FC2ブログ

高山 街角ウォッチング

筏橋西の交差点にある天狗総本店は、1936年(昭和11年)に建築された精肉店で、国登録有形文化財に指定されています。
DSC_0863.jpg


旧高山市中心部は江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれています。
DSC_1087.jpg


高山陣屋は、江戸幕府が飛騨国を直轄領として管理するために設置した代官所・飛騨郡代役所です。敷地と建物内は有料で一般公開され、内部には江戸時代の歴史資料などが展示されています。
DSC_0921.jpg


な、なんだ!と思って見てみたら、実物大のラマのぬいぐるみが店頭に陳列?されていました。
24_20130418220423.jpg


外人さんに囲まれてご満悦の屋台番さん。
DSC_0956.jpg


市内を流れる宮川沿いの桜が咲いていました。
高山の桜は毎年春の高山祭りの頃に咲き始めるそうです。
21_20130418220856.jpg


桜山八幡宮の大鳥居と桜
20_20130418220857.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



飛騨牛まん&みたらしだんご

特選飛騨牛と野菜をすき焼き風に味付けした具がたっぷり入った贅沢な飛騨牛まんは飛騨牛の肉汁と甘辛く味付けした野菜がベストマッチで、町歩きのおやつとして喜ばれています。
22_20130418215426.jpg

23_20130418215449.jpg


飛騨高山のみたらしだんごは、一般的なみたらしとは違って、甘い醤油だれではなく香ばしい醤油味です。丸く小さくこねた餅を5つ串に刺し、醤油をつけて焼き上げた素朴な味です。
DSC_1076.jpg


写真を撮る前にかぶりついてしまいました・・・(笑)
DSC_1082_20130418215906.jpg


地元産の飛騨牛とジャガイモを使った大きめサイズの飛騨コロッケも大人気!
DSC_0870.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

春の高山祭り (4月14日撮影)

春の高山祭りに行ってきました。
日本三大曳山祭および日本三大山車祭として名高い高山祭りは春の山王祭りと、秋の八幡祭りの総称をいいます。春の山王祭りは、例年4月の14日・15日に開催され、12台の屋台が引き揃えられます。14日の夜には、曳き別れと呼ばれる夜まつりがあります。また、秋の八幡祭りは、例年10月の9日・10日に開催され、11台の屋台が曳き揃えられます。9日の夜には、宵まつり(夜のまつり)が開催されます。 また、高山祭屋台は「動く陽明門」とも呼ばれ国の重要有形民俗文化財にもなっています。

01_20130418195220.jpg


からくり奉納
02_20130418195258.jpg

高山の屋台のカラクリ人形は享保・天明(1716~1789)年代から文化・文政(1804~0830)年代に京都の人形細工師の手によりが移入されたと伝えられています。
現存して演技をしているのは三番叟、龍神台、石橋台、布袋台の4台だけで、他は人形が残っていても休演しているそうです。

からくり人形
03_20130418195326.jpg


神楽台
04_神楽台


三番叟
05_三番叟


麒麟台
06_麒麟台


石橋台
07_石橋台


五台山
08_五台山


鳳凰台
09_鳳凰台


恵比須台
10_恵比須台


龍神台
11_龍神台


崑崗台
12_崑崗台


琴高台
13_琴高台


大国台
14_大国台


青龍台
15_青龍台


ご覧いただき、ありがとうございました。

天浜線の春⑯ (4月13日撮影)

大井川鐡道の撮影後、再び天浜線に移動して日没まで芝桜を絡めて撮影をしました。
DSC_0664.jpg

DSC_0666.jpg

DSC_0690.jpg

DSC_0699.jpg

DSC_0711.jpg

DSC_0717.jpg

DSC_0721.jpg

DSC_0743.jpg

DSC_0751.jpg

DSC_0786.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

102列車 (4月13日撮影)

DSC_0582.jpg

DSC_0586.jpg

DSC_0603.jpg

DSC_0610.jpg

DSC_0629.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム