FC2ブログ

上海-錦渓③ 古鎮の風景その2

錦渓の街は、街中を一直線に貫く運河を中心に展開しています。運河の両側は下塘街と上塘街の二本の街道が寄り添っており、下塘街は、いずれも立派な石造りのアーチ橋である溥済橋から普慶橋に至るまで延々と長廊が連なっており、雨風を凌ぐ穏やかな暮らしを守っています。


この辺は観光船もあまり来ないので、ひっそりとしています。
171_錦渓


橋の下から撮影。
169_錦渓


水面は水鏡のように民家を映しています。
170_錦渓


運河の両岸には、びっしりと家が立ち並んでいます。
172_錦渓


前方には運河に架かる屋根付きの橋がありますが、船は通過できるのでしょうか?
210_錦渓


各家には運河に下りる階段が作られています。
212_錦渓


ここは運河沿いに柳の木が植えられていて、また違った雰囲気でした。
189_錦渓


静かに時が流れていくようですね。
204_錦渓


ここでの生活には運河は欠かせない存在なのかもしれません。
213_錦渓


隙間なく民家が建ち並んでいるので、運河を眺めるのは橋の上からになります。
214_錦渓


それでは長廊がある下塘街に行ってみましょう。
179_錦渓


左岸は運河沿いに屋根が付いた長廊が続いています。
205_錦渓


垂れ幕には中国民間博物館の郷・錦渓、と書かれています。
180_錦渓


長廊の下にはテーブルや椅子が並べられていて、食事ができるようになっています。
181_錦渓


通路なのか、軒先なのか、不思議な空間です。
183_錦渓


雨風や日差しを防ぐことができる長廊は住民の憩いの場所、井戸端会議の場所でもあるようです。
184_錦渓


長廊には長椅子のようなものが設置されていて、いつでも気軽に休めるようになっています。昼寝もOKです。
195_錦渓


対岸には運河にせり出して建てられた食堂があります。ここでの食事は川風が気持ちよさそうですね。
185_錦渓


長廊には提灯飾りが並べて付けられています。
186_錦渓


この長廊の下の通りを下塘街と言うようです。
218_錦渓


ここにはテーブルが並んでいますので食堂なのでしょうね、でもお客さんは一人もいません。
236_錦渓


長廊を歩いて行くと刺繍の店がありました。
237_錦渓


普慶橋の下から運河を撮影。何か洗い物をしていました。
338_錦渓


長廊から見た普慶橋。
241_錦渓


観光船がやって来たので普慶橋の上から長廊と一緒に撮影。
344_錦渓


古鎮を一周して入り口付近の船着場に戻ってきました。ここが観光船の乗り場です。
360_錦渓


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム