FC2ブログ

青春18きっぷの旅 5回目-③ 20190406

<旧開智学校>
松本城から北に徒歩10分ほどの場所にある「旧開智学校」を訪問。
01_201904121904566f6.jpg



旧開智学校は明治6年(1873)5月6日、筑摩県学を改め学制による小学校として、廃仏毀釈で廃寺となった全久院の建物を仮の校舎として開校しました。新校舎は明治9年4月に全久院跡地に竣工し、昭和38年3月まで約90年間使用された、わが国で最も古い小学校の一つです。
02_201904121904558b3.jpg



校舎の建築は、地元の大工棟梁立石清重が設計施工したもので、現存校舎のほかに30余室の教室棟が設けられており「広大華麗・地方無比」とうたわれた大規模校でした。
03_2019041219045306b.jpg



昭和36年に国の重要文化財に指定。
04_201904121904515fa.jpg



工事は、当時のお金で1万1千余円の巨額なもので、およそ7割を松本町全住民の寄附により調達し、残り3割は特殊寄附金及び廃寺をとりこわした古材受払金などで調達したそうです。
05_20190412190450e6a.jpg



06_2019041219044987b.jpg



開館時間=午前9時から午後5時 (入館は午後4時30分まで)
観覧料=大人300円、小中学生150円
07_20190412190448a37.jpg



<松本市旧司祭館>
開智学校の隣にある旧司祭館は、明治22年(1889)にフランス人のオーギュスタン・クレマン神父により、松本城のすぐ北側に建設された西洋館です。以後、100年近くにわたり松本カトリック教会の宣教師たちの住居として使用され、1991年に現在の旧開智学校の隣地に移築復元されました。
08_2019041219044684d.jpg



平成2年(1990)に松本市へ寄付され、翌年、現在地へ移築復元された旧司祭館は、平成17年(2005)には、旧松本カトリック教会司祭館として長野県宝に指定されました。
09_201904121904447da.jpg



入場無料と書かれていたので内部を観覧。
10_20190412190444fab.jpg



アーリー・アメリカン様式を備えた下見板張りの西洋館で、各部屋には暖炉があり、1・2階ともにベランダを備えています。
11_201904121904417cc.jpg



12_20190412190441162.jpg



13_2019041219043855c.jpg



14_20190412190737e71.jpg



15_201904121907368cc.jpg



松本15:33⇒中津川18:18
始発の松本駅から終点の中津川駅まで乗車(混雑度50%)
16_20190412190735b98.jpg



帰りは始発の松本から終着の中津川まで2時間45分の移動です。
17_2019041219073326b.jpg



中津川18:35⇒金山19:52
始発の中津川駅から金山駅まで乗車(混雑度50%)
18_20190412190732825.jpg



中津川駅1番線ホームでは46年前にD51が牽引する貨物列車を撮影していました。
19_2019041219073060f.jpg



19時52分に金山駅に到着。金山駅は名鉄、JR東海、名古屋市交通局が乗り入れ、1989年(平成元年)7月9日に金山総合駅となると利便性が向上したため利用者が急増し、駅周辺も高層ビルが建ち並んでいます。
21_20190412190728276.jpg



乗り換え列車を待っていると、EF66107号機が牽引する下り貨物列車が通過しました。
20_20190412190730d36.jpg



金山20:03⇒豊橋20:52 特別快速
金山駅から終点の豊橋駅まで乗車(混雑度150%)
22_20190412190727b31.jpg



豊橋20:57⇒浜松21:31
始発の豊橋駅から終点の浜松駅まで乗車(混雑度150%)
23_20190412190724a93.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム