FC2ブログ

明治村-② 京都市電と村営バス

明治村には蒸気機関車の他に村内を移動する乗り物として、京都市電と村営バスがあります。京都市電は日本で最初に開業した市内電車で、明治28年(1895)に運転を開始しました。明治村では№1と№2の2両の電車を保有し、交代で運転されています。
村営バスはレトロ調に造られたボンネットバスで、村内の移動に利用されています。


市電の「名古屋駅」に並ぶ乗客達。
01_京都市電


市電には「京都七條駅」と「品川灯台駅」があり、片道300円を車掌さんに支払って乗車。
02_京都市電


市電の「名古屋駅」を出発する京都市電。
03_京都市電


「京都七條駅」は村内のメインストリートに所在し、唯一市内電車の雰囲気が味わえる場所です。
04_京都市電


「京都七條駅」に停車中の京都市電。
05_京都市電


京都市電横を村営バスが通過します。
06_京都市電


「京都七條駅」付近以外は、このような専用軌道です。
07_京都市電


運転台がデッキにあるため運転士は車外で運転しています。
08_京都市電


見晴らしの良い運転台ですが、雨の日などは大変そうですね。
09_京都市電


「品川灯台駅」に到着。
10_京都市電


「品川灯台駅」には交代車両が休んでいました。
11_京都市電


村内移動の足となる村営バスは、一日500円で何回でも乗り降り自由です。
12_村営バス


満員の乗客を乗せて走る村営バス。
13_村営バス


村営バスでは移動中に車窓越しの建物ガイドがあります。
14_村営バス


紅葉を眺めながら乗車するのも楽しそうでした。
15_村営バス


明治村-③につづく・・・。


ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

明治村-① 蒸気機関車

博物館明治村は、明治時代の建物等を移築・復元し、当時の歴史や文化を今日に伝えようとする野外博物館で、愛知県犬山市に所在します。
第四高等学校(現在の金沢大学)の同窓生だった谷口吉郎(博物館明治村の初代館長)と土川元夫(当時名古屋鉄道社長、後に同会長となる)の2人は、戦後の急速な経済成長の蔭で失われつつある明治時代の建築物のうち、歴史上にも文化芸術上にも価値があるものを末永く保ちたいとの意見で一致し、そのための財団設立を構想したのが「明治村」の発端です。
現在展示されている60件以上の建造物の中には重要文化財の建物が10棟含まれ、それ以外のほとんどの建物も登録有形文化財になっています。


先日、村内を走る蒸気機関車と京都市電が老朽化のための点検で運転休止になると聞き、撮影仲間を誘って出掛けてきました。


明治村は中央道の小牧東ICより3㎞ほどの距離にあります。
鉄分を必要とする我々は正門を通り過ぎて「とうきょう驛」が隣接する北口駐車場から入村しました。
00_明治村北口


10時頃到着すると、北口チケット売り場は長蛇の列!
入場料1600円はちょっと高めですが、維持費も大変だと思うので仕方ないのかな。
01_北口チケット売り場


チケット購入前に蒸気機関車が「とうきょう驛」に到着してしまったので、折り返し発車前に慌てて撮影。
しかし、ホーム先端に停車しているため、これが限界でした。
02_9号機関車


キャブ内で石炭をくべる機関士さん。
03_9号機関車


安全確認して、出発進行!蒸気機関車に乗車するには片道300円の運賃が必要です。
04_9号機関車


車窓から村内の建物や紅葉した木々を眺めながら「なごや驛」まで5分の乗車です。
05_車窓


「なごや驛」に到着。
07_なごや


機関車はすぐに切り離され、転車台で向きを変えて「とうきょう驛」に折り返します。
06_9号機関車


この日担当していた9号蒸気機関車はアメリカのボールドウィン社で製造され、富士身延鉄道が購入し、富士身延鉄道3号として、その後、日本鋼管鶴見製鉄所で9号として使用されていました。
08_9号機関車


アメリカのボールドウィン社製の銘板。
09_9号機関車プレート


「なごや驛」を発車する9号蒸気機関車。(残念ながらホーム内では撮影禁止でした)
11_9号機関車


「なごや驛」の駅事務室。
12_なごや


停車場を再現したような外観の「なごや驛」です。
13_なごや


列車は20分間隔で運転されているため、しばらくすると折り返し列車が到着。
14_9号機関車


機関車はこの9号蒸気機関車と12号蒸気機関車が半月毎に交代で運転されています。
15_9号機関車


沿線には走行写真を撮る場所はほとんどありません。これは酒屋裏にて撮影。
16_9号機関車


「蒸気機関車撮影場所」との立札があるが、「枯れ木があり立入禁止」との意味不明な場所で撮影していると、「そこは立入禁止です」と言われ、なんだか嫌がらせをされているような感じです。
17_9号機関車


「なごや驛」の転車台に乗る9号蒸気機関車。
18_9号機関車


向きを変えた9号蒸気機関車は「とうきょう驛」行き列車で折り返します。
19_9号機関車


列車をつなぐリンク式連結器。
21_連結器


和服では入村料半額のキャンペーンをしていたため、車内には和服を着た女性が大勢乗っています。
22_車内


「とうきょう驛」に到着。
23_とうきょう


あまりに小さな「とうきょう驛」事務室。
24_とうきょう


「とうきょう驛」の転車台で向きを変えます。
25_9号機関車


「なごや驛」行き最終列車。
26_9号機関車


「とうきょう驛」を発車した9号蒸気機関車。
27_9号機関車


車庫内には12号蒸気機関車が休んでいます。
28_12号機関車


「とうきょう驛」に到着した最終列車。
29_9号機関車


客車から切り離されて本日の運転は終了しました。
30_9号機関車


明治村-②につづく・・・。


ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

回想 C11312-⑬ イベント列車

「回想 C11312」の最後はイベント列車に活躍したC11312号機です。


家山臨時の回送列車と1001列車の神尾駅での交換風景は2両の機関車が顔を並べるイベントのようなシーンが見られました(神尾駅)
002-c11227c11312-kamio.jpg


県会議員後援会が議員名のヘッドマークを付けた臨時列車を走らせたりしました(抜里-笹間渡)
003-c11312-nukuri-sasamado.jpg


ラブトレインのロケ列車(千頭駅)
004-c11312-senzu.jpg


C11190号機の公開展示が行われた時、千頭駅には3両のC11が揃いました(千頭駅)
005-c11312-senzu.jpg


ブライダルトレイン(抜里-笹間渡)
006-c11312-ieyama-nukuri.jpg


夜間撮影会(千頭駅)
007-c11312-senzu_20101107222438.jpg


夜行列車(家山駅)
235-c11312-ieyama.jpg


さよなら列車(新金谷駅)
008-c11312_shinkanaya.jpg


さよなら列車(金谷駅)
009-c11312.jpg


さよなら列車(神尾-福用)
010-c11312.jpg

2007年9月8日の「さよなら列車」を最後にC11312号機は現役を引退しました。


回想 C11312-おわり



ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

回想 C11312-⑫ 雪景色

温暖な地である川根路では雪が積もる事はほとんどありませんが、私が撮影に通っていた時に一度だけ銀世界を見る事ができました。


福用-千頭の区間運転をしていた2004年1月17日は朝から雪が降り続いていました(福用)
001-c11312-fukuyo.jpg


後方の茶畑も雪を被って真っ白になっています(福用-大和田)
002-c11312-fukuyo-owada_20101107222114.jpg


福用のお立ち台にて(福用-大和田)
003-c11312-fukuyo-owada.jpg


追いかけて途中のお手軽ポイントにて撮影(塩郷-下泉)
004-c11312-shiogo-shimoizumi.jpg


第三橋梁(崎平-千頭)
005-c11312-sakidaira-senzu.jpg


千頭駅構内も真っ白(千頭駅)
006-c11312-senzu.jpg


この日は昼頃まで雪が降り続きました(千頭駅)
007-c11312-senzu.jpg


上り102列車(千頭駅)
008-c11312-senzu.jpg


抜里の茶畑を行くC11312号機(抜里-家山)
009-c11312-nukuri-ieyama.jpg


翌日は残雪を絡めて撮影(青部-崎平)
010-c11312-aobe-sakidaira.jpg


回想 C11312-⑬につづく・・・



ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

浜名湖の釣り

<やっぱりダメだった編>


今週も 未練がましく リべンジに、いつのもの3人組で浜名湖のカレイ釣りに行ってきました。
001_20101120180246.jpg


ポイントに到着すると先客がチラホラ・・・期待が高まります。
003_20101120180246.jpg


しかし、2時間経てども魚信は皆無、その後小さなアタリでやっとハゼが一匹釣れました。
004_20101120180245.jpg


あまりに釣れないので場所移動して更に待つこと2時間、ひったくるようなアタリで小キビレが釣れます。
006_20101120180245.jpg


しかし!その後は長~い沈黙。
結局、PM3時まで粘ったのですが、釣果は私が釣ったハゼと小キビレの2匹のみ!
M&Mコンビには一度も魚のアタリは無く撃沈してしまいました・・・(涙)



Mくんが唯一釣ったのは 保安官 ヒトデ一匹・・・で、こんなパフォーマンスを・・・(笑)
008_20101120180245.jpg


来週28日には、また釣りクラブの大会があります。
例年釣れているはずのカレイなんですが、今年はどこにいるのでしょう???




ご覧いただき、ありがとうございました。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム