FC2ブログ

浜松動物園

夏休みに孫を連れて浜松動物園に出かけてきました。
01_20150819193609d2f.jpg


連日35℃を超える極暑が続いていました。
02_201508191936087d9.jpg


ミニブタたちも暑さでダウンしています。
03_201508191936074d6.jpg


ペンギンたちもジ~ッと暑さに耐えているようです。
04_20150819193607e40.jpg


でも、耐えられなくなったら、こうなります。(笑)
05_20150819193606324.jpg


ヒグマのおやじは元気です。
06_20150819193604ae4.jpg


フラミンゴの団体さん。
07_20150819193718b69.jpg


ワシミミズク・・・。
08_20150819193717a36.jpg


我々は冷房が効いている昆虫館に避難しました。(笑)
09_2015081919371692c.jpg


これは日本で唯一浜松動物園でしか見られない「ゴールデンライオンタマリン」です。
10_20150819193716e60.jpg


こちらは、どこでも見られる「ニホンザル」です。
11_201508191937156e1.jpg


カワウソくんたち。
12_201508191937140a1.jpg


キリンさんは広場に出てきましたが・・・。
13_201508191938042a4.jpg


アフリカゾウさんは室内に戻ってしまいました。
14_2015081919380321a.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

日本大正村

日本大正村は岐阜県恵那市にあるテーマパークで、特定の敷地内に設けられた施設ではなく、旧恵那郡明智町の町おこしとして構想、立村され、街全体として大正時代の雰囲気を保存・再現した店舗、資料館、博物館などが軒を連ねています。初代村長は高峰三枝子さんが、2代村長は司葉子さんが務め、2015年より三代目村長として竹下景子さんが務めています。
01_2015081923042628a.jpg


<大正浪漫亭>
大正村の玄関口にあたる大正広場に隣接する施設で、1階は郷土品やお土産売り場や、駄菓子屋を再現したコーナーがあります。また、ジェラートの販売も行っています。 2階には季節の素材を大切にするレストランがあります。
02_20150819230426fae.jpg


<おみやげ処>
大正村無料駐車場内に新たにオープンした「おみやげ処」。
03_2015081923042561d.jpg


<公衆トイレ>
トイレもレトロな建物です。
04_20150819230425376.jpg


<糸曳き乙女地蔵>
かつて生糸工場で働いていた女工さんを祀ったお地蔵さんでしょうか?
05_20150819230424d16.jpg


<日本大正村資料館>有料施設
明治末期の建物で木造百畳敷き一部4階建て、手動のエレベーター付きの当時としては巨大で貴重な建築物です。農家から預かったり、買い取った『繭』を収納するための銀行の繭倉で、生糸の町の名残です。(恵那市指定有形文化財)
06_2015081923042368a.jpg


<大正の館>
07_20150819230524aae.jpg


<渡り廊下のある道>
遠山家屋敷跡の石塀に沿って進むと、中馬街道をまたぐ渡り廊下が今も残っています。生糸が全盛の明治後半から大正期にかけての時代、右側にある芸妓置屋から着飾ったお姐さんたちが中馬街道をまたぐ「渡り廊下」を通って、左側にある料亭の席へ通ったと言われています。
08_20150819230523f6c.jpg


<おもちゃ資料館>有料施設
明智町・大正村が東京の乃木神社や東郷神社の骨董市で買い集めたり、東京や名古屋、地元の協力者、おもちゃ収集家の寄贈を受けたりして、大正時代から昭和初期の玩具類約3000点を展示しています。大正風の建物で新築した木造2階建て30平方メートルの展示館に、時折展示替えを行いながら公開しています。
09_201508192305236cd.jpg


<古い街並み①>
10_2015081923052257e.jpg


<古い町並み②>
11_20150819230521800.jpg


<逓信資料館>右側の建物
逓信資料館は明治8年に開局したこの地方で最も古い郵便局です。大正時代になって、内部2階モダンな出庇に欄間風の彫り物を加え数少ない大正モダン建築の一つでありました。
12_20150819230520852.jpg


<十六銀行>
銀行も大正時代の雰囲気を感じさせる造りになっていました。
13_2015081923062698b.jpg


<大正村役場>
明治39年に建てられた瓦葺の寄棟造り木造2階建ての建物で、昭和32年まで明知町の庁舎として使用されていました。現在は無料休憩所を兼ねる大正村役場になっています。(登録有形文化財)
14_20150819230625e2c.jpg

<大正村役場>
15_20150819230624ce8.jpg


<大正村絵画館>
元小学校跡で、現在は企画展示を行なっています。主に、絵画や書物といったものが展示されます。
16_2015081923062405b.jpg


<大正浪漫館>有料施設
大正のモダンなイメージをした洋風建築で初代日本大正村村長高峰三枝子氏、同村議会議長春日野清隆氏の記念館。また、当町出身の日本の油絵の第一人者の山本芳翠画伯の直筆画の展示室もあります。
17_2015081923062365d.jpg


<小川記念館>
大正時代の青年期に海外で学んだ名古屋出身の故小川潤三元名古屋女子大理事が内外で集めた大正、昭和初期の版画、日本画、欧米の多くの美術品コレクションを平成5年5月に妻の小川郁子さんが、当地を選んで私費で建てられた延べ3300平方㍍の記念館に展示し、有料で公開しています。
18_20150819230622e8f.jpg


<大正の歯科医院跡>
大正時代にモダン建築として評判であった元歯科医院は、旧交番の向かい側に現在も当時のまま建っています。格式のある門構えに独特の屋根ベランダを備えた建物には、大正ロマンの香りが漂っています。
19_20150819230724555.jpg


<明智西宮 恵美寿神社>
20_201508192307230d9.jpg


<大正路地>
明治の終わり、大正時代に年貢米を納めた米倉と江戸時代から続いた呉服問屋の蔵が並ぶ昔ながらの路地です。
21_20150819230722076.jpg


<明知鉄道・明智駅>
明知鉄道の明智駅は公共交通機関で来られた方の観光のスタートになります。  明智駅内で観光マップをもらうことができます。
23_20150819230722e86.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

抜里(7月撮影)

IMG_2744.jpg


IMG_2754_201508082221244ab.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

福用お立ち台(7月撮影)

IMG_2722.jpg


IMG_2730.jpg


IMG_2740.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

田野口駅(7月撮影)

田野口駅通過 連続画像
1/4
IMG_2403.jpg


2/4
IMG_2407.jpg


3/4
IMG_2411_20150808221729592.jpg


4/4
IMG_2418.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム