FC2ブログ

記念艦「三笠」 ②

記念艦「三笠」の観覧時間
4月〜9月 9:00〜17:30
3月~10月 9:00〜17:00
11月〜2月9:00~16:30

休艦日
12月28日、29日、30日、31日

観覧料金
一般 600円
シニア(65歳以上) 500円
高校生 300円
小・中学生 無料
障害者 200円 介護者2名まで

DSC_0104_20170521011243ff2.jpg



「三笠」は、英国ヴィッカース造船所に発注した6隻目の戦艦であり、明治35年(1902)3月に竣工、直ちに横須賀に回航され、日露関係が悪化し戦時体制に移行した明治36年12月、連合艦隊に編入され、その旗艦になりました。
DSC_0105_20170521011241614.jpg



海図室
DSC_0128_2017052101124021a.jpg



操舵室
艦橋には磁気羅針儀、操舵輪、速力指示器などが装備されており、通常はここで艦の運航を指揮します。
DSC_0130_201705210112384d1.jpg



司令塔
装甲艦橋は35cmの厚い鋼板で囲まれ、中には磁気羅針儀、操舵輪、速力指示器が装備されており、司令長官、艦長等が敵弾から身を守りつつ戦闘を指揮し、艦を操縦するところです。
DSC_0144_20170521011237583.jpg



人力操舵用舵輪
舵取機械が故障した時後部の舵機室において人力により直接操舵するもので船橋のものより大きくなっています。
DSC_0156_20170521011235321.jpg



15cm副砲の操法展示
射撃指揮官、砲員3名の人型を配置し、射撃号令音声により目標を照準して発射するまでの流れを説明し、また、砲員1名の人型により弾薬の揚弾要領を展示しています。
DSC_0164_2017052101123411a.jpg



8cm砲(左舷)
上甲板中部の両舷にはそれぞれ4門の8cm砲が展示されております。これらの砲身は観覧者が自由に向きを変えられるようになっています。
DSC_0165_2017052101123215b.jpg



浴室・トイレ
DSC_0179_20170521011231ea1.jpg



仮眠室のハンモック
DSC_0180_20170521011229109.jpg



艦長室
艦長が執務を行い、来客を接遇する部屋です。艦を指揮する艦長には、このほか艦長寝室、艦長浴室があります。
DSC_0181_20170521011228968.jpg



長官公室
東郷連合艦隊司令長官が隷下の艦隊司令長官、艦長などを召集して会議を行なう際に、また、東郷司令長官が来客を接遇する時に使われました。連合艦隊の作戦会議、バルチック艦隊の降伏文書調印なども、この長官公室で行なわれました。東郷平八郎元帥の遺髪が安置されています。
DSC_0182.jpg



長官公室の両側にも機関砲が設置されています。
DSC_0183_20170521011225cec.jpg



DSC_0190_201705210112235f5.jpg



DSC_0193_20170521011222e2b.jpg



中央展示室
DSC_0194_201705210112207ec.jpg



戦艦「富士」 縮尺1/50模型
DSC_0195_20170521011219c13.jpg



戦艦「三笠」 縮尺1/50模型
DSC_0196_201705210112186ee.jpg



巡洋艦「和泉」の船首飾
艦首飾りは戦艦及び巡洋艦の艦首に飾られました。巡洋艦「和泉」は明治27年11月にチリから購入しました。(原名エスメラルダ)
DSC_0197_20170521011217498.jpg



戦艦「三笠」の船首飾
DSC_0199_20170521011215538.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム