FC2ブログ

DD11ディーゼル機関車

DD11形ディーゼル機関車は気動車用のディーゼルエンジンを使用し、変速機に液体変速機を採用した国鉄初の液体式ディーゼル機関車です。
1954年(昭和29年)に1次型が3両、1957年(昭和32年)に2次型6両の合計9両が、いずれも汽車製造により製造され、1次型と2次型では細部の構造が異なっています。
国鉄の機関車としては本線用としても入換用としてもあまりに非力な設計で、2両重連でC12形蒸気機関車1両程度の出力しか出せない本形式は通常の駅構内入換用としても実用上問題があったそうです。このため当初は久里浜支区、竹下気動車区、早岐機関区など、在日米軍基地や海上自衛隊基地などに隣接した機関区・気動車区に配置され、弾薬庫や燃料関連施設などの蒸気機関車の使用が困難な火気厳禁区域での入換に用いられました。
1978年(昭和53年)までに全車国鉄から除籍され廃車になりますが、その多くが専用線などに払い下げられました。

1975年(昭和50年)に住友金属工業小倉製鉄所の構内入換用として払い下げられた8号機が、廃車後の1986年(昭和61年)に北九州市交通科学館に静態保存されましたが、同館が2003年(平成15年)に閉館したため2008年(平成20年)に解体され、現存するDD11形は存在しません。

<広島機関区>
10-dd114_20140313232912577.jpg

24-dd115.jpg


<N氏撮影 転載禁止>

ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム