FC2ブログ

青春18きっぷの旅二回目(会津若松)①

青春18きっぷ二回目の旅で会津若松に行ってきました。

品川6:33→宇都宮8:18 上野東京ライン 快速ラビット
宇都宮8:20→黒磯9:10 


宇都宮から黒磯まで乗車した211系電車は5両編成と短くなったため大混雑しました。
01_201608071123356cf.jpg



黒磯から郡山までは701系電車(仙台車)に乗り換えます。
02_20160807112334d47.jpg



黒磯にはJR貨物の機関区がありますが、運転士のみが所属して機関車の配属はありません。
停車中のEH500が牽く貨物列車も乗務員が交代して発車して行きました。
03_20160807112334ac7.jpg

黒磯9:38→郡山10:39
郡山10:44→会津若松11:50 快速


天気が良かったので磐越西線の車内からは磐梯山を眺めることができました。
04_20160807112333b68.jpg



猪苗代湖の最寄駅の猪苗代駅からも磐梯山が望めます。
05_20160807112333d4d.jpg



11時50分、目的地の会津若松駅に到着。
会津若松には国鉄時代の蒸気機関車現役の頃に2度ほど撮影に来ていますが、ホームに売店もなく駅構内があ
まりにも閑散としていて驚きました。昔はもっと賑やかだったような気がします。
06_20160807112332503.jpg



郡山から会津若松まで乗車した719系電車です。
07_20160807112438902.jpg



1番ホームには、郷土玩具の張り子人形の「赤べこ」をベースにデザインされた会津のマスコット「あかべぇ」
が展示されていました。
08_201608071124371e2.jpg



会津若松駅の外観は、2001年に鶴ヶ城の修復に合わせて、城郭風に改装されました。
当駅は磐越西線において途中駅ですが、当駅から北東と北西へ線路が延びたスイッチバック構造をしているた
め、磐越西線が使用するホームも頭端式ホームとなっていて、当駅をまたいで運転する列車は方向転換を行な
います。南方向には只見線が分岐し、同線西若松駅を起終点とする第3セクターの会津鉄道会津線の列車も只
見線経由で当駅まで乗り入れています。
3面5線のホームを有する地上駅で、各ホームは跨線橋で連絡しており、1・2番線は頭端式ホームで、ホーム
先端改札口寄りの連絡通路により1・2・3番線ホーム間は平面移動可能になっています。
駅構内北側に、下路式転車台と扇形庫が配置されていて磐越西線や只見線で使用するキハ40系の車両基地と
しての役割の他、両路線でのSL運行時にも使用されています。
09_20160807112437816.jpg



駅前にはC57105号機の動輪が保存されています。
10_20160807112436dc2.jpg



会津若松駅からは会津バスに乗って目的地に向かいました・・・。
11_2016080711243692e.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム