mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

大逆流か・・・

満々と水を湛える川。
P1180458.jpg


突如!下流から波が押し寄せて来ました!
P1180492.jpg


大逆流は川を遡ります・・・。
P1180482.jpg

と言うのは全くのウソ!
午前中の大雨で増水した都田川です。


夏休み後半で行こうと予定していた杭州・銭塘江の大逆流のミニ版のような光景でした。
来年こそは行きたいですね~(^o^)丿
P1180516.jpg


上流にある天竜浜名湖鉄道の都田川橋梁をレールバスが渡って行きました。
P1180507.jpg


堤防に立っていたユーモラスな看板。カッパって哺乳類なんですね!ヘソがある・・・(?_?)
P1180459.jpg


本物の銭塘江の大逆流は下記よりご覧ください。

銭塘江
銭塘江の大逆流


銭塘江の海嘯は「銭塘江潮」とも呼ばれ、毎年旧暦の8月18日前後(中秋の頃)に発生する。そのため古来から杭州では月餅を食べながら見物する伝統がある。この現象は銭塘江の河口がラッパ状に開いていることと、その先には舟山諸島が点在して、潮流を複雑にしていること。さらに東シナ海では台湾海峡から流れ込む潮流のスピードが海峡の幅が狭まるにつれ強くなることが原因となって現れると考えられている。


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 00:00:10|
  2. ぶらり撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尖閣諸島問題その2

尖閣諸島の衝突事件から始まった日中関係の悪化だが、中国人民の反応を見ていると、かつて軍国主義に突き進んでいた日本の姿に似ているような気がする。
いちばん問題なのは、中国内に正しい情報が流されていないということ。
人民は尖閣諸島の歴史的史実など全く無知だし、中国政府もただ中国領土と言うだけで歴史的証拠などの詳細は説明していない。(できない)

ネットで調べていたら中国(中華民国)から贈られた感謝状なるものを見つけた。
感謝状
この感謝状は1919年(大正8年)冬、中国福建省の漁民31人が遭難し、尖閣諸島魚釣島に漂着した際に、石垣村(現・石垣市)の住民が救助したことに感謝の意を表し、中華民国駐長崎領事が贈ったもので、石垣市の八重山博物館に保管されている。当時は鰹節製造の漁夫80人、海鳥の剥製作りの職人80人等が魚釣島と南小島等に居住していたそうだ。

この中で当時の中国政府は尖閣諸島を「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と明記している。
当時の中華民国は台湾ではなく大陸も支配していた国家であることから、現在の中国および台湾も尖閣諸島は日本の領土だと認めていたことになる。
1971年6月に台湾、12月に中国が相次いで領有権を主張し始めたわけだが、これは1969年および70年に行なわれた国連による海洋調査で大量の石油埋蔵量の可能性が報告されたからであり、それまでは両国ともに領有権の主張はなかった。

とにかく都合の悪いことは一切、国内・人民に知らせる事をせず、民衆を洗脳し操っているのは、かつての日本軍が士気高揚のため戦況が劣勢にもかかわらず優勢だと情報操作していたのと同じだ。軍国主義に進んでいるのは中国の方である。

河北省で拘束されたフジタ社員も「軍事管理区に無許可で立ち入り、軍事対象を動画撮影した」とだけ報道されていて、目的だった「旧日本軍の遺棄化学兵器の処理事業の下見のため」とは伝えていない。そのため、これに触発された無知な人民の多くがインターネットで、「厳しく処罰せよ」とか「殺せ」などの書き込みをしているそうだ。日本が中国のためにどれだけの援助をしているのかは人民には全く知らされておらず、まさに恩を仇で返す形になっていても中国政府が容認しているのが恐ろしい。

一方、富裕層や若者の中には海外からの情報をキャッチし、総合的に判断して政府に対して疑問を持つ者が増えているのも確かである。ただ、一党独裁の国家であるが故、北朝鮮同様の密告社会も残っていて、表立って自由な発言が出来ないのが現状であり、日本への旅行や各種の文化交流が中止になったのも同業者などからの誹謗中傷を防ぐ自己防衛だったのかもしれない。

いずれにしても、今回の日本政府の対応は中国という国を知らな過ぎるし、あまりにもお粗末だった。船長を釈放すれば態度が変わるとでも思ったのだろうか?弱みを見せればとことんつけ上がる国だから、善意の対応なんて全く意味がないのだ。
結局、事件以来、対日本輸出入の税関検査が厳しくなって、輸出が止められたり、納期が大幅に遅れたりする嫌がらせも発生している。私の仕事にも少なからず影響が出るだろう。

世界の工場として依存してきた中国であるが、今回の事件でセカンドチャイナに移行する企業も増えてくるのではないだろうか?そうなれば中国は自分で自分の首を絞める結果になると思うのだが・・・。

PS.10月2日に日本各地で領有権主張のデモがあるようです・・・今後の展開に期待。


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2010/09/29(水) 00:00:30|
  2. 中国:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓬莱橋

蓬萊橋(ほうらいばし)は、静岡県島田市の大井川に架けられた木造橋(歩行者と自転車の専用橋)で、全長は897.422m(巾2.7m) 法律上は農道に分類されています。
明治12年(1879年)1月13日、牧之原台地の開拓農民らの出資により造られ、関係者以外からは通行料金をとったことから、現在も賃取橋になっています。(有料:往復大人100円、小学生以下10円、自転車100円)
昭和40年(1965年)に橋脚がコンクリートパイル化されましたが、平成9年(1997年)12月30日、ギネスブックに「世界一の長さを誇る木造歩道橋」として認定されました。



番小屋前の小さな看板。
001_20100925224745.jpg


NHKドラマや映画のロケにも使われたようです。
002_20100925224745.jpg


この番小屋で通行料金を払います。
003_20100925224743.jpg


島田市街地側(東側)から見た蓬莱橋入口。
005_20100925224743.jpg


「蓬莱橋」
006_20100925224742.jpg


「明治12年架橋」
007_20100925224741.jpg


「全長897.422m」
008_20100925224841.jpg


青空の下、橋を渡る観光客。
010_20100925224840.jpg


過去、大井川の増水で度々崩落・流失の被害に遭っているそうです。
011_20100925224840.jpg


橋の下部を見ると太い丸太で繋がれていました。
013_20100925224840.jpg


中央部(大井川に接する部分)は強度を保つためにコンクリートパイル化されています。
014_20100925224840.jpg


こうして眺めると対岸までは結構な距離があります。
015_20100925224839.jpg


欄干は数十センチしかないため、橋下を覗き込む時は落下に注意。
017_20100925224957.jpg


橋の両端には四角いソーラーブロックが埋め込まれていて、夜間点灯して目印になっています。
016_20100925224957.jpg


大井川でアユ釣りをする釣り人。
018_20100925224955.jpg


その昔 『箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川』 と詠われたのは有名です。
022_20100925224955.jpg


蓬莱橋の中央部には「ど真ん中」と書かれていました。
024_20100925224955.jpg


「ど真ん中」から見た対岸の初倉側。
025_20100925224954.jpg


「ど真ん中」から見た島田市街側。
026_20100925225057.jpg


ほとんどの人たちは島田市街側から橋を渡り、また引き返して行きます。
027_20100925225057.jpg


対岸の初倉側は森の中にあるようです。
030_20100925225056.jpg


初倉側に到着。こちら側には駐車場も無く、細いハイキング道路が続いていました。
031_20100925225151.jpg


初倉側の「蓬莱橋」
032_20100925225056.jpg


初倉側には番小屋が無いので対岸の島田市街側で通行料を支払うよう看板が立てられています。
033_20100925225055.jpg


初倉側から見た蓬莱橋。
035_20100925225150.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2010/09/28(火) 00:00:10|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼岸花

彼岸花(学名:Lycoris radiata)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ )とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。その姿は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの枝も葉も節もない花茎が地上に突出し、その先端に包につつまれた花序が一つだけ付く。包が破れると5~7個前後の花が顔を出す。花は短い柄があって横を向いて開き、全体としてはすべての花が輪生状に外向きに並ぶ。花弁は長さ40mm、幅約5mmと細長く、大きく反り返る。

開花終了の後、晩秋に長さ30 - 50cmの線形の細い葉をロゼット状に出す。葉は深緑でつやがある。葉は冬中は姿が見られるが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。つまり開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。

鱗茎にアルカロイド(リコリン)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたる。水田の畦や墓地に多く見られるが、これは前者の場合ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避けるように、後者の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐため、人手によって植えられたためである。ただしモグラは肉食のため、ヒガンバナに無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まない。そのためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。

北海道から琉球列島まで見られるが自生ではなく、中国から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられている。また鱗茎は薬になる上、澱粉に富み、有毒成分であるリコリンは水溶性であるため長時間水に晒せば無害化が可能なため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされた事もあり救荒食でもある。そのような有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。
<Wikipediaより>


P1180198.jpg


P1180202.jpg


P1180226c.jpg


P1180212.jpg


P1180426.jpg


P1180432b.jpg


P1180435.jpg


P1180439.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2010/09/27(月) 00:00:10|
  2. 季節の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お彼岸の大井川鐡道

お彼岸も中日を過ぎましたが、お寺で供養のお経をあげるというので出掛けました。
お経が終わったのが11時、今からでも大井川鐡道のSL列車に間に合うかも???と思って
久し振りのSL撮影をしてきました。


向かった先は、五和駅の少し先にある釜谷の踏切です・・・早速、やって来た南海電車。
P1180200.jpg


お昼を少し過ぎた頃、汽笛と共に姿を現したC11190号機。
P1180231.jpg


今年は猛暑が続いていましたが、しっかりお彼岸に合わせて咲いていた彼岸花です。
P1180232b


沿線の雑草に隠れるように咲いていたので、周りの雑草を取り除いて撮影ポイントを整えたのですが、一輪だけ白い彼岸花がありました。
P1180233.jpg


後補機に頑張っていた、いぶき501電気機関車。
P1180238.jpg


101列車を撮影後、新金谷駅に向かいました。
P1180239.jpg


メインのSL列車が出た後で、待合室はガランとしています。
P1180240.jpg


ホームに停車中の近鉄電車。
P1180245.jpg


駅の奥、観光バスの駐車場脇に西部鉄道から搬入されて話題になっているE31形電気機関車が停まっています。
P1180246.jpg


E32号機を側面から見て、思ったより車体が短いと思ったら動輪が4つのED形電気機関車でした。
P1180250.jpg


車体には、西部 所澤車両工場 昭和61年製のプレートが付いています。
P1180251.jpg


こちらはE34号機。面構えはEF60形、EF65形のような感じがします。
P1180254.jpg


古株のE101、E102は機関区でお休み中でした。
P1180266.jpg


E33号機は検修車庫前に留置中。3両のうち最初に営業線に出てくるのかな?
P1180269.jpg


検修車庫横には扉が半開きで京阪電車が留置中です・・・廃車になるのか???
P1180270.jpg


京阪電車の、さらに奥にはトラストのC12164号機が留置中ですが、こちらはもうダメなのかな?
P1180271.jpg


側面および後部のナンバープレートがありません。盗難?それとも盗難防止のために外しているのか???
P1180273.jpg


高架橋下で留置中のC12164号機、なんとか復活してほしいです。
P1180285.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2010/09/26(日) 00:00:10|
  2. 鉄道:大井川鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (29)
東京一人生活 (28)
ぶらり撮影 (28)
観光・名所 (202)
イベント・祭り (97)
ポートレート (33)
釣り (36)
生き物 (147)
季節の花 (91)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (56)
神社・仏閣&教会 (112)
遠州七不思議 (8)
グルメ (39)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (141)
鉄道:大井川鐵道 (809)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (10)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (17)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (93)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (84)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして