FC2ブログ

駿河徳山「ときどんの池」 (5月18日撮影)

以前も紹介した「ときどんの池」ですが、初夏を迎えてキショウブが見頃を迎えていたので、SL撮影の後、周辺を散策してみました。
01_20130623230947.jpg


キショウブ(黄菖蒲)はアヤメ科アヤメ属の多年草で、西アジアからヨーロッパ原産の帰化植物です。
観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、その貴重性から重宝され、明治頃から栽培されていましたが、その後、日本全国の水辺や湿地・水田脇に野生化し、湖沼や河川などへの拡散が問題となっている「要注意外来生物」の一種です。
02_20130623230946.jpg

03_20130623230946.jpg

04_20130623230945.jpg


ヘビイチゴを見つけました。ヘビイチゴの語源については、実が食用にならずヘビが食べるイチゴとか、ヘビがいそうな所に生育するとか、イチゴを食べに来る小動物をヘビが狙うことから、など諸説があります。また、毒があるという俗説もありますが無毒です。ただし、味がないため食用には好まれません。
05_20130623230944.jpg


茂みの中から突然キジが飛び立ちました。
ときどんの池周辺には野生のキジが住み着いていて度々見かけています。
06_20130623230944.jpg


葉陰に休むクロアゲハチョウ。
07_クロアゲハ


こちらにはツマグロヒョウモンが羽を休めていました。
08_ツマグロヒョウモン♂

09_20130623231044.jpg

10_20130623231044.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム