FC2ブログ

天浜線一日フリーきっぷの旅 14/15 (掛川駅)

原谷18:09⇒掛川18:28 142列車

掛川に到着しました。18時43分に折り返すこの列車に乗車予定なので、急いで駅周辺を散策します。
01_2019091322003669d.jpg



掛川駅は、頭端式ホーム1面2線を有する地上駅で、JR東海とは別改札になっています。天浜線駅舎内から東海道本線1番線へのJRの簡易型自動改札(TOICA対応)も存在します。JRへの乗換客で、JR線の乗車券を所持していない場合は天浜線の券売機でJR線の乗車券(近距離切符)を購入して入場することもできます。
07_2019091322003164e.jpg



JR線と線路が繋がっており、甲種車両(新型車両)の引渡しが行われるほか、検測車が天竜浜名湖線に入線する際も当駅を経由します。
02_2019091322003498b.jpg



駅事務所と改札。
03_20190913220033bf3.jpg


列車の到着により待合室は誰もいなくなりました。
04_20190913220032d13.jpg



天竜浜名湖鉄道の東端駅で、JR東海道線・新幹線はここで 乗換えになります。朝夕は通勤、通学の乗降客が多く、特に学生の明るい笑顔とおしゃべりが弾む活気溢れる駅です。駅舎は白い三階建てのモダンな建物です。掛川城、掛川花鳥園へは徒歩で行く事ができます。
05_20190913220034afb.jpg



JR掛川駅北口駅舎は東海道新幹線の停車駅で唯一、木造の駅舎が残る駅です。これは新幹線駅開業時の掛川市長であった榛村純一氏が木の文化を大切にするという姿勢をとっていたため、1940年(昭和15年)に建築された木造駅舎を残したそうです。ただし、駅舎の耐震化がなされていなかったことから、掛川市では駅舎を建て替えの上で元の木造駅舎の資材を利用して外観を復元する工法による耐震化工事を2012年(平成24年)12月から開始、2014年(平成26年)1月26日に駅舎の供用を再開しました。
06_201909132200312b7.jpg



18時43分発の下り145列車に乗って金指駅に戻ります。
08_201909132200293b1.jpg



当初はそこそこ乗車していたお客さんも、豊岡駅を過ぎる頃にはほとんどいなくなりました。
09_20190913220026e7b.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム