FC2ブログ

遠州三山風鈴まつり~油山寺

油山寺は、約1,300年前に行基菩薩により開山されたといわれ、目の霊山として知られる真言宗の古刹です。
01_20180725224455403.jpg



山門は、もとは掛川城の大手二の門で、明治5年(1872年)の廃城の際に藩主・太田氏から寄進を受けて移築されたといわれています。墨書によると、万治2年(1659年)建立とされ、入母屋造(いりもやづくり)、本瓦葺の門です。大棟の両端には城郭の門にふさわしく鯱(しゃち)一対がのっており、国指定重要文化財となっています。
02_20180725224454490.jpg



広大な境内は昼でも暗い杉林におおわれており、渓流や滝があって神秘的です。
03_20180725224452ca3.jpg



薬師本堂に向かう山道の途中にある瀧堂。
04_20180725224451283.jpg



瀧堂の天井には「白龍の画」が描かれており、渓谷より渦を巻き上昇する白雲を正に天に昇る白龍の如く体感、天井の画とすると記されてます。
05_20180725224449b8a.jpg



瀧堂で見つけたニホントカゲの幼体。コバルトブルーの尻尾は成体になると色褪せてしまいます。
06_20180725224448e32.jpg



こちらは尻尾が色褪せてきた亜成体のニホントカゲ。
07_201807252244464cd.jpg



油山寺の三重塔は、滋賀県の長命寺、京都府の宝積寺の塔とともに
『桃山時代の三名塔』といわれています。
08_20180725224445667.jpg



建立年代については、天正2年(1574年)に着工、中断を経て、慶長16年(1611年)に完成したといわれており、国重要文化財の指定を受けています。
09_20180725224443375.jpg



反り(そり)の美しい屋根、それを支える軒下の複雑な木組、最上層には放射状の
扇垂木(おうぎたるき)など、全体のバランスが整ったたたずまいは印象的です。
10_20180725224442ac5.jpg



11_20180725224440c66.jpg



三重の塔の先には薬師本堂があります。
12_20180725224439878.jpg



13_2018072522443743e.jpg



薬師本堂は建久元年(1190)に源頼朝公から眼病平癒のお礼として三重塔と共に寄進され、寵臣の工藤祐経が普請奉行に当たったといわれています。その後、元文3年(1738)に八代将軍の徳川吉宗公が、病気平癒のお礼に本堂の再建を行ったと伝えられています。
14_20180725230614472.jpg



江戸時代中期の貴重な建築物として県の重要文化財に指定された後、昭和46年(1971)に文化庁の指導の下、修理を行っています。
15_20180725224434886.jpg



礼拝門
本坊の入り口に構える門で、屋根の頂部、大棟の表には双龍、裏には十六大菩薩の棟飾りが輝いています。
17_20180725224433429.jpg



宝生殿
不動明王や四天王、十三仏など、諸天諸仏を見ることができ、室内の寺宝もみどころです。
19_20180725224432d38.jpg



方丈や吉祥菴などのお堂の軒下には、さり気なく吊るされた南部風鈴が全部で50個ほど、風が吹くと周囲の緑から聞こえる葉擦れの音と風鈴の音色が調和し、和の風情を感じることができます。
21_2018072522443064f.jpg



22_201807252244291ec.jpg



23_20180725224428048.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



遠州三山風鈴まつり~可睡斎

可睡斎は曹洞宗の寺院で、室町時代初期、応永年間(1394年 - 1428年)に恕仲天誾禅師によって開山されました。
01_20180725213926796.jpg



可睡斉の総門をくぐる時に天井を見上げると 「十二支の方位盤」 が目に入ります。
02_20180725213925cbb.jpg



石段を上ると山門を抜けて本堂に続いています。
03_2018072521392357e.jpg



可睡斎の山門は、昭和10年(1935)に当時、建築界の重鎮、特に寺社建築の泰斗であった伊東忠太博士に設計依頼していたが、完成にまで至らず、76年の歳月を経て平成22年(2010)に落慶しました。
04_2018072521392268e.jpg



金剛力士は、仏教の護法善神(守護神)である天部の一つで、開口の阿形像と、口を結んだ吽形像の二体を一対として、寺院の表門などに安置されています。一般には、仁王(本来は二王と書く)の名で親しまれており、彫刻師は岐阜県美濃の大橋祐瑞師です。
05_20180725213920024.jpg



可睡斎では山門より本堂までの「風鈴の小道」に約2000個の色とりどりの風鈴がつるされ参拝客の目を楽しませています。
06_20180725213919c86.jpg



07_201807252139171b8.jpg



瑞龍閣
08_20180725213916771.jpg



09_20180725213914057.jpg



「風鈴の小道」では丸いフォルムがキュートな江戸風鈴を使用。ギザギザした縁
にガラスの管が当たり、涼しげな音色を奏でます。
10_201807252139131c5.jpg



11_201807252139127e9.jpg



13_20180725213908a95.jpg



御真殿
12_20180725213910c9e.jpg




14_201807252139076c2.jpg



15_201807252139052a4.jpg



16_201807252139045b2.jpg



18_2018072521390219b.jpg



19_20180725213901bfa.jpg



20_20180725213900669.jpg



22_2018072521385884c.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

遠州三山風鈴まつり~法多山

袋井市の遠州三山(法多山・可睡齋・油山寺)では、夏の涼のおもてなしとして、
6月~8月まで「遠州三山風鈴まつり」が開催されています。
001_20180726202850844.jpg



古来よりお寺では邪気除けの意味でお堂や塔の軒の四方に「風鐸」(ふうたく)と
呼ばれるものが吊り下げられており、この風鐸が風鈴の由来とも伝えられ、風鐸
の音が聞こえる範囲は災いが起こらないと考えられていました。
02_2018072523534049e.jpg



法多山は、寺号を尊永寺と称する高野山真言宗の別格本山です。本尊正観世音菩薩は厄除開運のご利益に霊験あらたかであるとして、古来より俗に厄除観音と呼ばれています。
03_201807252353398c5.jpg



神亀二年(七二五)、聖武天皇の勅命を受けた行基上人が大悲観音応臨の聖地をこの地に探し求め、自ら刻んだ本尊正観世音菩薩を安置したのが縁起といわれています。
04_20180725235337bea.jpg



仁王門(国指定重要文化財)
05_20180725235336b71.jpg



迫力ある仁王像が睨みをきかせ、寺を邪悪なものから守っています。
06_20180725235334f68.jpg



07_201807252353336d0.jpg



08_20180725235331725.jpg



不動明王像
09_20180725235330c95.jpg



蛸薬師堂
11_20180725235328363.jpg



12_20180725235327faf.jpg



本堂に上る石段の手前にある蛸薬師堂周辺には数多くの風鈴が涼やかな音を響かせていました。
13_20180725235325721.jpg



14_2018072523532484b.jpg



15_20180725235322942.jpg



16_2018072523532109a.jpg



猛暑の中、石段を上って本堂に向かいました。
17_20180725235319350.jpg



法多山本堂
昭和58年落慶。自伝に残る間口10間、奥行15間の大伽藍を現代建築技法の粋を集めて、建立当時の姿に再建したもの。本尊に東海随一の厄除正観世音菩薩を安置する。長い石段の先に広がるパノラマに鳳が舞い降りたような姿で、法多山のシンボルとなっています。
18_20180725235318f50.jpg



法多山では境内に色とりどりの風鈴が飾られ、木の短冊に願い事を書く「願かけ風鈴(200円)」を奉納できます。
19_20180725235316e57.jpg



20_20180725235315e2f.jpg



本堂両翼の回廊に吊るされた絵付け風鈴は、左右の回廊で合計480個ほどが整然と飾られています。
21_20180725235313013.jpg



大師堂と風鈴。
22_20180726000025f8a.jpg



23_201807260000237ed.jpg



風が吹けば一斉に響く軽やかな音色は、鉄琴の和音のようで、回廊にはベンチもあるので、のんびりと休みながら鑑賞もできます。
24_20180726000022ac2.jpg



25_2018072600002012e.jpg



26_201807260000192c0.jpg



27_201807260000170b4.jpg



28_20180726000016b82.jpg



弁才天堂
29_20180726000014f9a.jpg



名物「厄除だんご」は、十三代将軍家定の頃(1854年)門前に住する寺士八左エ門の発案による観世音名物団子が登城の土産に添えられたを始めとし、将軍家より「くし団子」とご命名賜り以来、一般参拝客の賞味するところとなり、俗に厄除団子と呼ばれ親しまれ今日に至ります。
30_20180726000014219.jpg



五本の串にさした団子は、頭・首・胴体・手・脚を表しており、団子に厄除けの意味を込めた事だと伝えられています。
31_20180726000012870.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

新ラッピング列車 『Re+(リ・プラス)』

昨年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』にちなんで2両のラッピング車両を走らせた天竜浜名湖鉄道ですが、今年は新ラッピング列車 『Re+(リ・プラス)』が走り始めました。
01_20180725205253d9c.jpg



02_20180725205251c4b.jpg



新ラッピング列車 『Re+(リ・プラス)』は、天浜線沿線のお茶の葉とみかんをイメージしたカラーと東海道線で親しみのある懐かしの配色のラッピング車両です。
03_201807252052507fa.jpg



都田川橋梁を渡る 『Re+(リ・プラス)』号
04_2018072520524832b.jpg



05_20180725205247da4.jpg



06_20180725205245ab8.jpg



07_20180725205244c83.jpg



08_20180725205242ee5.jpg



09_2018072520524237b.jpg



10_201807252052408a4.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

大賀ハス

2000年以上前の遺跡から発掘された古代のハスの実から発芽・開花した大賀ハスが見頃を迎えたので出かけてきました。
01_20180723231428a64.jpg



訪問した浜松フラワーパークでは1971年(昭和46年)から栽培しているそうです。
02_2018072323142705e.jpg



ハスの花は朝5時頃から開き始め、昼ごろには閉じてしまうため、撮影は午前中が勝負です。
03_201807232314259e4.jpg



花の寿命は4日程度で、4日目の朝に開いてそのまま閉じることなく散っていきます。
15_20180723231407904.jpg



咲き始めの濃い花の色と、開花3~4日目の色の薄くなった花の若干の濃淡もまた良いものです。
04_20180723231424aa6.jpg




05_20180723231422f9b.jpg



06_20180723231421ef9.jpg



07_20180723231419748.jpg



08_20180723231418cf3.jpg



09_20180723231416506.jpg



10_20180723231415089.jpg



大賀ハスの蕾にとまるチョウトンボ。
11_2018072323141405a.jpg



池中を泳ぐ緋鯉。
12_20180723231412c3f.jpg



自販機で鯉のエサを購入して投入すると、クレクレ状態の大パニックになりました。
13_201807232314107c5.jpg



14_20180723231409e1b.jpg



16_20180723231407e91.jpg



撮影後は園内を走るフラワー号に乗って帰りました。
17_20180723231405ca7.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム