FC2ブログ

三菱一号館美術館 (20190918)

KITTEビルを後にして周辺のビル街を散策しました。
05_201909262323258ee.jpg



少し歩くと有楽町駅につながる東京国際フォーラムの建物が現れました。
06_20190926232323bfd.jpg



道路を挟んで三菱一号館美術館があります。
07_2019092623232276d.jpg



三菱一号館美術館は、19世紀の近代美術を中心とする美術館で、企画展を年間3~4回開催しています。常設展示は設けられていませんが19世紀末の美術品を収蔵しており、特にロートレック作品を多く所蔵することからフランス・アルビ市のトゥールーズ=ロートレック美術館と姉妹館提携を行っています。
08_20190926232319763.jpg



「三菱一号館」は、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計されました。 三菱が東京・丸の内に建設した初めての洋風事務所建築で、全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられています。 当時は館内に三菱合資会社の銀行部が入っていたほか、階段でつながった三階建ての棟割の物件が事務所として貸し出されていました。この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則って、2009年に同じ地に復元されました。
09_20190926232323b49.jpg



<Café 1894> 営業時間 11:00~23:00 不定休
1894(明治27)年の三菱一号館創建当時、銀行営業室として利用された空間を復元した
クラシックな趣のミュージアムカフェ・バーです。
10_20190926232318962.jpg



三菱一号館美術館出口 営業時間10:00~18:00
12_201909262323163ff.jpg



建物の脇を通って中庭に入れます。
11_20190926232318618.jpg




13_20190926232315421.jpg



一号館広場
建築家コンドルは日本で手掛けた建築の多くに、バラを用いた庭園を併設していますが、これは母国イギリスをしのんで植えたといわれています。そのコンドルにちなんで、一号館広場には三菱一号館が建てられた1894年頃に発表されたオールドローズをはじめ、約40種のバラが植えられています。
14_201909262323155f1.jpg



15_201909262323108d3.jpg



16_20190926232311796.jpg



17_20190926232309d39.jpg



<三菱一号館 歴史資料室> 開館時間 10:00〜18:00 入場無料
三菱一号館の復元の経緯や丸の内の歴史を伝えるコーナーで、旧三菱一号館の当時の事務所空間を再現しています。
18_20190926232306298.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム