mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

北京旅行-天安門・天壇公園

天安門・天壇公園

北京最終日、午後のフライトで上海に戻ります。

天安門広場と天壇公園を午前中で見て回りました。
014_天安門

本当は国旗掲揚式を見る予定だったのですが、寝坊して果たせず・・・。
020_天安門広場

人民大会堂。
021_人民大会堂

人民英雄記念碑。
023_人民英雄記念碑

毛主席記念堂前の像と衛兵。
034_毛主席記念堂

天壇公園には北口から入りましたが、逆だったようです。
037_天壇公園

ここも市民の憩いの場所ですね。
039_天壇公園


041_天壇公園


042_天壇公園

こちらは太極拳のグループです。
044_天壇公園

祈年殿。
047_天壇公園

コバルトブルーの瑠璃瓦が美しい。ひさしの下には美しい彩色が施されています。
048_天壇公園

四季を象徴する4本の柱と、12ヶ月を象徴する赤い12本の柱があり、梁・棟木は使用されていません。
049_天壇公園


祈年殿前の石彫。
100_天壇公園


上段から龍・鳳凰・雲と3枚の石彫があります。これは龍です。
101_天壇公園


祈年殿は直径32m、高さ38mの円形木造建築。
102_天壇公園

祈念門。
105_天壇公園


106_天壇公園

皇乾殿。
135_天壇公園

皇穹宇。皇帝の位牌を祀る場所。
153_天壇公園


157_天壇公園


159_天壇公園

皇穹宇内部。
160_天壇公園


圜丘。
162_天壇公園

圜丘壇では天に直接祈るため、建物はありません。
166_天壇公園

圜丘壇から北を見る。圜丘と皇穹宇、祈年殿が直線上に並んでいるのがわかります。
169_天壇公園

南口。
177_天壇公園


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
スポンサーサイト
  1. 2009/08/19(水) 00:47:40|
  2. 中国:北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北京旅行-鼓楼・鐘楼

鼓楼・鐘楼と胡同


景山公園をさらに北に歩いて行くと鼓楼が見えてきました。
001_鼓楼

早速、入場です。20元。
005_鼓楼

急な階段を上ります。
007_鼓楼

鼓楼というだけに沢山の太鼓が並んでいました。現在も季節の節目の時期に力強い鼓音を響かせているそうです。
011_鼓楼

鼓楼から見た景山公園方面。
016_鼓楼

こちらは鐘楼。
019_鐘楼

鼓楼の周りは胡同が残っています。上から眺めると四合院造りの建物がよくわかりますね。
026_胡同

鼓楼を後にして鐘楼に向かいます。
032_鐘楼

鐘楼の入場料は15元でした。
052_鐘楼

鐘楼も急な階段を上ります。
038_鐘楼


昔は、この大きな鐘で時を知らせたそうです。
040_鐘楼


鐘楼から見た鼓楼。
039_鼓楼

鐘楼を出ると、また雨が降って来ました。
105_胡同

人力車も雨の中、大変ですね。
112_胡同

しばらく雨宿りして胡同散策に出発!
117_胡同


121_胡同


123_胡同


124_胡同


126_胡同


133_胡同


135_胡同


136_胡同

一時間ほど胡同を散歩して地下鉄でホテルに帰りました。
141_地下鉄2号線

地下鉄北京站は閉鎖されているため隣の建国門站にて下車、北京駅までは歩きです。
143_北京站

宿泊した宝辰飯店。
148_北京站


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/08/18(火) 19:23:22|
  2. 中国:北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北京旅行-胡同散策

胡同散策

故宮北門を出て景山公園横を北に向かって歩きます。

消防車が通り過ぎました。
090-03_ 景山公園

バスはトロリーバスです。
090-06_ 景山公園

目の前に胡同の看板を見つけたので立ち寄りました。
090-07_胡同

胡同とは北京の古き良き時代の街並みのことです。
090-08_胡同

四合院とよばれる中庭を中心に四方を住居に囲まれた建物もまだ残っているようです。
090-14_胡同

私が子供のころの記憶が蘇ります。こんな風景の中を走り回っていました。
090-15_胡同

路地裏の風景も懐かしいです。
090-16_胡同

住んでいる人たちものんびりしていました。
090-18_胡同


090-19_胡同


090-24_胡同


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/08/17(月) 21:06:40|
  2. 中国:北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北京旅行-故宮(紫禁城)

故宮(紫禁城)

天安門広場を北に進むと故宮です。

午門。 故宮の正面門で子午の方向にあることから午門と呼ばれています。
003_故宮


011_故宮

金水橋。 午門をぬけると「金水橋」に出ます。敷石が引き詰められた5本の橋は、中央が皇帝、それ以外は貴族や武官達が使用していました。
013_故宮

雲行きが怪しくなり、雨が降り始めました。広場に出ていた人たちも退散です。
018-01_故宮

昭徳門。ここで暫く雨宿りしました。
018-04_故宮


018-07_故宮

雨宿りを兼ねて昼食を取りましたが、故宮でカレーライスとは変な取り合わせですね!(笑)
018-13_故宮

大和殿(金鑾殿)。故宮最大の宮殿で正殿になります。また現存する中国最大の木造建築物でもあります。
022_故宮


024_故宮

雨脚が激しくなってきました。こりゃ、ちょっと歩き回るのは無理かな?
031_故宮

後右門。
040_故宮


043_故宮

乾清門。内廷の正門になります。
046_故宮

乾清門。銅製の流金の甕や獅子が置かれ、赤い壁が八の字のように開いているのが特徴です。
051_故宮

一時は激しく降っていた雨も上がりました。
052_故宮

乾清宮。皇帝の寝室兼執務室であり、皇后でない限り立ち入ることができなかったそうです。
056_故宮


057_故宮

乾清宮。
059_故宮


062_故宮

銅製の亀の像。
063_故宮

銅製の鶴の像。
064_故宮


066_故宮

交泰殿。
070_故宮


072_故宮

保和殿の北側、石段の中央にある「雲竜大石彫」
074_故宮

御花園にある萬春亭。
078_故宮

神武門(北門)前の広場。目の前には景山公園があります。
083_景山公園

神武門。故宮博物院の北門になります。
086_故宮


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/08/17(月) 19:28:16|
  2. 中国:北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北京旅行-正陽門~天安門

北京3日目は前門~天安門~故宮を見て回り、鼓楼・鐘楼とその周辺の胡同を散策しました。

今回は正陽門から天安門の風景をご紹介します。

朝、ホテル前でタクシーを捕まえて正陽門に向かいました。
002_正陽門

正陽門南の箭楼をスタートして北に向かって歩きます。
010_箭楼

箭楼南側にはオリンピック時の観光用に前門街を復元していました。市電も走らせるようです。
012_前門街

正陽門を守る獅子と石碑。
014_箭楼

正陽門を箭楼の通路から眺めます。
017_正陽門

正陽門に到着。早速入場しました。入場料:10元。
022_正陽門

正陽門から毛沢東記念館を見るとすごい人が並んでいます。
ここには毛沢東の遺体が安置されており、無料で英雄を参拝できるため行列ができていました。
025_毛沢東記念館

正陽門から箭楼を眺める。
028_箭楼

天安門広場側から見た正陽門。
041_正陽門

人民大会堂と人民英雄紀念碑。
043_人民大会堂

中国国家博物館。
046_中国国家博物館

人民大会堂の横はもう天安門広場です。警備の警察官が各所に立っていました。
062_天安門広場

天安門広場から天安門を見ると、これまた凄い人です。
064_天安門広場

テレビでは見慣れた天安門。ここで撮影していると突然目の前を人が横切ったので「バカヤロ」とつぶやいたら、こちらを睨む男性がいました。多分私服警官だろうと思いますが、日本語の「バカヤロ」は中国人には抗日ドラマで聞き慣れた日本語なので注意が必要です。
065_天安門

天安門広場と天安門の間には国旗掲揚台があります。
070_国旗掲揚台

直立不動で国旗掲揚台を守る衛兵。
073_国旗掲揚台

こちらは天安門広場を見回りする警察官です。
077_天安門広場

それでは天安門に向かいましょう。
082_天安門

箭楼から正陽門、天安門広場から天安門と広い道路を3本渡り歩いてきましたが、とにかく広いです。
085_天安門

堀を渡って天安門に入ります。
104_天安門

天安門の裏側に入口があるのですが、ここも行列。荷物はすべて預けての入場です。15元。
109_天安門

天安門より天安門広場を眺めますが、天気がイマイチで霞んでいます。
113_天安門広場

正面に国旗掲揚台があります。
114_天安門広場

人民大会堂方面を眺めると、植込みの中に警備の人がいました。
115_天安門

良く見ると、等間隔で警備の私服警官がいました。
多分、天安門広場でも人ごみにまぎれて多くの私服警官が警備をしているのでしょうね。
116_天安門


FC2 Blog Ranking

ブログランキング参加しました。クリックしてね!
  1. 2009/08/16(日) 18:26:18|
  2. 中国:北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (29)
東京一人生活 (28)
ぶらり撮影 (26)
観光・名所 (191)
イベント・祭り (93)
ポートレート (33)
釣り (36)
生き物 (144)
季節の花 (91)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (52)
神社・仏閣&教会 (112)
遠州七不思議 (8)
グルメ (39)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (141)
鉄道:大井川鐵道 (809)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (10)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (17)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (93)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (74)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして