mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

青春18きっぷの旅(真岡鉄道)⑥

そろそろ上りSLもおか号が来る時間です。
今回は乗り鉄撮影なので歩き追っかけをすることにしました。
_DSC1230.jpg



まずはホーム北側の車両基地前にて真岡駅に到着するSLもおか号を撮影。
_DSC1232.jpg



真岡駅停車中に駅の南側に移動して発車を待ちます。
_DSC1243.jpg



黒煙が上り迫力ある絵が撮れそうです。
_DSC1247.jpg



SLきゅーろく館の広場には見物客が集まりました。
_DSC1252.jpg



いい感じに煙を噴き上げて発車して行きました。
_DSC1254.jpg



_DSC1256.jpg



_DSC1260.jpg



_DSC1262.jpg



_DSC1265.jpg



上り列車撮影後もそのまま真岡駅に残って回送列車を待ちました。
P1020678.jpg


真岡駅で交換する普通列車の車内から回送列車を撮影することにしました。
P1020679.jpg



列車最後尾から遠ざかるSLもおか号を撮影して帰途につきました。
P1020685.jpg


P1020690.jpg

真岡16:32→下館16:58 真岡鉄道(運賃550円)
下館17:04→小山17:25 水戸線普通列車
小山17:43→品川19:30 東京上野ライン


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 00:00:52|
  2. 鉄道:真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷの旅一回目(真岡鉄道)⑤

SLきゅーろく館の横にはD5146号機が展示されています。
01_20160724225926d33.jpg



D51146号機は、1938年に日本車輛名古屋工場で製造され北海道の追分機関区に配置、その後も道内で使用され1975年に岩見沢第一機関区で廃車になり、1976年に静岡の駿府公園に保存されました。
その後、2013年に解体撤去が報道されましたが、文化財としての保存の声があがり、解体から引取先の公募へと方針が変わって真岡市に譲渡されました
02_20160724225926128.jpg



03_20160724225925f6d.jpg



04_20160724225925a14.jpg



05_201607242259242c1.jpg



06_20160724225924404.jpg



07_20160724230026743.jpg



静岡に保存されていた時に車体に設置されていた防護用の柵は全て取り除かれて現役当時の姿に復元されています。
08_2016072423002667b.jpg



09_20160724230025e80.jpg



真岡駅構内西側には第3セクター移籍時にキハ20213、DE1096号機が保存されています。
11_2016072423002413e.jpg



12_2016072423002414c.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2016/07/29(金) 00:00:16|
  2. 鉄道:真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷの旅(真岡鉄道)④

2013年4月28日にオープンした「SLキューロク館」は、真岡駅全体をSLミュージアムとして新たな観光名所を計画し、市内の井頭公園で展示されていた9600形49671号を真岡駅西口に移設展示し、圧縮空気にて動態化させました。また廃車車両も外観整備をした上で移動させ、2012年7月9日には、展示車両のひとつであるスハフ44 25も搬入展示されています。
01_20160724225620b54.jpg



駅前の「真岡鐵道のSLたち」の看板には4両の蒸気機関車が紹介されています。
P1020648_20160726212910061.jpg



SLきゅーろく館に入るとスハフ4425が展示されています。
この客車は北海道で急行ニセコに使用された後、東京お台場の船の科学館で青函連絡船羊蹄丸船内に展示されていたものです。
02_20160724225620cb0.jpg



連絡船内に保存 されていたため現役車のように非常に良い状態でした。
P1020670.jpg



スハフ4425の前には49671号機が展示されています。
03_20160724225619fee.jpg



04_20160724225619fae.jpg



05_20160724225618d7e.jpg



P1020663.jpg



テンダには動態化のための圧縮空気の設備が搭載されています。
P1020669.jpg



SLきゅーろく館の49671号機は土日祝日の10:30・12:00・14:30の一日3回運転されます。
06_20160724225618fac.jpg



訪問日は14:30の運転を見学しました。
07_20160724225729f79.jpg



煙突からは煙の演出もあり、現役そのままの姿で運転されていました。
08_20160724225729cee.jpg


09_20160724225728dc2.jpg


10_2016072422572767b.jpg


11_201607242257269b9.jpg


12_201607242257263f2.jpg


13_20160724225810b17.jpg




ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2016/07/28(木) 00:00:30|
  2. 鉄道:真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷの旅一回目(真岡鉄道)③

茂木13:22→真岡14:04 真岡鉄道(運賃760円)

真岡鉄道の本社および車両基地がある真岡駅は巨大で奇抜な姿をしています。
01_201607242247361e8.jpg



それは、このようなSLの形をした駅なのです・・・よく造ったな~って思いますね。
02_201607242247350fc.jpg



真岡駅の歴史は古く、1912年(明治45年)4月1日に下館 - 真岡駅間の官設鉄道真岡軽便線開業に伴い開設[され、国鉄~JR東日本を経て第三セクターの真岡鉄道になりました。
一日の乗車は450人(降車は含まず)ほどでローカル線にしては利用客が多いですね。
03_20160724224735849.jpg



2面3線のホームに、下館方に切り欠きホーム(旧貨物ホーム)1線を併設した地上駅で、乗務員の交代も行われるため、列車は数分間の停車をするようです。
04_2016072422473410c.jpg



構内にはSL点検車庫や石炭・給水設備もあります。
05_201607242247341a0.jpg



ホーム北側の車両基地は旧・日本国有鉄道時代、水戸機関区真岡支区があり、キハ11・キハ17・キハ25などが配属され、また水戸機関区のDD13(1969年2月まではC12)が夜間駐泊していたそうです。
07_201607242248549fb.jpg



08_20160724224853950.jpg



旧貨物ホームに留置されているキハ20は倉庫代わりに使われているようでした。
05_20160726205850649.jpg



キハ20とともに貨物線に留置されていたDE101014号機は部品提供用で譲渡された車両で、JR時代は四国の高松に配置され、その後は関西フレートサービス大阪貨物ターミナルを経由してこの地に来ました。
06_201607262058501c6.jpg



上りホームから眺めた真岡駅の巨大な駅舎です。
07_20160726205849dae.jpg



真岡駅前広場に面して建っている守鐵社は、真岡線建設に当たって取り壊された熊野権現、稲荷明神、八幡宮の三つの祠の代替として1923年に建設されたもので、鉄道の守り神としての願いを込めて命名されたそうです。
12_20160726205849d4a.jpg



訪問日は真岡夏祭りが開催されていて、駅前は屋台の休憩場所になっていました。
10_20160724224852da3.jpg



12_20160724224851912.jpg



13_20160724224851d34.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2016/07/27(水) 00:00:23|
  2. 鉄道:真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷの旅一回目(真岡鉄道)②

折本10:24→茂木11:30 真岡鉄道(運賃930円)

終点の茂木駅まで向かう途中、寺内駅が近付いたのに停車する様子はなく通過してしまいます。
あれ?と思っていると列車は停止、慌てた運転士さんが、お詫びしながら寺内駅に戻りました。
降車予定だった地元のおばちゃん二人もびっくり!
駅通過のトラブルは話には聞いていましたが、遭遇したのは初めてでした。
_DSC0968.jpg



終点の茂木駅は機回し線のみのシンプルな構内で、機回し線の途中に転車台があります。
_DSC0967.jpg



SLもおか号の時間が近付いたので天矢場方面に少し歩いた場所で撮影します。
_DSC0984.jpg



煙はありませんが、編成写真を撮ることができました。
_DSC0985.jpg



_DSC0986.jpg



_DSC0987.jpg



茂木駅に戻るとすでに入換が行われていました。
_DSC0997.jpg



_DSC1001.jpg



_DSC1006.jpg



50系客車3両は機回し線の途中に留置。
_DSC1007.jpg


C1266はその先の転車台で方向転換します。
_DSC1025.jpg



_DSC1034.jpg



方向転換の後は給水します。
_DSC1048.jpg



給水を終えた1266は転車台の先でしばしの休息です。
_DSC1060.jpg



_DSC1064.jpg



_DSC1078.jpg



この後は真岡鉄道の中心となる真岡駅に戻りました。
_DSC1067.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2016/07/26(火) 00:00:55|
  2. 鉄道:真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (29)
東京一人生活 (28)
ぶらり撮影 (26)
観光・名所 (191)
イベント・祭り (93)
ポートレート (33)
釣り (36)
生き物 (144)
季節の花 (91)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (52)
神社・仏閣&教会 (112)
遠州七不思議 (8)
グルメ (39)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (141)
鉄道:大井川鐵道 (809)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (10)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (17)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (93)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (74)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして