FC2ブログ

旧遠州銀行本店(静岡銀行浜松営業部)

この日は銀行に行く用事があったので、久しぶりに赤電(遠州鉄道)に乗ってみました。
02_20190812092316f13.jpg



旧遠州銀行本店の建物は、昭和20年(1945年)6月18日の浜松大空襲で辺り一面が焼け野原になりましたが焼失をまぬがれ、「静岡銀行浜松営業部」として現在も使用されています。
04_20190812092313056.jpg



1920(大正9)年6月に資産銀行と西遠銀行が合併し、当時の遠州地方最大の銀行である遠州銀行が誕生しました。
もともと西遠銀行の本店は1916(大正5)年3月に伝馬町に構えられており、合併して遠州銀行となった後、1928(昭和3)年6月3日に田町に本店を構えます。総工費は当時の半期純利益に相当する45万円で、地方銀行としては相当のものでした。1923(大正12)年の関東大震災を教訓に、堅牢な建物が造られました。その後、1943(昭和18)年に遠州銀行は静岡三十五銀行と合併して静岡銀行となり、遠州銀行本店は静岡銀行浜松支店となります。
03_20190812092314d75.jpg



外壁は花崗岩張りで仕上げられており、ギリシャ神殿風の外観で、正面の東側には4本のイオニア式の円柱が3階まで伸びているのが印象的です。街路に面している北側には特に装飾はされておらず、シンプルに仕上げられています。東側・北側ともに1階にはアーチ状の窓が設けられ、中央に大きな扉があるが現在出入りには使われていません。
05_2019081209231347a.jpg



2005(平成17)年には静岡で最初の本格的な鉄筋鉄骨コンクリート造の建物として浜松市の文化財に指定されています。
06_2019081209231163a.jpg



ロビーは2階までの吹き抜けとなっており、2階部分の回廊と手すりには連続する波型のデザインが施されています。また、2階の部屋は回廊に面する形で配置されています。
07_2019081209231058f.jpg



静岡銀行浜松営業部前の道を挟んで建つ、マビーセブンは私が学生時代にできた飲食ビルで、隣にあった遠鉄名店ビルと共に当時の高校生の溜まり場でした。 あれから45年・・・懐かしいですね!
08_20190812092308ffb.jpg



マビーセブンのマビーは不明ですが、セブンは7階建てを意味しています。
09_20190812092306033.jpg



銀行で用事を済ませた後は、浜松駅前からバスに乗って帰宅しました。
10_20190812092307e17.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム