FC2ブログ

1003列車①

久し振りの大井川鐡道・・・で、やって来たのはC11227号機!
トーマスから変身して元の姿に戻っていました。
IMG_4955.jpg


IMG_4963.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



第22回 浜北 万葉まつり

浜北万葉まつりに行ってきました。このお祭りは万葉集に浜北に関連する和歌が4首あることから毎年秋に開催され、今年で22回目になります。日本に現存する最古の和歌集である万葉集が編まれた7世紀後半から8世紀後半ころの文化を今に伝えるイベントで、全国でもめずらしい奈良時代の衣装を着て催す「曲水の宴」をはじめ、万葉歌朗唱会、万葉食の体験など万葉に関するさまざまなイベントを行います。


万葉まつりが開催されるのは万葉の森公園ですが、隣接する不動寺に車を停めて会場に向かいます。
不動寺の山門は竜宮城の入口のような特徴ある形をしています。
01_20151025085231b0f.jpg



地元の人々からお不動様と呼び親しまれている不動寺は、細江町の初山宝林寺を開いた独湛和尚の法弟である亘虚禅師が、奈良時代に名僧行基により霊場として開かれた不動山に黄檗宗の寺院として中興したものです。石段を登るとご本尊である不動明王が祀られた本堂があり、手前には大聖不動明王という銘の大香炉があります。この不動明王は行基作のもので、言い伝えによると、聖武天皇の時代に行基がこの地を訪れた折、周辺の里では疫病が蔓延し、人々が苦しんでいた。そこで行基は不動山にある不動の滝で身を清め、不動明王の像を刻み疫病退散の祈願をしたところ、たちまち疫病が治ったそうで、その後、身代わり不動と呼ばれ開運、無病息災、厄除け、家内安全、身代わり信仰されています。
02_20151025085230574.jpg



階段を上って行くと、万葉衣装に身を包んだ集団も会場に向かっています。
03_20151025085229f30.jpg



万葉の森公園では、昔の美女たちが唄を歌っていました。
04_20151025085229ea1.jpg



「曲水の宴」に出演するため、2015年ミス浜北のお二人も参加していました。
05_20151025085228497.jpg



こちらでは「曲水の宴」に出演する皆さんが待機しています。
06_2015102508522735a.jpg



門が開き、「曲水の宴」が始まりました。
07_20151025085331fb0.jpg


08_201510250853301ab.jpg


会場内をぐる~っと回って・・・。
09_201510250853303c6.jpg


一列に並んでご挨拶・・・。
10_20151025085329be3.jpg



「曲水の宴」とは、水の流れのある庭園などで、その流れのふちに出席者が座り、流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、盃の酒を飲んで次へ流し、別堂でその詩歌を披講するという行事です。
11_20151025085328ed5.jpg



上流側から主催者が盃を流します。
12_2015102508532735b.jpg


13_20151025085434a5b.jpg



長い竹の棒を持った介添え人はあらぬ方向に流れる盃の調整で大変です。
15_2015102508543477a.jpg


16_201510250854337e8.jpg



古き良き時代の優雅なお遊びですね。
17_2015102508543253b.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

春日井のD51792

所用で春日井に行ったついでに春日井市交通児童遊園のD51792号機を見てきました。
D51792号機の晩期は中津川機関区に配属され、中央西線で活躍して1973年2月に廃車になっています。
DSC_0479.jpg


青いナンバープレートは中津川機関区の所属機が付けていたそうですが、あまり記憶に残っておらず、当時撮影した機関車も黒地のナンバープレートだったような気がしますが・・・。
DSC_0480.jpg


国鉄OBが中心となった『春日井市D51792蒸気機関車保存会』が月に一度、定期的に整備しており非常に状態が良い機関車です。
DSC_0481_201510242055429e9.jpg


足回りは油で磨き出されていて現役機並みの整備状態です。
DSC_0482.jpg


刻印もハッキリわかります。
DSC_0488.jpg


現役時代の集煙装置は外されていました。
DSC_0492_20151024205540d9c.jpg


運転室も自由に入ることができます。
DSC_0496_20151024205623ded.jpg


春日井市が管理する児童交通公園のため開館時間は午前9時~午後4時30分までで、休館日は月曜日(祝休日の場合はその翌日)年末年始(12月29日~1月3日)です。
DSC_0507.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

マンホールのふた(浜松)

そういえば、ネタ切れ時その場しのぎ用に「マンホールのふた」をカテゴリー登録したのを思い出しました。
なので、早速、利用させていただきます・・・(笑)


私が住む浜松のマンホールふたの最初は・・・「河童」です。
マンホール蓋のデザインを地元中学校の美術部に依頼したところ、区域内を流れる都田川に言い伝えられている河童伝説をもとに作成したそうです。
浜松市_1


次は浜松まつりの凧揚げ合戦の「凧」のデザインで、凧に「河川」「浜松市」と書かれています。
浜松市_2


浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」のデザインで、周囲に「HAMAMATSU CITY SHUSSEMANHOLE」外周に「はままつ」「げすいどう」の文字が書かれています。
浜松市_3


ご覧いただき、ありがとうございました。

浜松カップ フェスタ・サンバ2015

秋の恒例イベントになった「浜松カップ フェスタ・サンバ2015」が10/17に開催されました。
浜松はブラジル人の居住が全国最多なんだそうで、「多文化共生都市・浜松」を全国に発信するとともに日本人と外国人の交流促進を図っているのだそうです。

まぁ、そんな堅苦しいお話は置いといて、カメラおやじはキレイなお姉さんたちが笑顔で踊る姿を撮りに行ってきました。

_DSC8585.jpg


_DSC8345.jpg



今年のサンバチームは6チームが参加。
ド派手な衣装でカメラを構える我々の前を通過して行きます。
_DSC8360.jpg



のんびり構図を決めて撮影している暇はありません。
このように、こちらを向いた時に連写攻撃します・・・(笑)
_DSC8401.jpg


_DSC8412.jpg


_DSC8418.jpg



さすがにラテン系民族の血を受け継いでいるせいか、
皆さんのテンションはMAXで明るく楽しく踊っていました。
_DSC8547.jpg


_DSC8514.jpg


_DSC8533.jpg


_DSC8492.jpg


_DSC8564.jpg


_DSC8570.jpg


_DSC8572.jpg


_DSC8576.jpg



将来はサンバの女王・・・かな?
_DSC8590.jpg


_DSC8608.jpg


_DSC8629.jpg


_DSC8636.jpg



最後に、あまりカメラを向けられない後方支援の楽団も載せておきます。
しかし、この日のパレードですが、すべて生歌・生演奏だったんですね・・・スゴイ!
_DSC8700.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム