mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

赤羽根沖の釣り

久しぶりに沖釣りに行ってきました。
今の時期はワラサやカンパチなど青物の回遊も期待できるので、アジ・サバのサビキ釣りをしながら一発大物狙いができる、愛知県の赤羽根沖に行ってきました。



AM6:00出港!今回は釣り仲間3人で出掛けました。
001_20091031191140.jpg


釣り場まで早朝の海を20分ほど走ります。朝晩は冷え込んで海上に出ると寒いくらいです。
002_20091031191140.jpg


今日はいい天気になりそうです。日の出とともに釣り開始!
003_20091031191139.jpg


いつもそうなんですが、釣り始めは期待でワクワクしますね。
004_20091031191139.jpg


早速、左隣りのMUくんがアジを釣りあげました。
005_20091031191139.jpg


サビキ釣りはコマセを撒いて魚を寄せるので他の釣り船も近くに集まります。
006_20091031191138.jpg


MUくんは型の良いイサキも釣りあげていました。
007_20091031191230.jpg


右隣りのMOちゃんもポツリポツリとアジを釣っていましたが、これは金魚と呼ばれる外道でした。
008_20091031191230.jpg


これは朝一の私の釣果、アジは朝一が勝負という事で頑張って釣ったのですがイマイチです。
実は、このアジを餌に後半の大物釣りをするので、手頃なサイズのエサ用のアジを確保しないといけません。
010_20091031191229.jpg


最初のポイントの食いが悪くなってきたので場所移動すると、また順調にアジが釣れます。
015_20091031191229.jpg


10時過ぎ、そろそろ大物狙いで仕掛けを交換、釣ったアジで泳がせ釣りを始めました。
016_20091031191229.jpg


しかし、そんな簡単に大物は釣れません。しばらくは辛抱の釣りになります。
017_20091031191229.jpg


終了間際、MOちゃんの竿にアタリが!姿を見せたのは40㎝オーバーのハマチでした。
018_20091031191330.jpg


本日、唯一の大物?です。アジ釣りのサビキのハリスを切られることが何回かありましたが、残念ながら私には大物は釣れませんでした。
019_20091031191330.jpg


11時半の沖上がりで港に帰港。岸壁では多くの人たちが釣り糸を垂れていました。
020_20091031191330.jpg


本日お世話になった、ぽん助丸です。
021_20091031191329.jpg


赤羽根港には最近、道の駅ができたので、立ち寄ってみました。
030_20091031191329.jpg


渥美半島のガイドマップ。赤丸で印をつけた所が赤羽根です。
031_20091031191329.jpg


地元の名産品が販売されています。
032_20091031191427.jpg


産直のふれあいマーケットもありました。安いですよ!
033_20091031191427.jpg


渥美半島は電照菊でも有名な花の産地です。色々な花が販売されています。
034_20091031191426.jpg


大漁旗ならぬ釜揚げしらす旗。
035_20091031191426.jpg


遠州灘一帯ではイワシの幼魚であるシラス漁が盛んに行われています。
036_20091031191425.jpg


こんな物発見!「伊勢海老ふりかけ」
037_20091031191425.jpg


道の駅の2階は港が一望できる展望テラスになっていました。
038_20091031191525.jpg


ちょうど帰港する漁船が通過。
039_20091031191525.jpg


テーブルとベンチも備え付けられていて、のんびり過ごせるスペースです。
040_20091031191525.jpg


さて、本日の私の釣果は、残念ながら小型のアジが38匹でした。
041_20091031191524.jpg


早速、下ごしらえで、アジフライ用に腹開きにします。
042_20091031191524.jpg


こちらは干物用。鯵の開きですね!
043_20091031191524.jpg


最後に刺身、またはアジのタタキ用に三枚に下ろしました。
044_20091031191552.jpg


取らぬ狸の皮算用ではないですが、本当はワラサかハマチの刺身を食べる予定だったのですが・・・(笑)


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 21:16:54|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海-上海海洋水族館

上海海洋水族館は東方明珠電視塔(上海タワー)の東側に隣接するアジア最大級の規模を誇る水族館です。館内は中国、アマゾン、アフリカなど8つのゾーンに分かれており、四大陸、五大洋からの約300種1万匹以上の珍しい海洋生物が展示されています。見所は世界最長となる約155mの海底鑑賞トンネルで、サメやウミガメが目前を優雅に泳ぐ様は圧巻です。


上海海洋水族館の入口です。館内は地下2階、地上3階建です。まずは3階に上がります。
001_20091024233217.jpg


3階には中国(アジア)ゾーンがあり、草魚やハクレン・コクレンなどの中国に生息する巨大魚などが展示されていました。
003_20091024233216.jpg


熱帯魚水槽ではアマゾンの代表的なディスカスが目を惹きます。
005_20091024233215.jpg


こちらはアマゾン淡水エイです。スポットがキレイですね。
006_20091024233215.jpg


デンキウナギも展示されていました。
007_20091024233215.jpg


カメ水槽のモンキヨコクビガメ。
008_20091024233214.jpg


これはコイ科のレッドライントーピードバルブ。
009_20091024233317.jpg


これは奇妙な形をしたブラックゴーストという魚。
010_20091024233316.jpg


シルバーアロワナの群れ。
011_20091024233316.jpg


アフリカンシクリッドの水槽です。メタリックブルーに輝くのはアーリー(スキアエノクロミス・フライエリィ)のようです。
012_20091024233316.jpg


この不細工な顔の魚はタンガニイカ湖に生息するキフォティラピアフロントーサです。
013_20091024233315.jpg


こちらは汽水域に生息するレインボーフィッシュたち。
014_20091024233315.jpg


このカメはスッポンモドキという淡水域の水中で一生を過ごすカメで、ウミガメのように手足がヒレに変化しています。オーストラリア周辺に生息しています。
016_20091024233413.jpg


このノーザンバラムンディは、オーストラリアに生息するアロワナの一種です。
017_20091024233413.jpg


ここから水槽の中を下るエスカレーターで2階へ下ります。
015_20091024233413.jpg


目が光っている魚はナイルパーチかな?
018_20091024233412.jpg



黒鳥がエスカレーターで下って行く人間を眺めているようでした。
019_20091024233412.jpg


このノコギリザメは、刃こぼれした姿が痛々しいです。
020_20091024233412.jpg


アマゾンの巨大魚、ピラルク。
022_20091024233521.jpg


爬虫類コーナーにはグリーンイグアナがいました。
024_20091024233520.jpg


朝鮮スズガエル。毒々しい模様のように、皮膚からは刺激性が強い毒物を分泌します。
025_20091024233520.jpg


こちらは愛嬌者のゴマフアザラシ。
030_20091024233520.jpg


ペンギン水槽に見入る少女がいました。
031_20091024233520.jpg


生きた化石のカブトガニ。
032_20091024233519.jpg


こちらは深海に生息するタカアシガニ。美味しそうです・・・!
033_20091024233617.jpg


ミノカサゴはその優雅な姿に反して鰭に毒針を持っています。
034_20091024233617.jpg


海底に生息するネコザメ。
035_20091024233617.jpg


クラゲは癒し系の生き物なので見ているだけで癒されます。
036_20091024233616.jpg


一気に地下2階まで下がると本水族館のメインである太洋ゾーンがあります。地下2階と地下1階のスペース全部が水槽になっていて、全長155メートルという世界最長の「海底観光トンネル」が中を貫通しています。
037_20091024233616.jpg


海底トンネルに入ると動く歩道も設置されていて、それに乗ってゆっくり鑑賞することができます。
038_20091024233615.jpg


頭上を泳ぐサメに驚かされました。
041_20091024233700.jpg


皆さん夢中で写真を撮っていました。
042_20091024233700.jpg


最後はウミガメが優雅に頭上を通過していきました。
043_20091024233659.jpg


海底トンネルを出て地上1階までエスカレータで上がると土産物ショップがあって出口になります。1階にはその他カフェテリアもあって軽食をとることもできるようになっていました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/10/31(土) 00:00:10|
  2. 中国:上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海-上海動物園

上海西郊外に位置する上海動物園は、最初はゴルフ場として使われていたこともあり,、敷地面積は70万㎡と広く、草木が繁茂し、広々とした芝生や曲がりくねった川、広い池などがあります。園内で飼育されている動物は600種類以上約6000頭。中国の国家保護動物である東北虎、揚子江ワニ、人気者のジャイアントパンダ、孫悟空のモデルとされる金絲猴など、中国にしか生息していない貴重な動物も見ることができます。しかし、飼育環境はお世辞にも良いとは言えず、職員の少なさや、見学者のマナーの悪さなど、日本では見られない場面に驚かされるでしょう。

上海出張初心者の頃に、この上海動物園に行ったことがありました。この時は、ただ動物を撮影して周っただけでしたが、私にとっては懐かしい画像です。



園内の中国地図には野生動物の生息地が描かれていました。
P1020111.jpg

入り口からまっすぐ進んだところに、魚類・爬虫類・両生類の展示館があります。規模は結構大きく、小さな水族館といった感じでした。
P1020093_20091023203952.jpg


ウミガメもいました。
P1020095.jpg


爬虫類館にはワニもいました。
P1020103.jpg


こちらはハコガメの展示水槽です。
P1020098_20091023203952.jpg


中国でも亀は縁起モノなのでしょうが、水槽にお金を投げ入れるのは問題ですね。
P1020110.jpg


ここは記念撮影ポイントです。孔雀は本物ですよ!
P1020114.jpg


ダチョウは柵越しに手の届く距離で飼育されています。
P1020120.jpg


園内にある大きな池には野生の白鳥や鴨が飛来していました。
P1020124.jpg


肉食獣のエリアでは皆さんお昼寝中のようで、この豹もこれからお昼寝するようです。
P1020129.jpg


黒豹もお昼寝中です、どこが頭なのかよく分かりません。
P1020133.jpg


爆睡中の虎、死んだように眠っていましたが、動かない虎に向けて小石を投げる観客を見てびっくり!
P1020148.jpg


百獣の王のライオンもゴロ寝してますが、タマタマが丸見えです! (笑)
P1020149.jpg


立ち上がるレッサーパンダ、中国の風太くんです。中国では観客が平気でエサを与えていたのには驚きました。
P1020139.jpg



お目当てのパンダ(大熊猫)はお食事中です。
P1020145.jpg


エサをねだるマレーグマ。それにしてもビニール袋ごと食べ物が投げ入れられていて、中国人のマナー悪すぎ!
P1020162.jpg


カバも物欲しそうに大口をあけていましたが、エサを与える人がいるのでしょうね。
P1020176.jpg


こちらは泥まみれの鹿。
P1020179.jpg


これはカモシカの一種のようですが、水場には野生の小鳥も飛んで来ていました。
P1020180.jpg


象の親子。
P1020181.jpg


テナガザルの檻の周りも投げ入れたエサの皮が散らかっています。
P1020188.jpg


猿山にもエサが投げ入れられていました、日本ではまず見られない光景です。
P1020199.jpg


こちらのキツネザルたちはガラスの檻なのでエサの投入は防げているようです。
P1020202.jpg


このヒヒもガラスの檻に入っていますが、神経質な種と、そうでない種で分けているのでしょうか?
P1020207.jpg


園内には小さな遊園地もあり、子供連れで遊ぶこともできますが、この金魚の釣り堀は大人が夢中になっていました。
P1020169_20091025190329.jpg


上海動物園は虹橋にあるため、日本人が多く宿泊する古北からも近く、時間が空いた時には暇潰しで出掛けるのも良いかと思います。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/10/30(金) 00:00:10|
  2. 中国:上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天竜浜名湖鉄道

天竜浜名湖鉄道(天浜線)は静岡県西部にある第三セクターの地方鉄道で、旧国鉄の特定地方交通線だった二俣線を引継いだ路線です。
本社がある天竜二俣駅には、国指定登録有形文化財の転車台と扇型庫などがありますが、一部の見学者のマナーの悪さで公開が中止されていました。今年8月から有料化にして、さらに職員がガイドとして同行することで見学が再開されています。早速、私もブログネタ収集のため行ってきました。


公開日=毎週、金・土・日・月 および祝日
公開時間=10:40 13:40 の2回 (案内時間は約45分)
入場料金=天浜線利用者は100円、その他交通機関利用者は200円で、天竜二俣駅にて見学記念硬券を購入して入場。


見学受付となる天竜二俣駅です。
001_20091024170319.jpg


駅横には懐かしい腕木信号機が展示されています。
003_20091024170319.jpg



ポストも昔懐かしい形をしています。
004_20091024170319.jpg



駅名は遠江二俣から天竜二俣に変わりましたが駅舎内は昔のままです。
005_20091024170318.jpg


窓口で転車台の見学希望を告げて切符を購入。見学記念硬券とパンフレットが渡されました。
006_20091024170318.jpg


公開時間は10:40と13:40の一日2回と決められています。今回は13:40に参加しました。
0071.jpg


パンフレットのイラストマップを見ながら案内時間を待ちました。赤丸で囲った施設が文化財の指定を受けています。
0081.jpg


13:40、職員の方に連れられて駅構内に入ります。手前の線路は廃線を利用した足こぎトロッコの遊具です。
009_20091024170411.jpg


トロッコには可愛い女の子が乗っていました。
010_20091024170411.jpg


ホームを横切り、線路を渡って、駅裏から運転区に向かいます。
012_20091024170410.jpg


国鉄・二俣線時代は主要駅だったこともあり、構内は広いですね。これでも縮小されたようですが・・・
013_20091024170410.jpg


運転区は駅とは反対側に入口がありました。
014_20091024170409.jpg


運転区内は昭和を感じさせる建物が並んでいます。
015_20091024170522.jpg


国指定登録有形文化財とは、歴史的に特徴がある建造物で、現在まで実際に使用されており、今後も引き続き使用していく建物や施設が指定されるそうです。
016_20091024170522.jpg


これが機関車などの向きを変える転車台(ターンテーブル)です。
017_20091024170521.jpg


同行した職員の方が歴史や用途を詳しく説明してくれます。
018_20091024170521.jpg


運転区の待機線に並ぶレールバス。
019_20091024170521.jpg


国鉄時代に活躍したC58型蒸気機関車の動輪と煙室戸の記念碑。
020_20091024170521.jpg


見学時には実際にレールバスを転車台に乗せて一回転させてくれます。
021_20091024170626.jpg


レールバスは両運転台なので転車台は必要ないのですが、ここでは扇型庫を車庫として使用しているため、車両の出し入れに利用されています。
022_20091024170625.jpg


点検車庫に入ったレールバス。
023_20091024170625.jpg


扇型庫には点検車庫の他に6線ありますが、2線は洗車用に青空車庫になっていました。
024_20091024170625.jpg


これは転車台を動かす運転室です。
025_20091024170624.jpg



扇型庫は昭和15年建造という時代背景と、林業が盛んな土地であったため、重厚な木造車庫になっています。
026_20091024170624.jpg


車庫内は点検用ピットや点検台が設置されています。
027_20091024170729.jpg


その昔、蒸気機関車がねぐらとしていた機関庫ですが、今も現存しているのは数少ないです。
028_20091024170728.jpg


洗車用の青空車庫にはイベント用のレールバスが入線していました。
029_20091024170728.jpg


転車台と扇型庫の見学後は、その他の文化財指定施設を見学しました。
030_20091024170728.jpg


この2階建ての建物が登録文化財で、1階は乗務員詰所、2階は運転区講習室になっています。
031_20091024170728.jpg


2階建て建物に続く平屋の運転区事務室と運転指令室も登録文化財に指定されています。
032_20091024170727.jpg


運転指令室の先には、今は使われていない給水塔が残っていました。蒸気機関車時代に水を補給した施設です。これは文化財指定にはなっておりません。
033_20091024170827.jpg


乗務員詰所の裏にある、この運転区浴場と洗濯場も登録文化財になっていましたが、指定されていない他の建物とどこが違うのかよく分かりません。
034_20091024170826.jpg


運転区の見学後、天竜二俣駅前に保存されているC58型蒸気機関車を見学に行きました。
035_20091024170826.jpg


機関車公園と名付けられた小さな公園に機関車は置かれています。
036_20091024170826.jpg


ヘッドライトのガラスは無く、煙室戸の取っ手も盗まれたようで、ありません。
037_20091024170826.jpg


機関士側のキャブ(運転室)です。
040_20091024170825.jpg


C58型蒸気機関車の運転室内。中央のハの字形に開くところに石炭を投入します。
041_20091024170931.jpg


機関士席の正面にあるのは逆転機で、右側からは加減弁レバーが出ています。逆転機は前後進の切り替えレバーで、加減弁レバーはアクセルになります。
042_20091024170931.jpg


長期の保存で炭水車は腐食により穴が空いていました。
043_20091024170930.jpg


幸いな事に、オリジナルのナンバープレートと製造銘板はすべて残っています。
044_20091024170930.jpg


保存蒸気機関車を見学した後、今度は天竜二俣駅構内外れに放置されていた気動車と客車を見に行きました。
047_20091024171035.jpg


以前は、荒れ放題だったキハ20ですが、ボランティアの人たちによって修復され、キレイに塗装されていました。
045_20091024170930.jpg


こちらはブルートレインに使用された20系寝台客車のナハネ20です。この2台の車両は、かつてここに鉄道公園を建設する構想があったため保存されていたのですが、その後、建設は中止となり、そのまま放置されていたそうです。
046_20091024170930.jpg


帰りに隣駅の二俣本町の駅も覗いてみました。駅舎ではそば屋さんが営業しています。
050_20091024171035.jpg


今は無人となっていますが、昔のままの改札口。
051_20091024171034.jpg


ホームに出てみましたが、昔とあまり変わらない風景です。
052_20091024171034.jpg


二俣本町を出ると天竜川を渡ります。ここは昔、有名な撮影ポイントでした。
053_20091024171033.jpg


こちらの国道橋も古い橋です。
054_20091024171033.jpg


ススキと絡めてレールバスを撮影。
056_20091024171121.jpg


橋上流側は線路沿いの柵がちょっと邪魔ですね。
055_20091024171121.jpg


下流側は足まわりもスッキリ撮れます。懐かしくて、しばらく撮影して帰路につきました。
057_20091024171120.jpg


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/10/29(木) 00:00:05|
  2. 鉄道:天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィークの横浜②-山下公園

山下公園は関東大震災の復興事業として市内の瓦礫などを大正14年から4年がかりで埋立て、上部を良質な土で覆土して造成が行われ、昭和5年3月に開園しました。戦後は米軍に接収されましたが、昭和29年から段階的に解除され、昭和36年には再整備が完了し、ほぼ現在の姿となっています。
山下公園は横浜の公園の中で一番知られている公園で、「水の守護神」、「赤い靴はいてた女の子像」、「かもめの水兵さんの歌碑」など数多くの記念碑があります。



マリンタワーの上空を旅客機が飛んでいたので急いで影しましたが、小さ過ぎて見えるかな?
P1040011.jpg



マリンタワー内部の壁画。
P1040013_20090928002255.jpg


遠くに見えるのは横浜ベイブリッジ。
P1040023.jpg


眼下には氷川丸と山下公園。
P1040028.jpg


こちらは中華街方面。
P1040036.jpg


こちらに見える緑地は港の見える丘公園。
P1040037_20090928002241.jpg


氷川丸を見学しました。
P1040050.jpg


1930年4月の製造プレート。
P1040058.jpg


船室内風景。
P1040064_20090928002401.jpg


上階へ登る階段。
P1040067.jpg


一等船室ロビー。
P1040070.jpg


一等客室。
P1040075.jpg


特別客室。
P1040081.jpg


氷川丸の名前の由来になった氷川神社の文様。
P1040082.jpg


操舵室。
P1040087.jpg


操舵室から船首を眺める。
P1040090.jpg


童謡「かもめの水兵さん」はこのような風景を見て作られたそうです。
P1040096.jpg


氷川丸からマリンタワーを撮影。
P1040099_20090928002511.jpg


デッキは思ったより広いですね。
P1040104.jpg


機関室も見学できます。
P1040106.jpg


何だか映画に出てきそうな風景でした。
P1040113.jpg


船倉の機関室最下部。
P1040115.jpg


ここにも「かもめの水兵さん」が並んでいました。
P1040124.jpg


「水の守護神」の像。
P1040126.jpg


公園内の芝生でくつろぐカップルたち。
P1040127_20090928002819.jpg


「赤い靴はいてた女の子」像。
P1040130.jpg


「赤いくつ、は~いてた、おんなのこ、異人さんに連れられて行っちゃった♪」
P1040131.jpg



一人パフォーマーがパフォーマンスの準備中です。
P1040134.jpg


インド水塔。
P1040141.jpg


大型客船「飛鳥」が停泊していました。
P1040148.jpg


運河を眺めるカップル。
P1040157.jpg


赤レンガ倉庫。
P1040163.jpg


倉庫内には各種テナントが入っているようです。
P1040171_20090928002926.jpg


思っていたより大きな赤レンガ倉庫です。
P1040173.jpg


2棟並んだ赤レンガ倉庫の周辺は広々としています。
P1040175.jpg


開港150年記念イベントグッヅ販売所。凄い人です。
P1040178.jpg


ランドマークタワー。
P1040183.jpg


横浜税関資料展示室。
P1040184_20090928003033.jpg


展示されていた密輸入されたワシントン条約の品物。
P1040185.jpg


横浜開港記念館。
P1040188.jpg


シルバーウィーク後半でしたが、気軽に出かけられる山下公園は大勢の人たちが集まっていました。


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/10/28(水) 00:00:30|
  2. 観光・名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (28)
東京一人生活 (28)
ぶらり撮影 (26)
観光・名所 (186)
イベント・祭り (91)
ポートレート (33)
釣り (34)
生き物 (143)
季節の花 (88)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (52)
神社・仏閣&教会 (112)
遠州七不思議 (8)
グルメ (39)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (139)
鉄道:大井川鐵道 (809)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (10)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (17)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (92)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (73)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして