FC2ブログ

富岡諏訪神社

富岡製糸場の帰り、赤い鳥居の神社があったので立ち寄りました。
01_20170324061557f84.jpg



境内に進むと石の鳥居があり、富岡諏訪神社の名が書かれた看板が立っていました。
02_20170324061556051.jpg



諏訪神社の創建は不詳ですが、諏訪大社(信濃国一之宮:長野県諏訪地方)の分霊が勧請されたのが始まりとされます。当初は甘楽郡宮崎村(現在は富岡市宮崎 貫前神社西方の小高い場所)に鎮座していましたが、天正18年(1590)宮崎城が豊臣軍の上杉勢に攻められ落城、その後徳川家康の重臣奥平信昌が3万石で入封、慶長6年(1601)に信昌が美濃加納藩(岐阜県岐阜市)に移封になると宮崎城は廃城となり、城下にあった民家は新田開発にが行われていた富岡に移され、それに伴い諏訪神社も現在地に遷座しました。
03_20170324061554e08.jpg



江戸時代に入ると幕府から庇護され、3代将軍徳川家光から社領10石が安堵し朱印状が発布されています。
04_201703240615538af.jpg



現在の社殿は昭和9年(1934)に群馬で陸軍大演習が行われ、それに伴い大改築したものです。
05_20170324061551b54.jpg



拝殿は入母屋造り、平入り屋根、桟瓦葺、桁行5間、正面1間唐破風向拝付です。
06_20170324061550d70.jpg



向拝には精緻な龍と神子の透かし彫が施されています。
07_20170324061548cb3.jpg



08_201703240615473e5.jpg



木鼻には木彫りの獅子と漠が施されています。
09_201703240615454e5.jpg



10_20170324061544446.jpg



正面に獅子、側面は獏です。
11_2017032406154385f.jpg



12_201703240615411ba.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム