FC2ブログ

多摩動物公園

多摩動物公園に行ってきました。
一緒に行った孫がモノレールに乗りたいというので、高幡不動から多摩動物公園まで乗車しました。
01_2018082407104689f.jpg



多摩都市モノレール線は、1998年(平成10年)11月27日に上北台 - 立川北間が開業、その後2000年(平成12年)1月10日に立川北- 多摩センター間が開業しました。2012年(平成24年)6月27日には開業から13年7か月目で乗客が5億人を突破。モノレールでは日本国内最速記録となっています。
02_20180824071045b4d.jpg



現在、上北台駅から箱根ヶ崎方面、多摩センター駅から町田・八王子方面への延伸について検討されているそうです。
03_201808240710432de.jpg



多摩動物公園駅の下が動物園の入り口です。
04_20180824071042954.jpg



正門を入って左側の休憩所にはカンカン・ランランの剥製が展示してありました。
05_20180824071040ebc.jpg



昆虫館の屋外には巨大なバッタの金属模型がありましたが、触ると火傷しそうに熱いので要注意です。
06_201808240710390e3.jpg



蛹が金色になるオオゴマダラは沖縄以南の南西諸島に生息する蝶です。
07_20180824071037092.jpg



これが金色の蛹です。
08_20180824071036276.jpg



成虫は前翅長7cm前後、開長は13cmに及び、日本のチョウとしては最大級です。
09_20180824071034fb7.jpg



館内にはハキリアリも飼育されていて、葉っぱを運ぶ姿が観察できます。
10_2018082407103307b.jpg



葉に擬態したコノハムシは有名ですが、これはメスの姿で、オスは細長くてあまり葉には似ていないそうです。
11_201808240710322cb.jpg



チーター舎で飼育されている4頭はここで生まれた兄弟です。残念ながら母親は病死してしまいましたが、子供たちは元気に育っているようです。
13_2018082407103015b.jpg



アフリカゾウは、体長6 - 7.5メートルで最大体重10,000キログラムと、現生する陸棲動物では最大種です。
14_20180824071029917.jpg



アフリカゾウはアジアゾウに比べて耳が大きいのが特徴で、気性も荒いため国内飼育されている個体はアジアゾウより少ないようです。
15_20180824071027150.jpg



多摩動物公園で飼育しているキリンは13頭もいて、ここで生まれた子供も育っているようです。
18_2018082407124149b.jpg



16_20180824071244ed3.jpg



キリンが座るのは珍しい光景です。外敵がいないので安心している証拠ですね。連日の猛暑でバテたのかも?
17_20180824071242af2.jpg



カンガルーもほとんどが横になっていました。
19_20180824071240da4.jpg



コアラは空調の効いた部屋で特別待遇です。
20_2018082407123855d.jpg



暑さで寝ているインドサイですが、日本では多摩動物公園が最初に飼育したそうで、国内では4か所でしか見られない貴重な動物です。
21_20180824071236875.jpg



もう1頭は水に浸かって暑さをしのいでいました。
22_20180824071235148.jpg



インドサイの特徴は、体に鎧のようなひだがあることで、別名ヨロイサイとも呼ばれることがあります。
23_201808240712330a5.jpg



ヒマラヤ山脈の南裾に広がるインド北部からネパールやブータン、バングデシュやミャンマー北部にかけての森林やサバンナなどに分布し、サイの中ではもっとも北方に生息してます。
24_20180824071233599.jpg



猛暑のため、多くの動物が木陰にかくれて出てきません。日本では多摩動物公園だけでしか飼育されていないタスマニアデビルも、残念ながら室内から出てこないのでフィギュアを買って帰りました。
25_201808240712305b9.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



帰ってきた小便小僧

8月初めに訪問した時に撤去されていた浜松町駅の小便小僧が帰ってきました。
01_20180827165553fd8.jpg



由来の石碑も設置されています。
02_201808271655530b6.jpg



不在だった理由ですが、ホーム柵の設置準備で乗降の邪魔にならないように、田町駅側の端に移動したそうです。
03_201808271655518fe.jpg



9月の小便小僧は祭り姿で、法被を着て鉢巻きをしています。
04_20180827165549306.jpg



これからも、浜松町駅の下り線ホームの端っこで乗客を見守ってくれるようです。
05_20180827165548aef.jpg



06_201808271655467fc.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

保存機関車巡り  熱海軽便鉄道7号機

焼津14:19⇒熱海15:51 東海道本線 438M

熱海駅前には無料の足湯が設置されており、大勢の観光客が楽しんでいました。
01_20180816005941f74.jpg



熱海駅前には東海道本線が開業するまで小田原と熱海を結んだ軽便鉄道の機関車が保存されています。
02_20180816005939348.jpg



この熱海軽便鉄道7号機は、明治40年から大正12年まで熱海=小田原間の25キロメートルを2時間40分かかって走っていたそうです。
03_2018081600593898f.jpg



軽便鉄道の廃止後は国鉄に引き取られ教材用として保管されていたものを、熱海市が払い下げを受けて保存したそうです。
04_201808160059361ac.jpg



05_201808160059359f3.jpg



06_2018081600593482c.jpg


熱海16:06⇒品川17:33 東京上野ライン 3534E 快速アクティ

07_20180816005932e68.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

保存機関車巡り C5096

焼津駅西口より徒歩3分ほどの小石川公園にはC5096号機が保存されています。焼津で下車したのはこの機関車を見るためでした。
70_201808160053246e7.jpg



C5096号機は1929年に日本車両名古屋工場で製造後、米原、稲沢、美濃太田に配属され、最後は豊橋で入換用機関車として使われ、1972年に廃車になっています。
73_20180816005319015.jpg



C5096号機は廃車後、僚機の95号機とともに長らく豊橋機関区に留置
されていたので、数回訪問したことがありました。
71_201808160053222d5.jpg



ヘッドライトのレンズがありませんが、上屋付きの保存で、定期的に整備が行われているようです。
72_201808160053200a0.jpg



74_2018081600531796f.jpg



75_20180816005316ceb.jpg



テンダのナンバープレートは無くなっています。
76_2018081600531447b.jpg



77_20180816005313e11.jpg



78_201808160053113ff.jpg



79.jpg



80.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

保存機関車巡り  C57146動輪

金谷12:31⇒島田12:35 東海道本線 778M

興津行きの電車がやってきました。JR東海では静岡県内の区間列車をローカル線並みの3両編成で運行しており、常に座席は埋まって、立っている人が目立ちます。旅行客は新幹線を利用しろと言わんばかりの対応ですね。せめて6両編成で運行してもらえたら、座ってのんびり旅ができるのですが・・・。
60_20180816005335f4b.jpg



立ちっぱなしの移動は辛いので、隣りの島田駅で始発の熱海行きに乗り換えました。
61_2018081600533427f.jpg



島田13:25⇒焼津13:40 東海道本線 438M
62_20180816005332aaa.jpg



熱海まで直行する予定でしたが、急遽、焼津で途中下車しました。
63_20180816005331133.jpg



焼津駅の西口近くにはC57146号機の動輪が保存されています。
64_201808160053295a5.jpg



この動輪は1972年の鉄道開通100年の記念に保存されたようです。
65_20180816005328fe4.jpg



C57146は1940年に三菱重工業神戸造船所で製造され、姫路区、梅小路、奈良、亀山に配属され、1972年4月に廃車になりました。梅小路時代には幾度となくお召列車を牽引した名誉ある機関車です。
66_20180816005327770.jpg



この記念碑は、焼津の水産業の発展に大きく貢献した鉄道に感謝して設置されたそうです。
67_20180816005325493.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム