mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

大井川アーカイブ 2003年11月~12月撮影

今日で11月も終わり、今年も残り1か月ですね。
数年前まで、四季折々の風景を絡めて大井川鐵道の蒸気機関車を撮影していました。撮影した写真は膨大な数になりましたが、満足できたものは少なかったです。
今回はその中から、2003年の11月から12月にかけて撮影した画像を掲載します。



この年の夏に神尾駅で大規模な土砂崩れが発生して、SL列車の運転が危ぶまれたことがありました。鉄道側では唯一のドル箱であるSL列車の長期運休は経営にも影響するとあって、陸送で機関車と客車を運び、10月下旬から福用~千頭間の変則営業を行っていました。


大規模な土砂崩れで埋まった神尾駅。もし列車通過中だったら大惨事になるところでした。
008-kamio.jpg


【11月1日撮影】

(大和田~家山) 秋の行楽シーズンに向けて運転を再開。
021-c11190-owada-ieyama.jpg


(家山~抜里) 運転再開当初、孤軍奮闘していたC11190。
034-c11190-ieyama-nukuri.jpg


(下泉~田野口) コスモスの花も11月になると寂しく咲いていますね。
050-c11190-tanokuchi.jpg


(抜里~笹間渡) 毎年この時期には、第一橋梁脇の紅葉が色付きました。
077-kintetsu16000-nukuri-sasamado.jpg


(大和田~家山) ススキの穂を絡めて撮影。
113-c11190-owada-ieyama.jpg


(地名~塩郷) 7両編成の列車が坂を登って来ました。最後尾では電気機関車が後押しをしています。
123-c11190-jina-shiogo.jpg


(駿河徳山駅) 終着駅を次にひかえて、最後の休憩をするSL列車。
145-c11190-surugatokuyama.jpg


(下泉~塩郷) 電気機関車と力を合わせて下泉駅を出発。
163-c11190-shimoizumi.jpg


【11月2日撮影】

(抜里~家山) 通常は電気機関車は後補機になりますが、この時は福用駅での機回しの都合なのか、SLの次位に付いていました。
044-c11190+ibuki501-nukuri-ieyama.jpg


(抜里~家山) 蒸気機関車と電気機関車の重連運転ですね。
048-c11190+ibuki501-nukuri-ieyama.jpg


(抜里~家山) このカラフルな車両は車体に広告を描きこんだ広告電車です。
058-nankai21000-nukuri-ieyama.jpg


(家山~抜里) 逆光に光るススキとSL列車を撮影。
066-c11190-ieyama-nukuri.jpg


(下泉~田野口) この辺りは広大な河原が広がる大井川に沿って走ります。
071-c11190-shimoizumi-tanokuchi.jpg


(駿河徳山~青部) 駿河徳山を発車したSL列車。
088-c11190-surugatokuyama-aobe.jpg


(大和田~家山) 夕暮れの鉄橋を渡る単機回送列車。
135-c11190-ieyama.jpg


【11月8日撮影】

(家山駅)  助っ人登場!2台目の機関車としてC11312が陸送されて家山駅に来ました。
でも、このC11312は、その後廃車になって今ではもう見ることができません。
002-c11312c11190-ieyama.jpg


(家山~大和田) 機関車は家山駅に駐泊していたため、毎朝、始発駅の福用まで単機回送されていました。
051-c11190-owada-fukuyo.jpg


(家山~大和田) トコトコと単機で走る姿が懐かしいですね。
055-c11190-owada-ieyama.jpg


(抜里~笹間渡) 黄色い花畑、この花がやがて枯れて土になり、茶畑の肥料になるそうです。
072-c11190-nukuri.jpg


(笹間渡~抜里) ちびっこカメラマン。昔の自分を見ているようでしたね。
077-c11190-sasamado-nukuri.jpg


(抜里~笹間渡) 路線のほぼ中間地点にある第一橋梁は煙も期待できる有名な撮影ポイントです。
119-c11190-nukuri-sasamado.jpg


(笹間渡~抜里) 第一橋梁の紅葉が鮮やかになってきました。
158-c11190-sasamado-nukuri.jpg


(福用~大和田) 一日の運用を終えると、客車を福用駅に残して、単機で家山駅に帰ります。
178-c11190-fukuyo-owada.jpg


【11月15日撮影】

(田野口~駿河徳山) 田野口の大銀杏横を通過するSL列車。
090-c11190-tanokuchi.jpg


(福用~大和田) ススキ野原を走る単機回送列車。
027_20091126002519.jpg


【11月30日撮影】

(福用駅) 始発駅の福用では、発車前の、のんびりとした風景が見られました。
014-c11190-fukuyo.jpg


(福用~大和田) 福用を発車したSL列車。
026-c11190-fukuyo.jpg


(笹間渡~地名) 地名坂を駆け登って来たSL列車。
047-c11190-sasamado-jina.jpg


(田野口~駿河徳山) 大銀杏も2週間前に比べると、かなり葉が落ちていますね。
065-c11190-tanokuchi.jpg


(田野口駅) この派手な広告電車も、今では塗り替えられて見ることができません。
090-nankai21000-tanokuchi.jpg


(駿河徳山~田野口) 南側から撮影した大銀杏とSL。
111-c11190-tanokuchi.jpg


(田野口~駿河徳山) 元西武鉄道の、この電車も、もう走る姿は見られません。
129-seibu310-surugatokuyama.jpg


(駿河徳山~田野口) 沿線の紅葉は赤、緑、黄色とカラフルに色付いています。
134-nankai21000-surugatokuyama.jpg


(駿河徳山~田野口) 現在では、この電車がメインで運行されています。
157-kintetsu16000-surugatokuyama-tanokuchi.jpg


(田野口~駿河徳山) モミジが鮮やかでした。
174-c11190-tanokuchi-surugatokuyama.jpg


(笹間渡~抜里) 増水した大井川を渡るSL列車。
209-c11190-sasamado-nukuri.jpg


(笹間渡~抜里) 川沿いの山々も紅葉に彩られます。
210-c11190-sasamado-nukuri.jpg


【12月20日撮影】

(青部~崎平) 第二橋梁周辺の紅葉もキレイですね。
034-c11190-aobe-sakidaira.jpg


(千頭駅) 仲良く撮影。大井川では多くの撮影仲間と知り合い、その後、山口線・磐越西線・秩父鉄道などにも一緒に撮影に出かけていました。
020_20091126002828.jpg


(家山~抜里) 冬の日差しを浴びて旧西武鉄道の電車がやって来ました。
135-seibu310-nukuri.jpg


(抜里~家山) 冬場の撮影では撮影角度を考えて機関車を光らせることも楽しみの一つでした。
145-c11190-nukuri.jpg



(抜里~家山) 黄金色に輝いた列車です。
158-c11190-nukuri.jpg


(抜里駅) 撮影が終わると、もう日暮れも間近です。
163-nukuri.jpg


(家山駅) 一日の仕事を終えて家山駅に戻ってきた機関車。
209-c11190-ieyama.jpg


【12月27日撮影】

(福用~大和田) 福用駅にほど近いこの場所は、私のお気に入りの撮影場所でした。
132-c11190-fukuyo-owada.jpg


(大和田~家山) 線路端の冬枯れした桜の大木は、春には見事な花を咲かせます。
140-c11190-owada-ieyama.jpg


(笹間度~地名) 地名坂をひかえて笹間渡駅を猛スピードで通過するSL列車。
157-c11190-sasamado.jpg


(塩郷~下泉) ゆるやかにカーブするこのポイントも私のお気に入りでした。
178-c11190-yokogo.jpg


(青部~崎平) 第二橋梁を渡って来たSL列車。
191-c11190-aobe-sakidaira.jpg


(塩郷~地名) 塩郷では河原に降りて、機関車が太陽に反射する位置を探して撮影。
216-c11190-shiogo.jpg


(塩郷~地名) 後追い撮影では半逆光に列車が輝きます。
227-c11190-shiogo.jpg


(大和田~家山) もうすぐ終点の福用駅。
242-c11190-owada-fukuyo.jpg


【12月28日撮影】

(家山~大和田) 家山川が朝日を受けてギラギラと光っていました。
042-c11312-ieyama-owada.jpg



(福用駅) 間近で機関車を見ていた、ちびっこギャラリー。
069-c11312-fukuyo.jpg


(福用駅) 準備を整えて福用駅に進入するSL列車。
079-c11312-fukuyo.jpg


(福用~大和田) お気に入りのこの場所では、蒸気を吐き出す迫力ある写真を撮ることができました。
100-c11312-fukuyo-owada.jpg


(大和田~家山) 家山川橋梁を渡ると、もう家山駅に到着です。
112-c11312-owada-ieyama.jpg


(家山~抜里) 抜里の茶畑を走るSL列車。
117-c11312-nukuri.jpg


(地名~下泉) 横郷の山々も色付いていました。
129-c11312-shiogo-shimoizumi.jpg


(青部~崎平) 第二橋梁を渡る列車をシルエットで撮影。
150-c11312-aobe-sakidaira.jpg


(塩郷~下泉) 塩郷には大きなダムがあり、下流には広大な河原が広がっています。
195-seibu310-shiogo.jpg


(塩郷~地名) この日も河原から機関車を光らせて撮影。
208-c11312-shiogo-jina.jpg


(塩郷~地名) 3両編成の列車は、撮影するにはちょうど良い長さです。
219-c11312-shiogo-jina.jpg


(家山~大和田) 日が陰った家山川橋梁を渡るSL列車。
227-c11312-ieyama-owada.jpg


【12月31日撮影】

(福用駅) 大晦日、恒例のすす払いを済ませた機関車には注連飾りが取り付けてあります。
053-c11312-fukuyo.jpg


(福用~大和田) 注連飾りを誇らしげに走るC11312。
077-c11312-fukuyo-owada.jpg


(抜里~笹間渡) 力走するC11312。
087-c11312-sasamado.jpg


(塩郷~下泉) 移動中にススキの群生が見えたので寄り道しましたが、イマイチでした。
093-c11312-shiogo-shimoizumi.jpg


(田野口~駿河徳山) 田野口トンネルを抜けたこの場所も好きなポイントでしたが、今では養鶏場ができて雰囲気が変わってしまいました。
111-c11312-tanokuchi-surugatokuyama.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 00:00:10|
  2. 鉄道:大井川鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海-烏鎮・西柵景区③

「烏鎮西柵景区」は人通りが少なく、ちょっと寂しい街並みでしたが、中国で最も完全な明・清時代の建築物群を保存している地域のようなので、古くて趣のある建物をじっくり鑑賞したい人にとってはぜひ行ってほしい古鎮です。


烏鎮西柵景区風景
P1000841.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000842.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000844.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000850.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000860.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000876.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000877.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000878.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000879.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000882.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000883.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000887.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000889.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000890.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000891.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000892_20091014212811.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000893.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000903.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000905.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000908.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000912.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000914.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000916.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000918.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000931.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000940.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000946.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000952.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000959.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000960.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000964.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2009/11/29(日) 00:00:20|
  2. 中国:浙江省
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海-烏鎮・西柵景区②

水郷エリア内には多くの古い建物が残っており、また一般の古い住宅を改造して江南地方の民俗・文化にまつわる資料館にした建物もありました。しかし住民はすべて移転しているため、生活臭が無く、ゴーストタウンのような雰囲気でした。


烏鎮西柵景区風景
P1000849.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000861.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000862.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000864.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000865.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000871.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000872.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000880.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000886.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000888.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000892.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000900.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000901.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000902.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000904.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000906.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000913.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000954.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000961.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000966.jpg


西柵景区③に続く・・・。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2009/11/28(土) 00:00:10|
  2. 中国:浙江省
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海-烏鎮・西柵景区①

2007年1月にオープンしたばかりの「烏鎮西柵景区」の面積は「東柵景区」の3倍という広大な規模で、「東柵景区」からクルマで5分ほどの別の水郷エリアになります。
ここの住人たちはすべて移転し、古い木造建築の民家を残したまま、運河や博物館、イベントホール、ホテルなどが整備され、ベニスのような大規模な水辺の街を目指しているそうです。
ただ、、「東柵景区」に比べ日中はかなり閑散としており、お店の数や見物場所も少ないですが、のんびり古鎮を散策して癒されたい人にはお勧めのスポットだと思います。
華麗なライトアップが楽しめる夜の時間帯も一般観光客に開放されているので、次回は、ぜひ夜景観賞も楽しみたいところです。



真新しい建物が並ぶ「烏鎮西柵景区」入口前の通り。
P1000811.jpg


「烏鎮西柵景区」の看板に従って進みます。
P1000813.jpg


徒歩十数分でやっと「烏鎮西柵景区」の入場門にたどり着きました。
P1000814.jpg


ここはバスツアーの対象外なので120元の入場料が必要です。
P1000815.jpg


入口に入ると、烏鎮古鎮での生活風景が人形で再現してありました。
P1000819.jpg


机を囲んでくつろぐ風景ですね。
P1000820.jpg


屋内展示場を抜けると、船着き場があり、大型の船で古鎮内部に渡ります。
P1000822.jpg


陸路では直接行けないようで、行きも帰りもこの船に乗りました。
P1000825.jpg


なんと、この大きな船は竹竿で押して移動させています。
P1000827.jpg


藍染は烏鎮の名産らしく、染色した織物を屋外乾燥させていました。
P1000833.jpg


「東柵景区」に比べて観光客はほとんど居ません。
P1000835.jpg


さらに、古鎮の規模も大きいため、観光客が目立たないので、撮影するには良い場所でした。
P1000852.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000853.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000854.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000855.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000859.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000867.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000875.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000894.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000895.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000896.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000897.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000898.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000921.jpg


やっと、橋を渡る観光客に出会えたので撮影しちゃいました。
P1000922.jpg


古鎮内にそびえる七重の塔。
P1000923.jpg


この橋は西柵景区の最奥部になるため、折り返す観光客が集まって来ます。
P1000927.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000928.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000930.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000942.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000943.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000956.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000957.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000962.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000963.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000967.jpg


烏鎮西柵景区風景
P1000968.jpg


帰りもこの船に乗って出口に渡ります。
P1000969.jpg


西柵景区②に続く・・・。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2009/11/27(金) 00:00:01|
  2. 中国:浙江省
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海-烏鎮・東柵景区④

「烏鎮」は、東柵景区と西柵景区の2つの街に分かれているのは前にも紹介しましたが、事前に知っていたわけではなく、東柵景区の街外れに出ていた看板を見て初めて知りました。帰りのバスの時間も心配だったのですが、せっかく来たのだから・・・と地図をたよりに歩いて西柵景区に向かいました。


古い木造の建物と回廊を通り抜けて古鎮の外れに向かいました。
P1000758.jpg


街外れにも土産物屋が並んでいますが、観光客が少ないため、あまり活気がありません。
P1000766.jpg


この辺りまで来ると人通りも少なく、路地は閑散としています。
P1000760.jpg


東柵景区の外れに来ると、東西柵景区の位置を示した地図がありました。
P1000704.jpg


細い路地の日溜りで中国将棋をしているお年寄りたち。
P1000723.jpg


何とも言えない長閑な雰囲気です。路地は地域住民の生活の場所でもあるのです。
P1000724.jpg


親子で綿の打ち直しをしている場面にも遭遇。
P1000725.jpg


もうこの先は一般住居のようで、観光区域外なのか観光客新入禁止のマークがありました。
P1000727.jpg



東柵景区出口の門が見えるこの広い通りは公道のように市民が行き交っていて、チケットなしでも入れそうです。
P1000731.jpg


人力三輪車がお客を探して通り過ぎます。
P1000738.jpg


こちらの店では飴を練って延しています。古鎮ではよく見る風景です。
P1000754.jpg


建物の裏には太湖につながる大きな川が流れていました。
P1000761.jpg


外部の川と古鎮はこのような水路で結ばれています。ここはもう観光区域外です。
P1000762.jpg


付近の店先を覗くと、粽に草餅、味付卵などが売られていました。
P1000765.jpg


ここsでは路上で焼き栗を売っています。
P1000771.jpg


大きな鍋で小砂利と一緒に栗を焼いた後、ザルで小砂利を振るい落として取り出します。
P1000772.jpg


細い路地に雑貨店が並んでいる一画がありました。
P1000778.jpg


色々な生活雑貨などが並んでいます。
P1000779.jpg


ここは地元の人たちが利用する店のようです。
P1000780.jpg


漁具の看板も出ています。
P1000781.jpg


雑貨店の並びを通り過ぎると、古い家が立ち並び、その先にはもう何にもありません。
P1000783.jpg


怪しい路上販売の骨董品店が店開きしてます。
P1000786.jpg


あらら!ワンちゃんが・・・(笑) こんな風景も日本ではもう見られませんね。
P1000787.jpg


私たち中年世代にとって、子供時代の懐かしい風景です。
P1000789.jpg


肉片を吊り下げてあった小さな食堂。
P1000794.jpg


古びた建物が古鎮の雰囲気を醸し出していました。
P1000795.jpg


ここは地域住民が利用する食堂街のようです。
P1000806.jpg


この後、西柵景区を目指して橋を渡り歩いて行きました。
P1000798.jpg


西柵景区①に続く・・・。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しています。クリックしてね!
  1. 2009/11/26(木) 00:00:10|
  2. 中国:浙江省
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (28)
東京一人生活 (27)
ぶらり撮影 (26)
観光・名所 (176)
イベント・祭り (91)
ポートレート (33)
釣り (34)
生き物 (143)
季節の花 (83)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (45)
神社・仏閣&教会 (110)
遠州七不思議 (8)
グルメ (39)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (139)
鉄道:大井川鐵道 (809)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (8)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (17)
鉄道:SL碓井 (4)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (92)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (69)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして