FC2ブログ

mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

上野動物園②

パンダの観覧は諦めましたが、園内を一周して動物たちを撮影してきました。

<アジアゾウ>
アジアゾウは南アジアや東南アジアなどに分布しているゾウの総称で、アフリカゾウとの外見上の違いは、アフリカゾウの背中は真ん中辺りがくぼんでいて、頭部と腰の部分が高くなっているが、アジアゾウの体は樽型のような感じで、背中の真ん中が一番高くなっている。また、耳はアジアゾウもかなり大きいが、アフリカゾウでは更に大きく、肩を覆うほどに大きい。
02_20180708233936377.jpg



<スマトラトラ>
スマトラトラは最も南に分布しているトラの仲間で、インドネシアのスマトラ島の熱帯モンスーン林などに生息している。北方に生息しているアムールトラの雄が体長250~300cm、体重が300kg程にもなるのに対して、スマトラトラの雄は体長が180cm、体重は150kg程度とかなり小さい。また、肩より後の縞は2本ずつの束になっていて、雄の頬や首筋の毛は長く伸びる特徴がある。
03_20180708233935db5.jpg



<ホッキョクグマ>
ホッキョクグマは北アメリカ北部やユーラシア大陸北部に分布しているが、ヒグマよりも更に北の北極圏や流氷圏に生息し、グリーンランド南端やアイスランド南部、カナダのハドソン湾、ジェームス湾、ニューファンドランド島辺りまで生息している。雑食性だが他のクマよりも肉食性が強く、主にアザラシ類や魚などを食べるが、トナカイなども食べるが、氷が解ける夏には陸上植物や海草のほか、海鳥やその卵なども食べる。
04_20180708233933dab.jpg



05_20180708233932116.jpg



<オニオオハシ>
オニオオハシは南アメリカ大陸の北はベネズエラから南はアルゼンチンの北西部にまでの地域に分布しています。そのカラフルで美しい体色からアマゾンの宝石とも呼ばれ、特徴的なくちばしは体長に占める割合が鳥類最大となっており、体内の熱を血管を通じて放熱するラジエターの役割があることが最近の研究でわかりました。主食は果実だが、昆虫や鳥の卵も採食するなど食性は多様です。
DSC_6976.jpg



<ハートマンヤマシマウマ>
ハートマンヤマシマウマはアンゴラからナミビア西部の山岳地帯に生息している。ヤマシマウマの特長としては、ウシ科の動物に見られるように、首の下に肉垂が見られることで、ハートマンシマウマにもこれが見られる。シマウマの特長である体の縞は、はっきりとしていて幅が狭く縞数は多い。
腹部にははっきりとした縞模様がないが、四肢には蹄まで縞があり、腰にも正中線上に横縞が数本見られる。
DSC_7041.jpg



<コビトカバ>
コビトカバはリビエラやギニア、コートジボワール、シエラレオネなどの西アフリカに分布しているカバの仲間で、多くはリベリアに生息している。名前のように、肩高は0.7~1m程で、一見して小型のカバか子どものカバのように見えるが、コビトカバは普通のカバとはまったく違った生活をしており、基本的に夜行性で、夕方から深夜にかけてもっとも活発に活動する。また、カバがサバンナなどの水辺近くで生活しているのに対して、コビトカバは森の中で生活をしている。森の中でも川や沼などの水辺からあまり離れることのない生活をしているが、カバのように特に水中を好むことはない。
DSC_7050.jpg



コビトカバは生息数が少なく世界的にも珍しい動物で、ジャイアントパンダ、オカピと共に三大珍獣 (或いはウシ科のボンゴを加えて四大珍獣) と呼ばれているが、現在コビトカバは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、絶滅危惧種(EN)としてレッドリストに指定されている。
DSC_7063.jpg



<カバ>
かつてはサハラ砂漠より南のアフリカに広く分布していたとされているが、現在の分布域は主な河川周辺などに分断されていて、大きな固体を見ることは少ないと言われているが、それでも体重3200kg程のものも見られ、シロサイほどの大きさがある。顎の筋肉が発達しているので、この大きな口は150度程も開くことができ、犬歯も長くて大きくなる。カバは湖や河川、沼などの水辺近くで生活しているが、半水生の哺乳類で、1日のほとんどを水中で過ごし、主に夕方から夜間にかけて、陸上で草類や芽、茎、樹皮などを採食する。
DSC_7064.jpg



DSC_7145.jpg



<ヒガシクロサイ>
かつてはスーダン南部やエチオピア、ケニアなどにも分布していたと言われているが、現在はタンザニアに分布している。角は2本あり、前角は40~50cm、後角は20~30cm程度だが、長いものだと前角が 1~1.3m、後角が50cm程になるものもいる。草食性で、マメ科の低木を中心に、木の芽や枝、樹皮、果物などを主食としているが、トゲのあるアカシアなどもキリンのように平気で食べる。ミナミクロサイと同様、絶滅危惧種(CR)として指定されている。
DSC_7147_20180708233921fb3.jpg



DSC_7163.jpg



DSC_7169_201807082339197cb.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2018/07/12(木) 00:00:35|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上野動物園③ | ホーム | 上野動物園①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://slim2000.blog79.fc2.com/tb.php/2997-514ef828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (36)
東京一人生活 (49)
ぶらり撮影 (45)
観光・名所 (292)
イベント・祭り (122)
ポートレート (39)
釣り (39)
生き物 (162)
富士山 (56)
季節の花 (105)
季節の風景 (4)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (11)
文化財 (62)
神社・仏閣&教会 (129)
遠州七不思議 (8)
グルメ (41)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (151)
鉄道:大井川鐵道 (859)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (12)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (16)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (42)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (15)
鉄道:SL銀河 (26)
鉄道:SL大樹 (7)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (128)
鉄道:現役蒸気機関車 (97)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (112)
独り言 (16)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして