FC2ブログ

津和野カトリック教会 (7月20日撮影)

津和野という地は、幕府が長崎浦上村の153名のキリシタン信徒を改宗させるために預けられた場所です。信徒達は乙女峠の廃寺に収容されて、ついには拷問による棄教が強要されるようになり、36名の殉教者を出すことになってしまいました。
明治6年に帰されましたが、改宗した者54名、信仰を守った者は63名だったそうです。
この乙女峠の悲劇を繰り返さないとの願いから、明治25年に津和野カトリック教会が創設されました。その後、初代教会は全焼しますが 昭和6(1931)年にドイツ人ヴェケレーによって現在の西洋ゴシック建築に建て替えられました。

01_20130724115758.jpg


城下町の古い町並みに西洋ゴシック建築の建物はひときわ目を引きます。
登録有形文化財にも指定されています。
02_20130724115757.jpg


内部に入ると鮮やかなステンドグラスが印象的です。
03_20130724115757.jpg


ステンドグラスを通した木漏れ日が鮮やかに映っていました。
04_20130724115756.jpg


礼拝堂内部は24畳の畳敷きの和風の造りになっています。
05_20130724115755.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム