FC2ブログ

遠江二俣の頃 (1972年撮影)

私が写真撮影を始めたのは1971年の春、中学1年の時でした。
地元の二俣線に残っていた蒸気機関車が消え去るとのニュースを見て、父親のカメラを借りて金指駅まで連れて行ってもらい撮影したのが最初でした。
東海道新幹線が開業し近代化に向かっていく中で、まだ蒸気機関車が走っていたのは驚きであり、実物を見た時の迫力に圧倒されたのを覚えています。

1971年の春で無煙化された二俣線でしたが、機関区が遠江二俣にあり、小規模な扇形機関庫が残されていることや、駅前にC58389号機が保存されたことを知り、その後何回か訪問していました。



第三セクターの天竜浜名湖鉄道になってからは駅名が天竜二俣駅に改名されています。
01-futamata.jpg


駅前に保存されたばかりのC58389蒸気機関車は、まだ現役時代の姿をしていました。
02-c58389.jpg


C58蒸気機関車からDE10ディーゼル機関車に代わった遠江二俣機関区。
03-futamata.jpg


別の日に訪問した時は気動車も機関庫に入っていました。
04-utamata.jpg


新製配置された二俣線のDE10ディーゼル機関車。
16-de101515.jpg


遠江二俣機関区のDE10は、1515~1525号機まで連番で11両が新製配属されました。
17-de101522.jpg


機関庫内のDE101523号機。
20-de101523.jpg


天竜川橋梁を渡って来たDE101520号機。
26-de101520.jpg

1985年(昭和60年)二俣線の貨物列車は廃止となります。
その2年後の1987年(昭和62年)には第三セクターの天竜浜名湖鉄道に生まれ変わります。



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム