mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

小名浜の釣り

4月以来久しぶりの小名浜港に友人と二人で行ってきました。
DSC_0006_20170709233756145.jpg



夜明け前のAM3時頃から竿を出しましたが、この時期はワタリガニが網ですくえると聞いて、まずは堤防周りを見て回ると、一匹発見!しか~し、獲り逃してしまいました・・・残念。
DSC_0017_20170709233754a88.jpg



カニ掬いは成果なしでしたが、辺りが明るくなった4時過ぎに友人が待望のマコガレイを釣り上げました。
DSC_0018_2017070923375249a.jpg



DSC_0020_201707092337515dc.jpg



DSC_0028_20170709233749d51.jpg



その後、私にはチビアイナメが3匹ほど釣れましたが、その後は釣れる気配なし。
DSC_0035_201707092337483c7.jpg



夜通し車を走らせた疲れを癒すため、朝風呂に入ろうと、極楽湯に向かいました。
DSC_0038_2017070923374607e.jpg



「極楽湯」 入館料720円、8時の営業開始直後に入りましたが、すでに10人ほどが朝風呂を楽しんでいました。
DSC_0040_20170709233745f80.jpg



極楽湯で仮眠を取った後、釣り具店に立ち寄りワタリガニ情報を仕入れて海岸に向かいます。
DSC_0081_201707092337433a8.jpg



すでに数人の釣り人がカニ網を投げていたので、友人は試し釣りをしてみましたがダメでした。
DSC_0085_20170709233742489.jpg



再び小名浜港に戻り、物産センター「ららみゅう」で前回鯨肉を売っていた店に行きましたが、単価が倍になっていて、そのうえ割引もできないと言われてガッカリ・・・観光シーズンになったからかな~。
DSC_0099_20170709233740114.jpg



その代わり、ホヤを売っていたので話のネタに初挑戦。
DSC_0100_20170709233739aa0.jpg



初めてのホヤは独特の後味があり、私は二度と食べることはないでしょう・・・。
DSC_0102_20170709233738f22.jpg



夕まづめの時合をねらって、いつものアクアマリン裏で竿を出します。
DSC_0105_2017070923373665e.jpg



暗くなってチビアナゴを一匹追加するも、その後は相変わらずアタリはありません。
DSC_0109_20170709233734bc5.jpg



夜になって「小名浜マリンブリッジ」がライトアップされました。
DSC_0110_20170709233733537.jpg



4月に開通した「小名浜マリンブリッジ」は小名浜3号ふ頭と東港地区(人工島)を結ぶを結ぶ唯一の連絡橋で、当面は工事用車両のみの通行になるそうです。
DSC_0114_20170709233731fce.jpg



満月です。
DSC_0119_201707092337303b2.jpg



ライトアップされた「小名浜マリンブリッジ」は幻想的ですね~。
DSC_0121_2017070923372993a.jpg



DSC_0122_20170709233727466.jpg



釣り場の後ろは「アクアマリンふくしま」です。
DSC_0125_20170709234126ab1.jpg



アクアマリンふくしまのロゴマーク。
DSC_0135_201707092341251c7.jpg



DSC_0136_20170709234123dd8.jpg



アクアマリンパーク一帯は、ボードウォークやレンガ、自然石で舗装され、幅広いプロムナードが形成されています。
DSC_0137_201707092341225b6.jpg



桟橋に立っている不思議な筒は「Umi-Tsukushi(うみつくし)」と呼ばれるもので、桟橋の下の波の音を集音して、遊歩道の上から聞くことができる施設です。
DSC_0149_2017070923412084d.jpg



DSC_0156_20170709234119496.jpg



DSC_0159_2017070923411783b.jpg



DSC_0163_2017070923411683b.jpg



DSC_0164_2017070923411541e.jpg



私と友人の二人の釣果です。
DSC_0175_20170709234113b06.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/10(月) 00:00:51|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京湾のキス釣り

品川から釣り船が出ていると知って友人と二人で出かけてきました。
お世話になった三河屋さんは品川浦で屋形船や釣り船を営業している船宿です。
01_20170516211155f15.jpg



品川運河の最奥に位置する品川浦には数軒の船宿があります。
02_20170516211154a1e.jpg



大都会の運河を釣り船にゆられて東京湾に出ます。
03_201705162111526cb.jpg



高層ビル群と屋形船。
04_20170516211151963.jpg



運河に架かる橋をギリギリでくぐり抜けて行きます。
05_20170516211149761.jpg



東京湾に出ると大型のコンテナ船が行き交っていました。
06_20170516211148485.jpg



羽田空港沖では離陸する旅客機を眺めることができます。
07_201705162111464d1.jpg



真上を通過する旅客機もありました。
08_20170516211145947.jpg



09_20170516211143d1d.jpg



出港から約1時間ほどで対岸の千葉県側の釣り場に到着。
10_20170516211142b2a.jpg



すでに多くの釣り船が集まっていました。
11_2017051621114041c.jpg



この日の狙いはシロギスです。
12_20170516211139387.jpg



事前情報では最近の釣果はあまり良くない様子で、この日もポツリポツリと釣れる程度です。
13_201705162111377d6.jpg



釣り場を何度か移動してアクアラインの橋近くでも流しましたが、私はコツが掴めずアタリがあってもなかなか針掛かりしません。
14_201705162111364b3.jpg



その上、軽装で出かけたため、寒さでモチベーションは下がりっぱなしでした。
15_2017051621113438a.jpg



船上からはスカイツリーも眺めることができます。
16_2017051621113386b.jpg



午後2時に沖上がりして帰港しますが、相変わらず羽田空港を離発着する旅客機が飛び交っていました。
17_20170516211132c27.jpg



結局、私の釣果は左側のシロギス5匹のみ、友人の釣果は右側のシロギス5匹とイシモチです。この日の竿頭は34匹の釣果だったそうです。
18_20170516211130563.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/05/18(木) 00:00:57|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小名浜港のカレイ釣り(4/22)

最近、あまりパッとしない釣果が続いている小名浜港のカレイ釣りですが、そろそろ釣れるのでは・・・と、出かけてみました。
DSC_0001_20170426203043db8.jpg



今回もいつもの水族館裏のポイントで夜中から竿を出しましたが、釣れたのは友人にアナゴが二匹のみ。
DSC_0007_20170426203041daf.jpg



暇なので、いつもの場所に係留されている海上保安庁の「あぶくま」を見に行ったり。
DSC_0009_201704262030403df.jpg



ぶらぶらして時間をつぶしていましたが・・・。
DSC_0013_20170426203038bae.jpg



結局夜が明けても魚の反応はありませんでした。
DSC_0014_20170426203037497.jpg



夜が明けて、風もあまり吹いていなかったので友人おすすめポイントの通称「ぼっこ灯台」に移動しました。
DSC_0016_201704262030351c0.jpg



目の前には有料で磯渡しする沖堤防があり、なんとなく釣れる雰囲気が漂ってきました。
DSC_0023_20170426203034f95.jpg



堤防先端は意外に潮が通っていて、渦巻きができるほどです。
DSC_0027_201704262030322a6.jpg



このポイントには所々に根があってアイナメなどの根魚も釣れるそうです。
DSC_0028_20170426203031597.jpg



しかし、時間とともに風が強くなってきます。
DSC_0033_20170426203029d42.jpg



沖堤防もあまり釣れていない様子です。
DSC_0041_20170426203028d16.jpg



港内を行き来する船を眺めながらアタリをまっていましたが、二度の根掛かりで仕掛けや重りを失って戦意喪失状態になってしまいました。
DSC_0042_2017042620302627e.jpg



結局、釣れたのはこいつらだけ・・・色が違うのは雌雄の差でしょうか?
DSC_0046_20170426203025837.jpg






二度目の場所移動の合間に、いわき市観光物産館「いわき・ら・ら・ミュウ」を覗いてみました。
DSC_0048_20170426203023e6c.jpg



施設正面には海産物店が並び、中央の入口を入るとお土産品店やレストラン、観光案内所などがあります。
DSC_0049_201704262030229de.jpg



震災前は小名浜港で水揚げした新鮮な魚介類などが販売されていましたが、放射能が心配されるため現在は他県産の魚介類がメインで販売されています。
DSC_0050_20170426203020f85.jpg



一個500円の岩牡蠣を食べてみました・・・う~ん美味でした。
DSC_0051_2017042620301957e.jpg



こちらはミズダコです。
DSC_0053_20170426203017829.jpg



懐かしい鯨肉が販売されていたので帰りに購入しようと思っていましたが、閉店時間切れで断念・・・。
DSC_0055_201704262030168d2.jpg



北海道産のキンキも売られていました。
DSC_0057_2017042620301470c.jpg



DSC_0058_20170426203334406.jpg



40~50㎝のナメタガレイ3枚で3800円は、釣るより安いかも?
DSC_0059_20170426203347033.jpg



流し場では珍しい深海カレイを捌いていました。
DSC_0061_20170426203345471.jpg





午後からはいつもの中之作漁港で竿を出しました。
DSC_0066_20170426203344db0.jpg



周辺は震災後に高い防潮堤が造られて景観がガラリと変わったそうです。
DSC_0068_20170426203342769.jpg



海水浴場として整備された海岸もあります。
DSC_0069_2017042620334154c.jpg



小さな港には海藻が繁ってメバル釣りの絶好のポイントになっているそうです。
DSC_0070_201704262033392ed.jpg



日も傾いて薄暗くなった頃に友人と私に小カレイが一枚ずつ釣れてきました。
DSC_0074_201704262033386a6.jpg



その後、夜になって友人が執念で30㎝のマコガレイを釣り上げました。
DSC_0078_20170426203336c09.jpg



結局、一日粘って釣果らしい魚はこの一枚のみ・・・今回も厳しい釣りになりました。
DSC_0081_20170426203335519.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/05/06(土) 00:00:46|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小名浜のカレイ釣り

産卵を終えた戻りカレイを狙って小名浜に友人と二人で出かけました。
01_201703082245105cf.jpg



夜が明ける前から竿を出します。
02_20170308224508900.jpg



すると・・・。
03_20170308224507fd9.jpg



私に41㎝のマコガレイ・・・友人には一回り小降りなマコガレイがダブルで上がってきました。
04_20170308224505128.jpg



コレ!まだ暗いうちの釣果で、釣り人二人は車の中で就寝中・・・カレイ特有の上げたら付いていたパターンです。(笑)
05_20170308224504659.jpg



その後は、俄然やる気を出して釣りをしましたが、時すでに遅し・・・カレイのアタリはありません。
06_2017030822450269a.jpg



我々の釣り座は船着き場先端の右角です。
07_2017030822450186c.jpg



車横付けのベストポイントだと思っていたのですが・・・。
08_20170308224459f9c.jpg



後からやって来た地元のおっちゃんは船着き場先端中央辺りで同サイズを一人で4枚も上げていたのです。
09_20170308224458d14.jpg



釣果の差は場所なのか、腕なのかはわかりません・・・。
10_20170308224456872.jpg



日が昇ると、地元の釣り人がやってきます。
15_201703082244556ba.jpg



しかし、強い南風が吹き出して釣りをしているのも厳しい状況になってきました。
16_201703082244536a8.jpg



アタリが無いまま竿を上げると・・・ガレージ(シャコ)登場!
17_201703082244527cb.jpg



保安官バッチも釣れました。
19_2017030822445084d.jpg



昼まで粘りましたが、追加釣果は手の平カレイ一枚だけだったので釣り場を引き上げ腹ごなしに向かいます。
20_20170308224449224.jpg



午後の部はいつもの中之作漁港で日が沈むまで粘りましたが撃沈!でした。
21_2017030822444882e.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/03/10(金) 00:00:34|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小名浜のカレイ釣り

12月になり、カレイ釣りのシーズンを迎えたので、友人と小名浜に出かけました。
DSC_0008_20161209220031019.jpg



夜明け前に小名浜港の隣の中之作港で竿を出しアタリを待ちます。
DSC_0019_201612092200307a9.jpg



しかし、夜が明けるとチビフグの猛襲で5分とエサが持ちません。
DSC_0027_20161209232545ea7.jpg



私は早々と根負けして港周辺の散策に出かけました。
DSC_0034_201612092200272b6.jpg



DSC_0036_20161209220025821.jpg



中之作港は、カツオ一本釣り、サンマ棒受網、旋網(まさあみ)(いわし漁)等を主とする沖合漁業の基地として、地域産業の発展に大きく貢献してきました。特にカツオについては東北有数の水揚げを誇る港として知られていましたが、震災以降、原発の放射能漏れの影響を受けて福島沖で獲れた漁の販売は自粛しており魚市場も閑散としていました。
DSC_0038_201612092200243c4.jpg



港を一回りして釣り座に向かうと、友人たちの様子が今までと違います。
DSC_0040_20161209220022924.jpg



なんと!チビフグの猛攻撃をかわして40cmほどのカレイを釣り上げていたのです。
DSC_0041_2016120922002164f.jpg



抱卵しているようでお腹が膨れています。
DSC_0042_20161209220019a59.jpg



友人が釣り上げたカレイを見て俄然やる気を出したものの、相変わらずのチビフグの猛攻撃に30分も持たずに撃沈。
DSC_0043_201612092200186f5.jpg



再び、港周辺の散策に出かけると、中之作港の入口に龍ヶ崎八大龍王尊の碑が建っていました。
八大龍王は昔から雨乞いの神様として祀られ、日本各地に八大竜王に関しての神社や祠があるそうです。
DSC_0046_20161209220016b08.jpg



龍ヶ崎八大龍王尊の碑の横には「へそ石」なるものが置かれています。この「へそ石」ですが、以前は海岸の岩場で波の浸食を受けた奇石として知られていたもので、いつのまにか波に流され砂に埋もれ行方不明になっていましたが、2014年6月に震災後の護岸工事で発見されたそうです。
DSC_0047_201612092200154d2.jpg



「へそ石」の近くにはクロネコさんがお休み中で、人慣れしているのか近付いても逃げません。「へそ石」の守り猫かも?
DSC_0048_20161209220013c38.jpg



龍ヶ崎八大龍王尊の碑の前は砂浜になっています。
DSC_0052_20161209220012982.jpg



DSC_0053_201612092200106d9.jpg



港の北側の丘の上には諏訪神社がありました。
DSC_0056.jpg



何故か境内には古いポストが傾いたまま置かれています。
DSC_0058_20161209220008ff6.jpg



DSC_0060_20161209220006695.jpg



DSC_0062.jpg



神社からは港が見渡せます。震災時には避難場所になったのでしょうね。
DSC_0067_20161209220348c1d.jpg



DSC_0069_2016120922034650a.jpg



DSC_0071_20161209220345472.jpg



釣り座に戻ると友人がシロギスを釣り上げていました。
DSC_0087_2016120922034304a.jpg



DSC_0094.jpg



夜になってもカレイのアタリはありませんが、満天の星空が素晴らしく、三日月と金星の写真を撮影することができました!
DSC_0096.jpg



エサも残り少なくなった頃、やっと釣果と言える良型のアナゴが釣れました。
クーラーにはスーパーで購入したホンビノス貝が入っています。(笑)
DSC_0098_20161209220339a5f.jpg



最後に、友人がサメを釣り上げて納竿となりました。
DSC_0100.jpg



エサ取りのチビフグがいなくなった頃にまたリベンジしたいですね。
DSC_0101_20161209220336673.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2016/12/15(木) 00:00:03|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (30)
東京一人生活 (28)
ぶらり撮影 (30)
観光・名所 (207)
イベント・祭り (97)
ポートレート (34)
釣り (37)
生き物 (147)
季節の花 (93)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (57)
神社・仏閣&教会 (112)
遠州七不思議 (8)
グルメ (40)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (145)
鉄道:大井川鐵道 (822)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (14)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (24)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (93)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (88)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして