FC2ブログ

浜離宮恩賜庭園(11月13日撮影)

浜離宮恩賜庭園は、潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園です。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。
01_20161227231217f2c.jpg



この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相 の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍から海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得ました。その後、綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
02_2016122723121605f.jpg



明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となりました。その後、関東大震災や戦災によって、御茶屋など貴重な建造物が焼失したり樹木が損傷し、往 時の面影はなくなりましたが、昭和20年11月3日、東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月有料公開されるに至りました。
DSC_0148_20161227231213bcd.jpg



国の文化財保護法に 基づき、昭和23年12月には国の名勝及び史跡に、同27年11月には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。
DSC_0156_20161227231211bae.jpg



DSC_0162_201612272312101cf.jpg




<三百年の松>
六代将軍家宣が庭園を大改修したとき、その偉業をたたえて植えられた松で、太い枝が低く張り出し、堂々たる姿を誇っています。
DSC_0167.jpg



DSC_0169_201612272309530e6.jpg



旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。浜離宮は、この潮入りの池や鴨場を中心にした南庭と、明治時代以降に造られた北庭とに大別されます。
DSC_0170_2016122723095150c.jpg



DSC_0173.jpg



DSC_0175_20161227230948cfd.jpg



DSC_0176_20161227230947927.jpg



DSC_0177.jpg



DSC_0181.jpg



DSC_0185.jpg



DSC_0186.jpg



DSC_0187_20161227230939e25.jpg



DSC_0188_20161227230938843.jpg



DSC_0190_20161227230936ae7.jpg



DSC_0194_20161227230935aef.jpg



DSC_0199.jpg



DSC_0203.jpg



<お伝い橋と中島の御茶屋>
潮入の池の岸と中島を結ぶ、お伝い橋。中島には「中島の御茶屋」があり、水の面に映える橋と茶屋の姿は、風趣に富んでいます。かつては、眺めもよく、海の かなたに房総を望め、夕涼みや月見に使われたようです。現在の御茶屋は、昭和58年に再建され、抹茶を楽しむことができます。
DSC_0210_20161227230930553.jpg



DSC_0215.jpg



DSC_0222_20161227230928284.jpg



DSC_0223_201612272309272df.jpg



DSC_0226.jpg






ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム