FC2ブログ

青春18きっぷの旅(真岡鉄道)④

2013年4月28日にオープンした「SLキューロク館」は、真岡駅全体をSLミュージアムとして新たな観光名所を計画し、市内の井頭公園で展示されていた9600形49671号を真岡駅西口に移設展示し、圧縮空気にて動態化させました。また廃車車両も外観整備をした上で移動させ、2012年7月9日には、展示車両のひとつであるスハフ44 25も搬入展示されています。
01_20160724225620b54.jpg



駅前の「真岡鐵道のSLたち」の看板には4両の蒸気機関車が紹介されています。
P1020648_20160726212910061.jpg



SLきゅーろく館に入るとスハフ4425が展示されています。
この客車は北海道で急行ニセコに使用された後、東京お台場の船の科学館で青函連絡船羊蹄丸船内に展示されていたものです。
02_20160724225620cb0.jpg



連絡船内に保存 されていたため現役車のように非常に良い状態でした。
P1020670.jpg



スハフ4425の前には49671号機が展示されています。
03_20160724225619fee.jpg



04_20160724225619fae.jpg



05_20160724225618d7e.jpg



P1020663.jpg



テンダには動態化のための圧縮空気の設備が搭載されています。
P1020669.jpg



SLきゅーろく館の49671号機は土日祝日の10:30・12:00・14:30の一日3回運転されます。
06_20160724225618fac.jpg



訪問日は14:30の運転を見学しました。
07_20160724225729f79.jpg



煙突からは煙の演出もあり、現役そのままの姿で運転されていました。
08_20160724225729cee.jpg


09_20160724225728dc2.jpg


10_2016072422572767b.jpg


11_201607242257269b9.jpg


12_201607242257263f2.jpg


13_20160724225810b17.jpg




ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム