FC2ブログ

エアパーク 「航空自衛隊 浜松広報館」 (20200131)

久しぶりにエアパーク 「航空自衛隊 浜松広報館」に行ってきました。
駐車場の前にはF-86F (02-7966) - ブルーインパルス仕様機が飛行形態で展示されています。
01_20200210125303624.jpg



航空自衛隊浜松広報館は航空自衛隊を国民に理解してもらうために造られた施設です。戦闘機や装備品の展示をはじめ、シミュレータや全天周映像シアターも設置されています。
02_20200210125302a4d.jpg



カーチス C-46 コマンドー (91-1138)
アメリカのカーチス・ライト社が製造した輸送機で史上最大のピストンエンジン双発機で、第二次世界大戦では3,000機以上が生産されて、DC-3の軍用型C-47と共にアメリカ軍の輸送機の主力となりました。日本では1954年にC-46Dが航空自衛隊へ36機供与され、愛称「天馬」「空のデゴイチ」と呼ばれ重宝されました。
03_2020021012530365a.jpg



<H-21 ワークホース/ショーニー<>
1940年代にアメリカ合衆国のパイアセッキ・ヘリコプター社(後のボーイング・バートル社)で開発された4番目のタンデムローター式ヘリコプターで、一般的に「空飛ぶバナナ(flying banana)」とも呼ばれる本機は、車輪、スキー、フロートを取り付けられる多用途ヘリコプターでした。H-21は低温の環境下でも良好な性能を発揮し、北極圏などでの救難活動にも使用されました。
04_20200210125302382.jpg



受付(展示資料室入口) 入場は無料です。
05_20200210125302d3c.jpg



F-2支援戦闘機の実物大モックアップ(模型)
06_202002101253025da.jpg



F-1は、日本の三菱重工業が開発した第3世代ジェット戦闘機。
07_20200210125302688.jpg



対空機関砲VADS
08_20200210125302b8e.jpg



展示格納庫には、航空自衛隊が使用した航空機を中心に展示(19機)しており、一部の航空機は操縦席への着座も出来ます。この中で目を引くのは、零式艦上戦闘機『五十二型』43-188号機[旧三菱]で、1963年グアム島で発見後、1964年米軍C-130輸送機で空輸(グアム→岐阜基地→三菱・大江工場)以後全国各地で展示、1967年~浜松基地にて保管、1999年~浜松広報館にて展示されています。
09_20200210125301057.jpg



10_20200210125258771.jpg



F-1支援戦闘機[三菱重工]
F-1は、T-2高等練習機を単座化し、全天候攻撃・航法システムを追加した戦闘機で、1号機は1977年6月16日に初飛行しました。
1977年9月6日~87年までに77機が導入。
11_202002101252576e2.jpg



F-104J戦闘機[ロッキード]
F-104Jは、F-86Dの後継機として導入されました。1~3号機は、ロッキード社で生産、4~20号機は、国内で再組立てのノックダウン生産、21号機以降は、三菱重工中心によるライセンス生産、1962年~67年までに210機が導入。※練習機型も20機導入されました
12_20200210125256a25.jpg



F-86D戦闘機[ノースアメリカン]
航空自衛隊で初の全天候戦闘機でF-104の配備により用途廃止。1958年~68年までに122機配備(米軍からの供与)ライセンス生産はされなかった。
13_202002101252566fd.jpg



F-86F戦闘機[ノースアメリカン]
F-86Fは米空軍初の後退翼戦闘機で、元となったXP-86は、1947年10月1日に初飛行。航空自衛隊には1955年~57年までに、180機配備(米軍からの供与)1956年~61年までに、300機導入(三菱重工によるライセンス生産)※展示機はブルーインパルス仕様
14_202002101252545a4.jpg



T-2高等練習機[三菱重工]
T-2は国産初の超音速高等練習機として、1967年に開発が開始されました。試作機が1971年7月20に初飛行しています。T-2には、戦闘操縦基礎課程に用いられた前期型と、機関砲等を装備し戦闘操縦課程に用いられた後期型とがあります。1975年3月26日~98年3月7日までに96機が導入。※展示機はブルーインパルス仕様
15_20200210125252c42.jpg



H-19C救難ヘリコプター
アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が製造した、シコルスキー S-55貨物ヘリコプターを、三菱重工業がライセンス生産した改良型。現在jは所沢航空発祥記念館に屋内展示されている陸上自衛隊H-19と、浜松広報館の2機のみが保存されています。
16_20200210125258c9d.jpg



T-33A練習機[ロッキード]
米国のP-80戦闘機を練習機に改造された機体です。航空自衛隊には、米軍からの供与により68機配備(1950年~)川崎重工によるライセンス生産で、210機生産(1956年~)中等練習機として使用された。後継機はT-4。
17_202002101252432d7.jpg



アンサルドSVA9複葉機
18_20200210125239573.jpg



V-107救難ヘリコプター[ボーイング・バートル]
輸入:ボーイング・バートル、国産:川崎重工1966年~陸上自衛隊で採用(国産機)1967年~航空自衛隊で採用(国産機)S-62の後継として救難機として使用された。後継機はUH-60J。
19_202002101300478d3.jpg



後方から機内を見ることができます。
20_20200210130046df8.jpg



T-1A練習機[富士重工]
T-6練習機の後継機として、配備された国産ジェット練習機。輸入エンジンでの初飛行は、1958年1月国産エンジンでの初飛行は、1960年5月、主に13飛行教育団において、ジェット練習機として使用された。後継機はT-4。
21_20200210130047764.jpg



T-6練習機[ノースアメリカン]
T-6は、米軍より180機供与された。航空自衛隊には飛行教育を主に使用されたが、捜索救助用としても使用された。T-34(メンター)などの配備により、用途廃止(米軍への返還など)
22_20200210130047770.jpg



デ・ハビランド バンパイアT.55[デ・ハビランド社]
イギリスの航空機メーカーデ・ハビランド社が開発し世界各国で使用されたジェット戦闘機で、 浜松広報館のT.55は輸出向け練習機型仕様機です。
23_20200210130046083.jpg



T-28 トロージャン[ノースアメリカン]
アメリカ軍で使用されたノースアメリカン社製のレシプロエンジン式初等練習機。
24_20200210130046b31.jpg



B-65多用途機[富士重工]
民間名はクィーン・エアで、ビジネス機として使用されていた。米軍呼称はU-8。1969年~70年に海上自衛隊で使用。1980年に航空自衛隊へ移管、1999年まで使用された。後継機はU-4。
25_202002101300436dc.jpg




ビーチクラフト T-34A
第二次世界大戦後にアメリカ合衆国の航空機メーカー、ビーチエアクラフト社が開発した単発レシプロ練習機で、世界20ヶ国以上に採用されました。
26_20200210130043484.jpg



27_2020021013003728e.jpg



F-104 戦闘機
ロッキード社が開発した超音速ジェット戦闘機。愛称はスターファイター 。
28_20200210130022374.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-2020イルミネーション@フルーツパーク (20200105)

はままつフルーツパーク時之栖で開催される毎年恒例のイルミネーションイベントに行ってきました。
2019年11月9日(土)~2020年2月16日(日) ※1月13日以降は金・土・日曜日、祝日の限定開催。
入園+噴水ショーのセット券1,200円
01_20200111114401693.jpg



園内にフルーツをイメージした300万球のLEDを装飾し、色とりどりのイルミネーションが園内を彩ります。
02_20200111114400c18.jpg



03_20200111114358384.jpg



04_20200111114357fb4.jpg



05_2020011111435561c.jpg



ブドウをモチーフにしたイルミネーション
06_202001111143555bb.jpg



全長約150mの光のトンネル。
07_20200111114353a5e.jpg



08_20200111114353c9e.jpg



09_2020011111435022d.jpg



光の階段
10_20200111114350cbf.jpg



高さ15mのくすのきが装飾された「イルミネーションツリー」。
11_2020011111434862c.jpg



12_20200111114348d0d.jpg



13_20200111114346e01.jpg



14_20200111114345513.jpg


DINOSAUR ZONE (恐竜ゾーン)
15_20200111114344f59.jpg



ステゴザウルス
16_20200111114342033.jpg



ティラノザウルス
17_20200111114341d43.jpg



スピノサウルス
18_202001111143395a7.jpg



トリケラトプス
19_20200111114338cfa.jpg



ブラキオサウルス
20_202001111143349ac.jpg



21_20200111114624c78.jpg



噴水とイルミネーションがコラボした日本最大級の噴水ショー「噴水イルミネーション」
上映は17:30から20:30までの間に、30分おき、7公演が行われ、1回の上映時間は約10分。
22_20200111114624983.jpg



23_2020011111462365f.jpg



24_20200111114619984.jpg



25_202001111146181ef.jpg



インスタ映えスポットby東洋ガス
26_202001111146208b1.jpg



約40の企業と団体がアイディア、技術を駆使して作った参加型イルミネーション「イルミュージアム」も開催されています。
27_20200111114617976.jpg



天浜線のイルミネーション
28_20200111114618f45.jpg



花の舞酒造のイルミネーション
29_20200111114618f55.jpg



30_202001111146119e3.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

大垣散策と国産牛&ズワイガニほか8大食べ放題

12月22日に食べ放題バスツアーに参加してきました。
01_20191223234459c2d.jpg



7時半に浜松を出発して2時間ほどで木曽川を渡り岐阜県に入ります。
02_201912232344578d6.jpg



最初の訪問地は岐阜県不破郡垂井町にある南宮大社(なんぐうたいしゃ)です。

楼門(重要文化財)
03_20191223234456b8d.jpg



南宮大社は、鉱山を司どる神である金山彦命を祭神としており、全国の鉱山・金属業の総本宮として古くから信仰を集めています。境内には江戸時代の遺構18棟が残っており、国の重要文化財に指定されています。

高舞殿(重要文化財)
04_20191223234455650.jpg



拝殿(重要文化財)
05_20191223234454f6b.jpg



06_201912232344539c8.jpg



瓦塚(社殿の古瓦を集めた塚)
07_20191223234452e79.jpg



南宮大社で1時間ほど参拝および散策を済ませた後、関が原町の「花i伊吹」に移動して、ちょっと早い(11時)昼食です。
08_20191223234450655.jpg



よもぎちゃんがお出迎え!
近くの伊吹山は古来から薬草の宝庫として知られ、平安時代には宮中に献上され、百人一首にも伊吹山のよもぎが詠まれています。
09_2019122323444975b.jpg



テーブルには、近江牛のすき焼きと、よもぎ蕎麦がセットされ、60分食べ放題のスタートです。
10_2019122323444656f.jpg



①近江牛おこわのローストビーフ寿司
②カニ雑炊
11_201912232344482b6.jpg



③蟹コロッケ
12_2019122323444717c.jpg



④蟹と近江牛の餡かけバリそば
13_20191223234443fa5.jpg



⑤近江牛と蟹の餡かけチャーハン
⑥冬のかまくら近江牛カレー
14_20191223234440933.jpg



⑦紅ズワイガニ足
⑧本ズワイガニ足
15_20191223234445377.jpg



⑨すき焼き用、熟成牛肉&岐阜県産ひのき牛肉
16_20191223234441a3b.jpg



⑩近江牛&近江豚の日替わり料理
以上の10品が並んでいましたが、この日の目的はカニだったので、カニに集中しました。しかし、紅ズワイガニは長期冷凍保存でパサパサ、本ズワイガニは長期塩蔵のため塩辛くて、残念ながら多くは食べられませんでした。やはり旬のものは産地で味わうのがイチバンですね。
17_20191223234439721.jpg



食事をした「花伊吹」の向かいには、関ケ原合戦を再現したテーマパーク型資料館の「関が原ウォーランド」があります。館内には等身大武将像で関ケ原合戦が史実にもとづき再現されており、レンタル甲冑を着て、園内で自由に撮影が楽しめるようです。
18_2019122323443541c.jpg



食後は大垣市内に移動して「奥の細道むすびの地記念館」に入りました。
19_2019122323443653d.jpg



徳川幕府が繁栄を極めた元禄時代に、俳人・松尾芭蕉は江戸深川を旅立ち、約5か月をかけて全行程約2400キロメートルを旅し、ここ大垣市で「奥の細道」紀行を終えました。
20_20191223234432a45.jpg



芭蕉は、元禄2年(1689)3月27日に、弟子の曽良とともに江戸を出発し、東北・北陸地方を巡り、8月21日に大垣で、『奥の細道』の旅を終えました。ときに芭蕉46歳。距離にしておよそ2400キロ、150日あまりにおよぶ生涯で最大の旅でした。
21_20191223234718f47.jpg



隣接する「先賢館」には、かの有名な「解体新書」も展示されていました。
22_20191223234718154.jpg



ロビーには、アニメ「聲の形」のパネルが展示されています。
「聲の形」の舞台となる地名は架空のものが用いられていますが、作中に描かれる風景は主に大垣市がモデルとなっています。
23_20191223234717c80.jpg



大垣市は、国内有数の地下水の自噴帯に位置していて、良質で豊富な地下水に恵まれていることから「水都」と呼ばれています。
24_201912232347171e8.jpg



住吉灯台
江戸時代、大垣城下の水門川にある船町港は、水門川から揖斐川を経て、桑名宿へ至る重要な川湊であったため、元禄年間(1688年~1704年)、船町港に住吉燈台が建設されました。高さ約8m。寄棟造の木造の燈台は、1887年(明治20年)、再建され、1968年(昭和43年)には、岐阜県の史跡に指定されています。
25_20191223234714f70.jpg



26_20191223234712330.jpg



27_201912232347097d9.jpg



大垣市から岐阜市に移動して、最後の立ち寄り地の「金神社(こがねじんじゃ)」で参拝。
28_2019122323470703a.jpg



「金神社」は、その名のとおり、古くから金運、財運に利益があるとされ、2015年(平成27年)の鳥居の塗り替え工事では当初の焦げ茶色から金色に塗り替えられました。
29_2019122323470520a.jpg



これで、本日のツアーが終了して帰る予定でしたが事件が発生!
集合時間になっても戻ってこない参加者が・・・どうやら迷子になった様子で、バスガイドさんが電話をして迎えに行くことに・・・。
結局、40分ほどのロスタイムで、帰途につきました。
30_20191223234703a56.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

蓬莱橋 (20191209)

蓬萊橋は牧之原台地の開墾のため、明治12(1879)年に架けられた農業用の橋です。橋ができる前は大井川を小舟で渡らなければならず、 行き来するのに危険を伴っていました。
1869年(明治2年)7月、最後の将軍徳川慶喜を護衛してきた幕臣たちが大井川右岸、初倉にある牧之原を開拓し、お茶を作り始めました。そこで、島田宿の開墾人総代達は、時の静岡県令(現在の知事)に橋をかける願いを出し、これが許可され、1879年(明治12年)1月13日に蓬莱橋が完成しました。
01_20191213182200ce9.jpg



蓬萊橋は木橋のため、大井川の増水のたびに被害を受けてきたため、1965年(昭和40年)4月にコンクリートの橋脚に変え、今日の姿となっています。
02_201912131821591e8.jpg



全長897.4メートル、通行幅2.4メートルの木造歩道橋の蓬莱橋は、現在も農道として利用されており、貴重な歴史的土地改良施設として県内外から多数の観光客が訪れています。国内でも数少ない賃取橋(ちんとりばし)として有名で、平成9年12月30日には「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてイギリスのギネス社に認定されました。
03_20191213182158273.jpg



長い木=長生きの橋、全長897.4(やくなし=厄無し」の語呂合わせで縁起のいい橋として知られています。
04_20191213182159765.jpg



05_20191213182157165.jpg



06_20191213182154422.jpg



07_20191213182154892.jpg



08_20191213182153818.jpg



09_201912131821491f1.jpg



ギネス認定の記念碑
10_201912131821494ca.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。

新豊根ダム (20191116)

佐久間ダム湖上流に進むと漆島川を渡り、県道426号線を左折して豊根村方面に向かいます。
1_20191123011338a73.jpg



渓流沿いも紅葉が始まっていました。
2_20191123011338112.jpg



3_2019112301133639a.jpg



4_20191123011336302.jpg



5_20191123011332ce8.jpg



途中、古真立川に沿って県道429号線を左折して新豊根ダムに向かいました。
6_20191123011333076.jpg



新豊根ダム湖(みどり湖)
7_201911230113311a6.jpg



イチョウがキレイです。
8_20191123011329751.jpg



9_20191123011329824.jpg



村社 熊野神社 
昭和47年3月、新豊根ダム建設による水没により今の社地に遷し社殿を新築。
10_201911230113264e2.jpg



11_20191123011326574.jpg



新豊根ダムに着きました。
12_201911230113237b3.jpg



新豊根ダムは愛知県北設楽郡豊根村の一級河川の天竜川水系大入川に建設されたダムで、 国土交通省中部地方整備局と電源開発が共同して管理を行う多目的ダムで、高さ116.5メートルのアーチ式コンクリートダムです。
13_20191123011319371.jpg



ダム地点の基礎岩盤が堅固な花崗岩であることからコンクリート量を節減することで経済性に優れたアーチ式コンクリートダムとしたそうです。
14_201911230113222c3.jpg



15_20191123011318611.jpg



新豊根ダムでは事務所前にダムカードが置いてあり、自由に持ち帰りできました。
P1060037.jpg




ご覧いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
リンク
検索フォーム