FC2ブログ

「SL銚子」試運転

黒煙が高々と上がり「SL銚子」号が佐原駅を出発します。
_DSC0842.jpg


_DSC0847.jpg


_DSC0852.jpg


_DSC0874.jpg


_DSC0882.jpg


_DSC0885.jpg


_DSC0894.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



成田線 佐原駅(1/23撮影)

「DL佐原」にぶら下がって佐原駅に到着したD51498号機は折返しの「SL銚子」の
発車まで、2時間ほどを佐原駅に停車します。
_DSC0728.jpg


SLの周辺は見学者で大賑わいです。
_DSC0729.jpg


_DSC0733.jpg


_DSC0757.jpg


_DSC0761.jpg


_DSC0771.jpg


_DSC0775.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

「DL佐原」試運転(1/23撮影)

東京在住最初のSL撮影に成田線の佐原駅まで行ってきました。
この日は、3年ぶりに運転される「DL佐原」・「SL銚子」の試運転列車が走りました。
_DSC0570.jpg


運転区間の銚子~佐原間には転車台がないためSLとDLが客車を挟んで運転され、上り列車はDLが先頭の「DL佐原」として、下り列車はSLが先頭の「SL銚子」として運行しました。
_DSC0666.jpg

 
_DSC0678.jpg


_DSC0706.jpg


_DSC0709.jpg


_DSC0721.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

オカピ(上野動物園)

三大珍獣の最後はオカピです。
オカピは1901年にイギリスの探検家ハリー・ジョンストン卿によって発見されました。当初はシマウマの仲間だと考えられていましたが、後にキリンの仲間であることが分かりました。キリンのように長い舌で木の葉や新芽をたぐり寄せて食べます。雌のほうが雄よりもやや体が大きく、雄には皮膚で覆われた2本の短い角があります。オカピは生息地である中央アフリカにおいても非常に個体数の少ない動物として認識されており、その数は全世界のオカピを合わせても、10000頭ほどしかいないといわれており、絶滅が危惧され、準絶滅危惧種として登録されて野生生物保護区において保護を受けてなんとかその種をつないでいます。
日本でオカピを見られるのは、よこはま動物園ズーラシア・上野動物園・横浜市立金沢動物園の3園だけです。
DSC_0863_201601202019383a6.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

コビトカバ(上野動物園)

上野動物園では世界三大珍獣と呼ばれている動物が飼育されています。
先に紹介したジャイアントパンダが有名ですが、このコビトカバも三大珍獣のひとつです。
DSC_0827.jpg


コビトカバはアフリカ西部の熱帯雨林内にある沼や湿原などに生息する小型のカバで、 成長しても体長1.7m、体重270kg位で、カバの子供ほどの大きさです。主として草、木の葉そして果実などを食べています。 カバと比較すると陸上で生活する時間が長く、池の中でのんびりする時間は少ないようです。
DSC_0833.jpg


コビトカバは野生では3000頭位しか生息せず、絶滅が心配されているとても希少な動物で、日本の動物園では、上野動物園、東山動物園、和歌山アドベンチャーワールド、いしかわ動物園の4園で飼育されています。
DSC_0842.jpg


DSC_0844.jpg


こちらは普通のカバです。コビトカバに比べて目が突出していて水中生活に適した体系になっています。
DSC_0846.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム