FC2ブログ

新居関所(国指定特別史跡)

新居関所(あらいせきしょ)は、静岡県浜名郡新居町の中心部に所在し、浜名湖西岸の標高約2メートルの低地に立地する江戸時代の東海道の関所です。正式名は「今切関所」といい、慶長5年(1600)に設置されました。当初は今切口(遠州灘への浜名湖開口部)近くにありましたが、地震・津波により再三被災・移転、宝永4年(1707)の大地震により現在地へ移転。嘉永7年(1854)の地震で大破、翌年改築した建物は、昭和30年(1955)国の特別史跡に指定され、全国で唯一現存する関所建物として公開されています。


浜松市西区舞阪町に残る、旧東海道の松並木です。
IMG_0003.jpg


旧国道の舞阪から浜名湖の間、約700mにわたって大小340本の松並木が残っています。
IMG_0001.jpg


南側の並木には東海道53次の各宿場の銅板も設置されています。
IMG_0002.jpg


さらに西に進み、浜名湖の3つの橋を渡ってJR新居町駅を過ぎると新居関所の看板が見えてきます。
IMG_0010.jpg


ここは国指定特別史跡です。
IMG_0011.jpg


本来は、ここが入場門になりますが、観光用の入口は右奥になります。
IMG_0012.jpg


平成14年(2002)に復元された渡船場跡。関所のすぐ東は浜名湖で、構内に渡船場があり対岸の舞坂と船で行き来していたそうです。明治以降の埋め立てで景観は失われましたが、古絵図・発掘調査などに基づき護岸石垣、渡船場、湖水面、水際の丸太杭、面番所への通路などを整備して「海の関所」の面影がよみがえっています。
IMG_0013.jpg


船場跡の前を通って入口に到着。
IMG_0017.jpg


ここで入場券を購入。関所のみは300円、紀伊国屋との共通入場券は400円でした。
IMG_0018.jpg


切符売場の奥が資料館ですが、何故か撮影禁止になっていました。
1階は主要街道と関所の分布、新居関所の変遷と役割等を紹介。2階は旅の様子を描いた浮世絵版画、各地の名物、新居宿の紹介・庶民の暮らしの道具類などが展示されています。
IMG_0019_20091127234458.jpg


新居関所、面番所(おもてばんしょ)
IMG_0020.jpg


ここは奥の間にある書院です。
IMG_0021.jpg


兜も展示されていました。
IMG_0024_20091127234559.jpg


関所役人の人形。新居関所の関所役人は、40人前後の規模で、交替制で務めていたそうです。
IMG_0025.jpg


関所常備武具。規則に従わぬ旅人に対しては武力をもって取り締まったそうです。
IMG_0031_20091127234559.jpg


武具配備は、通行者に畏怖(いふ)の念を抱かせる心理的効果も狙っていたそうです。
つまり脅しの道具だった訳ですね。
IMG_0033_20091127234559.jpg


こんな鉄砲を見せられたら怖いですよね。
IMG_0034_20091127234558.jpg


この面番所は、明治2年(1869)関所廃止令後の明治6年(1873)から大正5年(1916)までは小学校として、その後は新居町役場庁舎として昭和26年(1951)まで使用されました。
IMG_0035.jpg


昭和46年(1970)に文化庁で全面的な解体修理が実施され、江戸時代には全国に53ヶ所あった関所も、今ではここ新居関所しか現存しておりません。
IMG_0037_20091127234649.jpg


陣幕には葵の御紋が描かれています。
IMG_0036_20091127234649.jpg


面番所は通行人の取調べを行ったところです。関所の中で一番重要な建物で、内部は20畳と25畳の2室に分かれており最高責任者の番頭をはじめ給人、下改などの役人が勤務していました。
IMG_0041_20091127234649.jpg


新居関所の全景です。
IMG_0047_20091127234649.jpg


新居関所から徒歩数分のところに紀伊国屋があります。関所との共通入場券を購入したので立ち寄りました。新居宿旅籠紀伊国屋は、旅籠屋としての創業時期は不明だが、元禄16年(1703)に、御三家の一つ紀州藩の御用宿を勤めるようになり、正徳6年(1716)に「紀伊国屋」を名乗ることを許されたそうです。
IMG_0056.jpg


訪問時が2月だったので、ひな人形が飾られていました。
IMG_0057_20091127234649.jpg


ひな人形が展示されていた客間。
IMG_0061.jpg


別の部屋には着物と立派な5段飾りのひな人形も展示されていました。
IMG_0062.jpg


中庭には水琴窟もあって、清らかな音を聞くことができます。
IMG_0063.jpg


湯船だけの簡素な風呂場です。何故か由美かおるの写真とサインも展示されています。
IMG_0064.jpg


ここはトイレですね。
IMG_0065.jpg


台所のかまどは最近作られた物のようです。
IMG_0066.jpg


紀伊国屋は明治7年(1874)泉町の大火で焼失し建て替えられ、昭和24年(1949)まで旅館業を営んでいました。建物はその後増築しましたが、一部に江戸時代後期の旅籠屋の様式を残していたことから、街道文化を伝える施設として活用するため、東海道四百年祭にあわせ、再生整備工事を実施して保存されています。
IMG_0067_20091127234818.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

旧石神尋常小学校

天竜川に沿って北上すると中流域に浜松市天竜区があります。そこからさらに支流の阿多古川を遡ると石神地区に辿り着きます。

その学校は木々に囲まれた小高い場所に残っていました・・・。

浜松市天竜区石神にある旧石神小学校は、昭和2年に石神尋常小学校として建てられました。昭和44年に廃校になるまで、激動の日本を見守り続けて、多くの卒業生を送り出しています。木造二階建校舎は、廃校後には集会所や縫製工場などにも使われたそうですが、平成2年から「天竜ウッドワーク事業協同組合(昭和61年設立)」が木工品の作業場として使用していて、ヒノキ材を中心に、学習机やイスを作っており、県内外に製品を供給しています。家賃は月額1万円強とのことでしたが、今日まで解体されずに有効活用しているのは嬉しいですね。
訪問した日は作業中にもかかわらず、校舎内(作業場)まで入れていただきました。木の温もりと、作業していた人たちの温もりを感じながら撮影することができました。



今でも子供たちの歓声が聞こえてくるようです。
01_旧石神尋常小学校


昭和2年に建てられた木造二階建て校舎。
03_旧石神尋常小学校


時間が止まったように、時計も止まったまま・・・。
04_旧石神尋常小学校


二階教室の窓。
05_20100220224451.jpg


林業の街に相応しい建物です。
06_旧石神尋常小学校


校舎入り口には二宮金次郎の像が・・・。
07_旧石神尋常小学校


現在は教室内が木工作業場になっています。
08_旧石神尋常小学校


一階西側校舎内。
09_旧石神尋常小学校


一階東側校舎内。
10_20100220224607.jpg


職員室の表示もそのままで・・・。
11_旧石神尋常小学校


室内は作業場になっています。
12_20100220224607.jpg


職員室内で作業をする親方さん。
13_旧石神尋常小学校


西側裏の出入り口。
14_20100220224709.jpg


西側作業場で仕事をしていたお母さんには、この学校にまつわる色々なお話を聞きました。
15.jpg


二階西側作業場。
16.jpg


二階へ上がる階段の紅白の丸い印は、上りと下りの通行位置を示したものです。
17_20100220224709.jpg


階段を見上げる・・・。
18.jpg


二階から見た階段降り口。
19_旧石神尋常小学校


二階の階段脇の壁には卒業記念に画いたと思われる動物たちの絵が残されていました。
20_旧石神尋常小学校


二階西側校舎内。
21_旧石神尋常小学校


二階東側校舎内。
22_旧石神尋常小学校


二階から見下ろした階段。
23_旧石神尋常小学校


校舎中央出入り口。
24_旧石神尋常小学校


校庭。
25_旧石神尋常小学校


26.jpg


27.jpg


28.jpg


29_旧石神尋常小学校


30_旧石神尋常小学校


31.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

天竜浜名湖鉄道-寸座駅

天竜浜名湖鉄道の寸座駅は1955年(昭和30年)5月6日、国鉄二俣西線(後の二俣線)の駅として開業。1987年(昭和62年)3月15日、第三セクター鉄道に転換され天竜浜名湖鉄道の駅となります。
乗降人員は2007年調べで70人/日。



単式ホーム1面1線の無人の地上駅。
019_寸座


寸座には小さな峠があり、寸座峠の名の由来が書かれた説明板がありました。由来については諸説あるようですが、いずれも、一寸(ちょっと)ひと休み・・・と座ったので寸座峠と呼ばれるようになったようです。
020_寸座


ホーム上には小さな待合室があります。
021_寸座


駅のすぐ横を国道362号が通っていて、駅に隣接するように遠鉄バスの寸座西バス停がある。
022_寸座


駅は浜名湖に向かっての斜面上にあり、ホームから浜名湖が望める。
023_寸座


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

天竜浜名湖鉄道-浜名湖佐久米駅

天竜浜名湖鉄道の浜名湖佐久米駅は、1938年(昭和13年)4月1日、国鉄二俣西線(後の二俣線)金指~三ケ日間延伸時に佐久米駅として開業。旅客・貨物の取扱を開始します。1962年(昭和37年)8月21日、貨物の取扱を廃止。1970年(昭和45年)6月1日、手荷物・小荷物の取扱を廃止、同時に駅員無配置駅となります。1987年(昭和62年)3月15日、二俣線が天竜浜名湖鉄道に転換され同社の駅となり、同時に浜名湖佐久米駅に改称しました。
乗降人員は2007年調べで58人/日。




浜名湖佐久米駅全景。駅舎には喫茶「かとれあ」が入居。
P1100080.jpg


駅前には牛の形のトイレがありました。
P1100081.jpg


駅は浜名湖の目の前で待合室からも湖面が眺められますが、湖上には東名高速道路が通っています。
P1100084.jpg


単式ホーム1面1線の地上駅。
P1100087.jpg


以前にも紹介しましたが、毎年12月から3月にかけてゆりかもめの大群が当駅にやってくるため、駅喫茶店「かとれあ」によって午前10時頃餌やりが行われています。
P1100089.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

天竜浜名湖鉄道-東都筑駅

天竜浜名湖鉄道の東都筑駅は、1953年(昭和28年)7月8日に開業。1987年(昭和62年)3月15日、第三セクター鉄道に転換され、天竜浜名湖鉄道の駅となります。
乗降人員は2007年調べで100人/日。



東都筑駅は周囲よりホームの位置が高くなっていて階段を上ります。
050_東都筑


駅前には、この地の名産である、みかんの形をしたトイレがありました。
051_東都筑


単式ホーム1面1線の無人の地上駅。下り新所原方面。
052_東都筑


ホーム上には待合室があります。上り掛川方面。
053_東都筑


待合室内部。
054_東都筑


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム