生代展示室には、人類によるゾウ狩りのジオラマが展示されています。
P1110199.jpg


古代ワニの化石。
P1110202.jpg


ナウマンゾウとヤベオオツノジカ。
P1110203.jpg


深海ザメ、ラブカのホルマリン標本。
P1110207.jpg


郷土の自然展示室には近海魚類の剥製が数多く展示されていました。
P1110215.jpg


愛知県下に生息する哺乳動物のうち、31種類が剥製標本と全身骨格標本で展示されています。
P1110223.jpg


豊橋総合動植物公園は規模の大きな総合公園なので、植物園・動物園・自然史博物館と、丸一日かけて楽しめる施設でした。


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム