FC2ブログ

全生寺

全生寺(ぜんしょうじ)は、静岡県周智郡森町円田に所在する曹洞宗のお寺で、天竜浜名湖鉄道の円田駅のすぐ北側にあります。
慶長18年(1613)可睡斎第十三世士峯宋山大和尚は徳川家康から朱印二十石を拝領して当寺に隠居した。それ以前は「善生寺」という寺号であったが家康が「全生寺」と号した。家康の命により可睡斎十一世仙麟等膳大和尚は弟子である可睡斎十二世一株禅易大和尚・士峯宋山大和尚とともに正堂築山御前(織田信長によって幕命した今川義元の姪)の魂に戒を授け怱ち成仏させた。以来、三僧への家康の信頼はさらに深まった。天下平定の後、可睡斎の宋山和尚は東海大僧録として遠江・駿河・伊豆・三河の曹洞宗寺院を支配下に収め、関三刹と同等の権威を持つに至り十万石大名の待遇であった。当寺へ隠居後、還化(1635年)するまで可睡斎から使僧が立ち、下馬駐篤させたと伝えられる。戦後、高僧の参道は削られ現在地より100m程南(現消防小屋)にあった下馬札の石も移動した。そしてこの度、此処に安置し末永く伝えるものとする。【全生寺と下馬札の説明版より】




天竜浜名湖鉄道の円田駅西側のガードを抜けたところが境内になっています。
01_全生寺


全生寺と下馬札の由来が書かれた説明板。
02_全生寺


全生寺山門。大通叟(だいつうそう)によって文化年中に建立。
03_全生寺


山門脇に置かれていた石仏。
08_全生寺


山門から見た本堂。
05_全生寺


全生寺本堂。
06_全生寺


境内には涅槃像が安置されています。
07_全生寺


本堂脇の梅が咲いていました。
09_全生寺


庫裏。
10_全生寺


全生寺東側には八雲神社があります。
20.jpg


手水舎。
21.jpg


神社拝殿。
22.jpg


神社境内にあった茅葺の社。
24.jpg


御神木。
25.jpg


境内から見下ろした鳥居。鳥居のすぐ先には円田駅があります。
26_20100221224303.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム