FC2ブログ

国立科学博物館 (日本館)

上野にある国立科学博物館に行ってきました。
01_2017062223252660c.jpg



入口にはD51231号蒸気機関車が展示されています。
04_2017062223252530c.jpg



日本館 (重要文化財)
国立科学博物館は日本を代表する総合科学博物館で「日本館」と「地球館」の2つの常設展示場があります。
この日本館は1930年12月竣工し、2008年6月に重要文化財に指定されました。
DSC_0103_20170622232523b2c.jpg



日本館吹き抜け内部。
DSC_0199_2017062223323432f.jpg



日本館内部ドーム天井。
DSC_0241_20170622233751280.jpg



江戸時代に使われていた天球儀。
DSC_0201_2017062223323250c.jpg



懐中時計の歴史
DSC_0208_20170622233229017.jpg



DSC_0206.jpg



江戸時代から使われた様々な時計。
DSC_0209_2017062223322883f.jpg



印籠時計。
DSC_0210_20170622233226fe0.jpg



最近話題のクマとの遭遇ができます。(^^ゞ
DSC_0213_20170622233224ba1.jpg



セマルハコガメ(天然記念物)の剥製。
DSC_0216_20170622233223947.jpg



ヤンバルクイナ(天然記念物)の剥製。
DSC_0217_20170622233221ce2.jpg



イリオモテヤマネコ(特別天然記念物)の剥製。
DSC_0218_201706222332213a0.jpg



アマミノクロウサギ(特別天然記念物)の剥製。
DSC_0219_2017062223321948b.jpg



ニイニイゼミの種類と分布。
DSC_0221_20170622233217177.jpg



ノコギリクワガタの種類と分布。
DSC_0223_201706222332166fd.jpg



日本に持ち込まれた外来種。
DSC_0231_201706222332143b5.jpg



江戸時代には北海道から九州まで広く分布していたトキですが、明治時代以降は狩猟や農薬で激減して1981年に日本産トキは絶滅しました。
DSC_0232_2017062223321305f.jpg



ニホンカワウソの骨格標本。ニホンカワウソは1979年(昭和4年)8月に高知県須崎市で確認されて以降、国内での目撃例はなく絶滅したと考えられています。
DSC_0233_20170622233212f1c.jpg



ニホンオオカミの骨格標本。1905年(明治38年)1月23日に、奈良県吉野郡小川村鷲家口で捕獲された若いオスが確実な最後の生息情報とされています。
DSC_0234_20170622233210808.jpg



忠犬ハチ公の剥製
忠犬ハチ公は死去した飼い主の帰りを東京・渋谷駅の前で約10年間のあいだ待ち続けたという犬である。犬種は秋田犬(あきたいぬ)で、名前はハチ。ハチ公の愛称でも呼ばれていました。
渋谷駅前にはハチの銅像が設置されており、この「忠犬ハチ公像」は渋谷のシンボルにもなっています。
DSC_0237_20170622233753f80.jpg



樺太犬ジロの剥製
タロとジロは日本による初期の南極地域観測隊に同行した樺太犬の兄弟で、南極に取り残されながら共に生存し、1年後に救出されたことで有名になりました。
DSC_0238_20170622233752be5.jpg



ヤエヤマイシガメ (ミナミイシガメ)の剥製。
DSC_0242_20170622233749a3d.jpg



こちらにも特別天然記念物のヤンバルクイナの剥製がありました。
DSC_0243_20170622233748591.jpg



アカメ・イトウ・オオウナギの剥製も展示してあります。
DSC_0245_20170622233746f20.jpg



リュウキュウアユは沖縄本島の在来個体群は1970年代に絶滅しており、現在は奄美大島産の稚魚を放流し保護をしています。
DSC_0247.jpg



北海道に生息するオショロコマ。
DSC_0248_20170622233743bf5.jpg



日本の生き物たち。
DSC_0249_20170622233742a36.jpg



日本の海の生き物たち。
DSC_0251_201706222337404e0.jpg



日本に落下した隕石。
DSC_0256_20170622233739e25.jpg



フタバスズキリュウ
DSC_0257_201706222337387f4.jpg



フタバスズキリュウは白亜紀後期サントン階(約8500万年前)に日本近海に生息していた首長竜で、爬虫類双弓類プレシオサウルス上科エラスモサウルス科に属する全長約7mの首長竜です。フタバスズキリュウは1968年(昭和43年)に福島県いわき市大久町入間沢の大久川河岸で発見されました。この化石の発見により、日本本土で中生代の大型爬虫類の化石が発見されることはないとされていた当時の定説が覆される結果となりました。
DSC_0258_201706222337354d7.jpg



アンモナイトの化石。
DSC_0261_20170622233734ddb.jpg



DSC_0262.jpg



DSC_0263_201706222337311d1.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム