FC2ブログ

全生寺

全生寺(ぜんしょうじ)は、静岡県周智郡森町円田に所在する曹洞宗のお寺で、天竜浜名湖鉄道の円田駅のすぐ北側にあります。
慶長18年(1613)可睡斎第十三世士峯宋山大和尚は徳川家康から朱印二十石を拝領して当寺に隠居した。それ以前は「善生寺」という寺号であったが家康が「全生寺」と号した。家康の命により可睡斎十一世仙麟等膳大和尚は弟子である可睡斎十二世一株禅易大和尚・士峯宋山大和尚とともに正堂築山御前(織田信長によって幕命した今川義元の姪)の魂に戒を授け怱ち成仏させた。以来、三僧への家康の信頼はさらに深まった。天下平定の後、可睡斎の宋山和尚は東海大僧録として遠江・駿河・伊豆・三河の曹洞宗寺院を支配下に収め、関三刹と同等の権威を持つに至り十万石大名の待遇であった。当寺へ隠居後、還化(1635年)するまで可睡斎から使僧が立ち、下馬駐篤させたと伝えられる。戦後、高僧の参道は削られ現在地より100m程南(現消防小屋)にあった下馬札の石も移動した。そしてこの度、此処に安置し末永く伝えるものとする。【全生寺と下馬札の説明版より】




天竜浜名湖鉄道の円田駅西側のガードを抜けたところが境内になっています。
01_全生寺


全生寺と下馬札の由来が書かれた説明板。
02_全生寺


全生寺山門。大通叟(だいつうそう)によって文化年中に建立。
03_全生寺


山門脇に置かれていた石仏。
08_全生寺


山門から見た本堂。
05_全生寺


全生寺本堂。
06_全生寺


境内には涅槃像が安置されています。
07_全生寺


本堂脇の梅が咲いていました。
09_全生寺


庫裏。
10_全生寺


全生寺東側には八雲神社があります。
20.jpg


手水舎。
21.jpg


神社拝殿。
22.jpg


神社境内にあった茅葺の社。
24.jpg


御神木。
25.jpg


境内から見下ろした鳥居。鳥居のすぐ先には円田駅があります。
26_20100221224303.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
スポンサーサイト



積雲院

積雲院(せきうんいん)は、静岡県袋井市友永に所在する曹洞宗のお寺で、天竜浜名湖鉄道の遠江一宮駅から2.3㎞ほどの距離にあります。
文治元年(1185)に源頼朝が兄の朝長の菩提を弔うために建立したと伝えられる古刹で、聖観世音菩薩を御本尊とし、天正16年(1588)に可睡斎十一世仙麟等膳和尚によって再興され曹洞宗に改宗されました。花が咲き乱れる境内は、山門や本堂、禅堂、庫裡などの建物がたち並んでいましたが、明治時代におきた廃仏毀釈によって多くの建物を失ってしまいました。
参道入り口の廟堂には、頼朝の父・義朝と二人の兄、義平・朝長の供養塔と伝えられている五輪塔があります。平治元年(1159)におきた平治の乱で、平清盛に敗れ自害した朝長の首を家来の大谷忠太が自らの郷里であるこの地に持ち帰り埋葬したと伝えられています。毎年8月15日の夜には、朝長の霊を弔うため村人によって御沙汰神社から供養塔までの間を念仏を唱えながら渡る「源朝長公御祭礼」(市指定文化財)と呼ばれる廻り念仏が行われています。
【案内板より】




積雲院参道入り口。
01_積雲院


参道入り口にある積雲院の案内板。
02_積雲院


参道脇には忠魂碑が並んで建てられています。
03_積雲院


忠魂碑の隣に朝長の墓がありました。
04_積雲院・源朝長墓


朝長の墓を記した石碑が立っています。
06_積雲院・源朝長墓


源義朝と義平・朝長の三人の供養塔。
07_積雲院・源朝長墓


柵が邪魔だったので、柵の上の隙間からも撮影。
08_積雲院・源朝長墓


参道脇の石仏。
09_積雲院


山門前にも石仏が並んでいました。
10_積雲院


積雲院山門。
11_積雲院


山門から見た本堂。
12_積雲院


本堂と鐘楼。
13_積雲院


積雲院鐘楼。
14_積雲院


鐘楼には小ぶりの鐘が吊られていました。
15_積雲院


積雲院本堂。
16_積雲院


本堂に画かれていた紋は、源氏の代表家紋ともいわれている笹竜胆(ささりんどう)です。
17_積雲院


庫裡の前の梅が咲き始めています。
18_積雲院


こちらにはしだれ梅もありました。
19_積雲院


境内では菩薩像前の梅も咲き始めていました。
20_積雲院


境内川から見た山門。
21_積雲院


お寺の前の道には、こんな看板が・・・夏場の参拝は怖いですね!
22_積雲院



ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

極楽寺

極楽寺(ごくらくじ)は、別名あじさい寺と呼ばれ、静岡県周知郡森町一宮に所在する曹洞宗のお寺で、天竜浜名湖鉄道の遠江一宮駅から北東に徒歩20分の距離にあります。
養老年間(712年ごろ)行基菩薩によって開創、ご本尊阿弥陀如来は行基菩薩自らの作と伝えられています。平安時代には天台宗の教養を修められた高僧恵心僧都がこの地に巡錫され、一時期寺院は大いに隆昌したが、その後は衰微してしまいます。爾後、寛永6年(1629)、時の可睡斎二十一世責外嶺育大和尚は寺院の荒廃を惜しみ、堂宇を再興、宗派も曹洞宗に改宗した後は寺院は飛躍的に興隆しました。以後二俣城主近江守昌長公の庇護を受けるなど、法灯連綿として今日に至っています。
初夏、境内や裏山にかけ、数万本のあじさいが見頃となります。このあじさいは、寺を開創した僧行基が、「極楽へゆく人の乗る紫の雲の色なるあじさいの花」と詠んだことにちなんで植えられ、「あじさい寺」の愛称で親しまれています。



極楽寺入り口。
01_極楽寺


「あじさい寺」で有名なお寺ですが、季節外れのこの時期は、さすがに人影も無くひっそりとしていました。
02_極楽寺


行基が詠んだとされる句「極楽へ、ゆく人の乗る紫の、雲の色なるあじさいの花」
03_極楽寺


今回訪問時は無料、というよりも寺には誰もいない様子でしたが、紫陽花のシーズンは有料(拝観料700円)になります。
04_極楽寺


山門脇の地蔵堂。
05_極楽寺


本堂に続く道の両脇は、あじさい園になっています。
06_極楽寺


極楽寺本堂。
08_極楽寺


本堂前には仁王門があります。
09_極楽寺


小さな仁王様ですが、真っ赤に塗られて赤鬼のような姿です。
10_極楽寺


こちらにも・・・。
11_極楽寺


本堂拝殿前にはカエルのお守りが売られていました。
12_極楽寺


子安延命堂には12年に1度、申歳の6月の一ヶ月間だけ御開帳される子安延命地蔵尊を始め、遠州七福神寿老尊天、遠州ぽっくり様など、多くの仏像が祀られています。
14_極楽寺


子安延命堂の屋根瓦。
15_極楽寺


最近造られたと思われる真新しい七福神の石碑。
16_極楽寺


本堂と子安延命堂。
17_極楽寺


本堂の屋根瓦。
18_極楽寺


広い境内は、時期になると紫陽花が咲き乱れるそうです。
19_極楽寺


次回は紫陽花の咲く頃に訪れたいと思いました。
20_極楽寺


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

小國神社

小國神社(おぐにじんじゃ)は、静岡県周智郡森町一宮に鎮座する神社で、祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)。創建時期は不明だが、社伝によれば、欽明天皇16年(555年)2月18日、現在地より6kmほど離れた本宮山に神霊が示現したため、勅命によりそこに社殿が造営されたのが始まりである。なお、このときに正一位の神階が授けられたと社伝にはあるが、国史での当社の初見である『続日本後紀』承和7年(840年)6月14日条では「遠江国周智郡の無位の小國天神・・・に従五位下を授け奉る」と記されています。六国史終了時の神階は従四位上。延喜式神名帳では小社に列しています。皇族や武将の信仰が篤く、遠江国一宮として崇敬を受けました。当社を一宮として記載する史料の最初は、1235年の「当国鎮守小国一宮」という記述で、江戸時代には「一宮神社」と称していました。
中世以降、朝廷の衰退により勅使が廃れたが、室町時代、戦国時代を通じて祭祀が途断えることはなかった。元亀3年(1572年)、甲斐の武田信玄が遠江に侵攻した際、当社神職は徳川家康に味方した。天正3年(1575年)、徳川家康が社殿を再建し、江戸時代に入ってからも歴代の将軍が社殿の造営や営繕、社領の寄進を行っています。明治5年(1873年)に県社に列格し、翌明治6年(1874年)には国幣小社に昇格します。
例祭は4月18日。例祭にもっとも近い土・日曜日に十二段舞楽が奉納されます。舞楽は独特の芸態があり、国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。境内の菖蒲(しょうぶ)園も開花期の6月には多数の参拝者でにぎわいます。




参道入り口の一の鳥居。
01_小国神社


一の鳥居横の駐車場前には「小国ことまち横町」と呼ばれる土産物店が立ち並んでいて、観光地にでも来たような感覚です。
02_小国神社


土産物屋から一の鳥居が見えます。
03_小国神社


かりん糖やうどん等、まるで道の駅です。
04_小国神社


おせんべいの店。
05_小国神社


店の前の休憩所。
06_小国神社


名物・だんごの垂れ幕が風に揺れています。
07_小国神社


参道入り口の梅の花が咲き始めていました。
10_小国神社・参道入り口


立派な手水舎。
11_小国神社・手水舎


末社 鉾執社 社家の祖靈。
12_小国神社・鉾執社


勅使参道の説明板。
13_小国神社


この杉並木の横が勅使参道のようです。
14_小国神社


事待池は、願掛け後、心願成就するとこの池に鯉を放つそうです。また、池の水を「いぼ」に付けると「いぼ」がとれるそうで、「いぼとり池」とも呼ばれているそうです。
15_小国神社・事待池(いぼ取り池)


末社 宗像社 田心姫命 田霧姫命 市杵嶋姫命。弁天社ともいい、女性の守護神と敬われ、また水徳の神ともはれています。
16_小国神社・宗像社


大木にまわりを囲まれた神幸所は、4月の御例祭時、一年に一度だけ御祭神が神輿に乗りやって来ます。
17_小国神社・神幸所


全國一宮等合殿社は全国の一宮等に祀られている神々を祀ったものです。
18_小国神社・全國一宮等合殿社


御神木の大杉の根株は、昭和47年の台風で倒れて此に据えられました。
19_小国神社・御神木(大杉根株)


二の鳥居と斎館。
20_小国神社


二の鳥居。
21_小国神社


家康公の立ち上がり石。三方原合戦の前年元亀三年九月願文と三条小鍛冶宗近の太刀を当社に奉りて開運を祈願し、次いで大正2年4月、犬居城攻略の道すがら参拝し、此の石に腰かけて休息されたと伝えられています。
22_小国神社・家康公立ち上がり石


祈祷受付所。家内安全・商売繁盛・開運厄除・交通安全等のご祈祷の受付所です。
23_小国神社


授与所では、お神札・お守りを授与しています。
24_小国神社


金銀石。御祭神大己貴命(大国主命)が遠江の国造りをされ此の地に留まりて諸業を教へ給う中に金銀の印として此の石を授けたと云われ、以来諸民此を金銀石と一称し、また金運石とも並石、引寄石、夫婦石とも云われ、松を願掛松(待つ)と云い、石を撫で松の幹を撫でれば金運や良縁に恵まれると伝えられています。
25_小国神社・金銀石


舞殿(右)と拝殿。
26_小国神社


拝殿。
27_小国神社


拝殿向拝。
28_小国神社


老若男女、多くの人たちが御参りしていました。
29_小国神社


神徳殿。
30_小国神社


神徳殿と梅の花。
31_小国神社


帰り道、境内側から見た一の鳥居。
32_小国神社


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

天竜浜名湖鉄道-遠江一宮駅~円田駅

今回は、遠江一宮駅と円田駅をご紹介します。



【 遠江一宮駅 】
天竜浜名湖鉄道の遠江一宮駅は、1940年(昭和15年)6月1日、遠江森駅~金指駅間の開通時に、国鉄二俣線の駅(一般駅)として開業します。1961年(昭和36年)5月16日、遠州鉄道の気動車が、西鹿島駅から当駅経由で遠江森駅まで乗り入れ。1962年(昭和37年)8月21日、貨物の取扱を廃止。1966年(昭和41年)10月1日、遠州鉄道の気動車乗り入れ廃止。1970年(昭和45年)6月1日、手荷物・小荷物の取扱を廃止、同時に駅員無配置駅となる。1987年(昭和62年)3月15日、二俣線が第三セクター鉄道に転換、天竜浜名湖鉄道の駅となります。
乗降人員は2007年調べで117人/日。



遠江一宮駅は木造駅舎を有する無人駅で、駅舎には手打ち蕎麦屋が入居していますが、休日などは午前中には売切れてしまうこともある人気店です。
20_遠江一宮


待合室入り口は駅名が掲げられているだけのシンプルな入り口で、自販機も見当たりません。
21_遠江一宮


入り口横にあった小国神社行きの小さなバス停。
22_遠江一宮


駅前広場脇には昨年開催のモザイカルチャーに出品された作品が置かれていました。
24_遠江一宮


駅前のレトロな公衆電話と洒落た小型自動車の組み合わせが面白いです。
25_遠江一宮


待合室内の切符売り場は蕎麦屋のレジカウンターとして利用されています。
26__遠江一宮


待合室。
27_遠江一宮


相対式ホーム2面2線を有する地上駅。
28_遠江一宮


遠江一宮駅では、上下列車の交換風景が見られます。
30_遠江一宮


東側の踏切から撮影した遠江一宮駅。
P1110492_遠江一宮駅


敷地~遠江一宮間は並走する県道から外れ、大きく南を回り込むようにして一宮川を渡ります。
P1130047_遠江一宮


一宮川橋梁を渡り、大カーブを曲がって遠江一宮駅に向かいます。
P1130052_遠江一宮


一宮川橋梁は、半分がガータ橋、半分がコンクリート橋と、面白い組み合わせの橋でした。
P1130058_遠江一宮





【 円田駅 】
天竜浜名湖鉄道の円田駅は、第三セクター化後の1988年(昭和63年)3月13日、天竜浜名湖鉄道の駅として開業しました。乗降人員は2007年調べで93人/日。


単式ホーム1面1線を有する無人の地上駅。
P1110495_円田


駅北側が高く、南側が低い斜面上にあり、線路の向かいには全生寺があります。
P1110496_円田


上り掛川行きの列車がやってきました。
P1110503_円田


駅舎および待合室は無く、ホームに上屋だけがあります。
P1110506_円田


掛川行きの列車を見送って、この日は帰途に就きました。
P1110511_円田


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム