FC2ブログ

mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

鳥羽山城址 (20191109)

鳥羽山城の築城年代は定かではないようですが、天正3年(1575年) 徳川家康が武田氏の籠もる二俣城を攻めたときに本陣を置いた場所として知られ、このときに築城されたというのが一般的な説ですが、それ以前に築かれていたとも云われています。
01_20191116003901d8d.jpg



本丸址 (説明版が日焼けで読みにくいです)
02_2019111600385926b.jpg



現在天竜川は鳥羽山城の南を流れていますが、当時は北側を流れ、二俣城とは天竜川を挟んで対峙する位置にあったそうです。家康は鳥羽山城に本陣を置き、毘沙門堂砦、蜷原砦、和田ヶ島砦を築いて二俣城を包囲しました。
03_2019111600385977c.jpg



鳥羽山城は二俣城の南西にある標高100.3mの鳥羽山山頂に築かれており、現在は鳥羽山公園となって展望台も設置されています。
04_201911160038577cb.jpg



展望台の柱には色々な落書きが残されていて、読んでみると面白いですね・・・この人の恋は叶ったのかな?
05_20191116003854cc9.jpg



私も、もう一回青春してみたいな~!
06_20191116003854c7e.jpg



最近は走らなくても石段を上ると足が痛いです・・・(笑)
07_20191116003855365.jpg



夜に来たみたいですね。
08_20191116003851ad4.jpg



落書きから15年・・・結婚できたのかな?
09_20191116003852ae9.jpg



この展望台から天竜川を渡る天浜線の列車を眺めることができます。
10_20191116003852e34.jpg



国鉄時代のSL撮影ポイントとしても有名でしたが、かなり木が伸びていました。   
11_20191116003850870.jpg



12_201911160038500e8.jpg



13_201911160038492a4.jpg



14_20191116003845e27.jpg



15_20191116003846d10.jpg



16_20191116003841454.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/28(木) 00:00:27|
  2. 日本の城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二俣城址 (20191109)

二俣城(ふたまたじょう)は、遠江国豊田郡二俣(現在の静岡県浜松市天竜区二俣町二俣)にあった日本の城(山城)で、天竜川と二俣川に挟まれた天嶮に恵まれた中世城郭として名高く、武田信玄・勝頼親子と徳川家康がこの城を巡って激しい攻防を繰り広げました。また、家康の嫡男信康が悲劇の切腹をとげた城としても知られています。
01_20191115235813e37.jpg



紅葉スポットにもなっている二俣城址ですが、訪問時はまだ少し早いようでした。
02_2019111523581001c.jpg



03_20191115235811407.jpg



天守台の石垣が残っています。
04_20191115235808c54.jpg



05_20191115235808a36.jpg



二の丸址
06_2019111523580833f.jpg



堀切址
07_20191115235808d8d.jpg



08_20191115235808539.jpg



土塁址 (土塁とは、敵や動物などの侵入を防ぐために築かれた土製の堤防状の壁 )
09_2019111523580495e.jpg



蔵屋敷、南曲輪址
10_20191115235755790.jpg



11_20191115235759032.jpg



北曲輪址
12_20191115235755f24.jpg



旭ヶ丘神社
13_20191115235749f86.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2019/11/27(水) 00:00:39|
  2. 日本の城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浜松城公園の紅葉 (20191108)

天気が良かったので浜松城公園の紅葉を見に行ってきましたが、色付いていたのは一部のみで、まだ少し早いようでした。
例年、11月下旬から12月上旬頃が見頃のようです。
01_2019111023403819b.jpg



02_20191110234038a16.jpg



03_20191110234037355.jpg



04_20191110234036e1d.jpg



05_20191110234035b20.jpg



06_2019111023403300b.jpg



07_20191110234034a0c.jpg



08_20191110234029691.jpg



09_20191110234028360.jpg



10_201911102340313fb.jpg



11_201911102340236c5.jpg



12_201911102340214c4.jpg



13_2019111023402071a.jpg



14_20191110234020839.jpg



15_20191110234019395.jpg



16_20191110234022769.jpg



17_20191110234015568.jpg



18_20191110234014ffa.jpg



19_20191110234013253.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2019/11/26(火) 00:00:53|
  2. 日本の城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浜松城 (20191005)

浜松工場一般公開の帰りに浜松城に立ち寄りました。
01_2019101217492135e.jpg



浜松城公園内のモミジは・・・。
02_20191012174920f11.jpg



一部が色付いてきたようです。
03_20191012174921eb4.jpg



浜松城の石垣は、ほとんが戦国時代当時のもので、自然石を組み合わせた野面積み(のづらづみ)という工法で組まれていおり、見た目も粗々しい工法で、無骨な感じがする石垣ですが、数百年の風雪に耐えて現在に残っています。
04_20191012174920ffb.jpg



浜松城の天守門は天守曲輪の大手につくられた門で、安土桃山時代(16世紀末)に建てられ、江戸時代に改修が繰り返された後、1873年(明治6年)に取り壊されましたが、2009年度および2010年度の発掘調査で見つかった礎石や、19世紀の絵図などをもとに、2014年(平成26年)3月に復元されました。
05_2019101217491407e.jpg



高さ9.4m、幅11m、奥行き5mの巨大な櫓門で、門の上にある櫓には武器や食料を保管し、籠城戦になった際にはここから攻めて来る敵を弓矢や鉄砲で迎え撃てるようになっていました。
06_20191012174920042.jpg



浜松城の前身は15世紀頃に築城された曳馬城であり、築城時の城主は不明ですが、16世紀前半には今川氏支配下の飯尾氏が城主を務めていました。
07_20191012174917868.jpg



徳川家康が元亀元年(1570年)に曳馬城に入城し、浜松城へと改称。城域の拡張や改修を行い、城下町の形成を進めました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い以後、江戸時代を通じて徳川家譜代大名の居城となり、江戸時代の浜松城主は九家二十二代に引き継がれ、歴代の城主によって城域の改変・改修が進められました。
08_201910121749121c1.jpg



浜松城は明治維新後に廃城となり破壊され、城址は昭和25年(1950年)に「浜松城公園」となり、昭和33年(1958年)に鉄筋コンクリート製の復興天守が再建されました。昭和34年(1959年)には浜松市の史跡として指定されています。
09_20191012174908c5a.jpg



浜松城は歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」といわれています。
10_20191012174908b8c.jpg



11_20191012174910002.jpg



12_201910121749020bf.jpg



13_2019101217490446f.jpg



14_201910121749087be.jpg



15_20191012174859ccb.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2019/11/02(土) 00:00:30|
  2. 日本の城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷの旅 5回目-② 20190406

松本と言えば、シンボルとなっている国宝松本城は外せませんので、早速向かいました。
01_2019041217442471a.jpg



松本城に向かう大名町通りにあった歴史的建造物は、1937年(昭和12年)に日本勧業銀行松本支店として建てられたもので、現在はアルモニービアン(HARMONIE BIEN)という、ホテル併設型のウェディング施設になっています。(国の登録有形文化財)
02_20190412174422e96.jpg




松本市大手に鎮座する四柱神社(よはしらじんじゃ)には四つの神様(天之御中主神・•高皇産霊神・•神皇産霊神・天照大神)が鎮座されていて、地元では「神道(しんとう)」とも呼ばれ親しまれています。
04_20190412174420f1f.jpg



四柱神社には4人もの神様を祀っているので、商売繁盛、学業成就、家内安全、健康寿命、縁結びなどの全ての願いを叶えてくれるとされています。
05_201904121744180ab.jpg



四柱神社拝殿。
06_2019041217441739f.jpg



松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。
07_2019041217441518f.jpg



松本城と雪を被った北アルプスの山々。
08_20190412174414a5b.jpg



09_20190412174412c50.jpg



10_20190412174410133.jpg



お堀に映った逆さ松本城。
11_20190412174409275.jpg



12_2019041217440824b.jpg



13_2019041217440770c.jpg



14_20190412174406186.jpg



15_20190412174404109.jpg



16_2019041217440685c.jpg



17_201904121744035b1.jpg



国宝松本城天守(本丸庭園内)観覧料 - 松本市立博物館との共通券 大人=610円、小・中学生=300円
開場時間 - 通常=8:30~17:00 夏季(2019年8月10日(土)から8月18日(日)まで)=8:00~18:00
18_20190412174629319.jpg



19_20190412174628aed.jpg



本丸内側より。右から乾小天守、渡櫓、大天守、辰巳附櫓、その手前に月見櫓。
20_201904121746267c6.jpg



天守に続く長蛇の列です。待ち時間は40分ほど掛かるそうなので諦めました。
21_20190412174625d3d.jpg



松本城と桜
22_20190412174625287.jpg



中央のしだれ桜は、加藤清正が城見のために松本城を訪れた時に駒をつないだという話を伝える桜で、城内にあった老木が「駒つなぎの桜」「御殿桜」と呼ばれていたという伝承があり、昭和30年代後半から昭和40年代前半に、現在の位置に幼木が植えられました。
23_20190412174622668.jpg



24_20190412174623d36.jpg



25_20190412174619e36.jpg



26_201904121746196ab.jpg



松本城に向かう途中に「牛つなぎ石」なるものがありました。戦国時代、武田信玄の軍が塩不足に陥り、敵方の上杉軍が塩を送ってきたときに、塩を運んできた牛をつないだと言われる伝説の石です。明治以降には、富山からブリを運んだ牛や、新潟から送られる塩を運んだ牛をつないだとも伝わっています。
27_20190412174616512.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2019/04/28(日) 00:00:40|
  2. 日本の城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (33)
ぶらり撮影 (27)
観光・名所 (191)
東京散歩 (169)
東京タワー (46)
東京駅 (21)
東京スカイツリー (19)
小便小僧 (41)
イベント・祭り (145)
ポートレート (44)
釣り (40)
生き物 (164)
生き物(カメ) (10)
富士山 (56)
季節の花 (123)
棚田の風景 (33)
季節の風景 (53)
日本の城 (14)
マンホールの蓋 (24)
文化財 (63)
神社・仏閣&教会 (142)
遠州七不思議 (8)
グルメ (42)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (182)
鉄道:大井川鐵道 (917)
鉄道:遠州鉄道 (10)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (12)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (16)
鉄道:SLばんえつ物語号 (16)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (42)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (15)
鉄道:SL銀河 (26)
鉄道:SL大樹 (7)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (138)
鉄道:現役蒸気機関車 (101)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (118)
独り言 (17)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして