mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

京急 北品川

品川と北品川駅の間にある品川第一(八ツ山橋)踏切は、1日に上下700本以上の列車が走り抜けるため、“開かずの踏切”となっています。
DSC_0314_20170517223234cc0.jpg



すでに北品川駅の隣りの新馬場駅まで高架になっているため、この高架を延伸させ、八ツ山橋を越える形に変更することが検討されているそうです。
DSC_0320_20170517223233f90.jpg



また、この踏切付近の線路はS字のカーブとなっており、通過に際しては低速運転を余儀なくされているため、同時にこのカーブを解消して時間短縮も可能になります。
DSC_0322.jpg



東海道線の上に架かる京浜急行のトラス橋は、昭和8年(1933)に北品川と高輪(現:品川)の間が専用軌道化された時に建造された長さ48mのワーレントラス橋です。 当鉄橋ができるまでは、京浜急行は八ツ山橋上に軌道を敷き、現在の品川駅前まで営業していました。
DSC_0330_2017051722323019a.jpg



DSC_0331_201705172232284f5.jpg



DSC_0335_201705172232279d5.jpg



踏切側から鉄橋を見ると、鉄橋内の線路が蛇のようにうねっていて撮り鉄たちの姿を多く見かける場所です。
DSC_0343.jpg



DSC_0361.jpg



DSC_0366_201705172232232f0.jpg



DSC_0377_20170517223221040.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/19(金) 00:00:29|
  2. 鉄道:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベランダから京急

京急横浜駅のホームの自販機は京急車両の1000形電車です。
01_20170411232834256.jpg


自宅ベランダから撮影した京急本線の車両です。

京急ブルースカイトレイン600形
02_20170411232832d03.jpg



都営5300形
03_20170411232831f7f.jpg



京急新1000形(ステンレス車両)
04_2017041123282974a.jpg



京急ブルースカイトレイン600形
05_20170411232828d6d.jpg



京急800形
06_20170411232826b1b.jpg



京急新1000形(ステンレス車両)
07_201704112328257e3.jpg



京急ブルースカイトレイン2100形
08_201704112328239e6.jpg



北総9100形
09_20170411232822107.jpg



京急800形
10_201704112328201c3.jpg



京急ブルースカイトレイン600形
11_20170411232819c65.jpg



都営5300形
12_20170411232817202.jpg



京急新1000形(ステンレス車両)
13_201704112328163b3.jpg



京急ブルースカイトレイン2100形
14_2017041123281489c.jpg



北総7500形
15_201704112328132e2.jpg



京急2100形
16_20170411232811455.jpg



京急600形
17_201704112328101da.jpg



京急イエローハッピートレイン新1000形
18_20170411232809b29.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/04/15(土) 00:00:01|
  2. 鉄道:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光東照宮に行ってきた!Ⅸ

日光東照宮の参拝を終えて日光駅に戻るとホームに見慣れない車両が停まっていました。
01_20170409212459fe3.jpg



早速、ホームに出てみると、2017年5月1日から運行開始予定の周遊型臨時寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」でした。
02_201704092124572bd.jpg



そういえば、日光線で試運転をしているとNETで見たことがありました。
03_2017040921245677c.jpg



列車名の『四季島』は、「日本の古い国名『しきしま』をもとに、美しい四季と伝統を感じながらの旅を連想させ、時間と空間の移り変わりを楽しむ列車であるという想いを込めて」命名されました。
04_20170409212455d9b.jpg



四季島の使用車両は電動機による動力分散方式の10両編成で、動力方式は架線集電(2・3号車と8・9号車にパンタグラフを装備)により駆動する電車の機能と、ディーゼル発電機(1・10号車に搭載)により発電した電力で駆動するディーゼル・エレクトリック方式気動車の機能を併せ持つ新システムを採用しており、電化区間と非電化区間の両方で走行可能になっています。
05_201704092124531c1.jpg



06_20170409212451fc3.jpg



形式は「E001形」とされ、車両の製造は川崎重工業が7両、総合車両製作所(J-TREC)が3両を担当し、前者がアルミ合金製、後者はステンレス鋼製になっています。
07_201704092124504b5.jpg



定員は17組34人で客室は全てスイートタイプです。東京・上野駅を出発し、1~3泊かけて日光や東北、北海道などを周遊します。値段はコースや部屋の利用方法により異なるが、1人当たり32万~115万5000円に設定されています。
08_201704092124486cd.jpg



宇都宮に折り返す日光線の列車が到着しました。
09_20170409212447688.jpg



日光線の列車の先に「TRAIN SUITE 四季島」のラウンジカーE001-5が停車していました。
10_20170409212445d5d.jpg



樹木のような採光窓が特徴のラウンジカーはバーを併設し、カクテルを片手にソファでくつろぐことができます。
11_20170409212444820.jpg



12_201704092124426be.jpg



2013年から日光線で使用されているのは205系電車です。
13_20170409212441f53.jpg



205系電車の車内。
14_2017040921244094f.jpg

日光15:20⇒宇都宮16:02 日光線


宇都宮駅に到着した日光線用車両の205系電車です。
15_201704092124382fd.jpg

宇都宮16:36⇒上野18:13 快速ラビット
上野18:20⇒品川18:36 東京上野ライン



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/04/14(金) 00:00:07|
  2. 鉄道:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京モノレール

東京モノレール株式会社は、東京都内で東京国際空港(羽田空港)アクセスモノレール路線「東京モノレール羽田空港線」を経営する鉄道会社で、東日本旅客鉄道(JR東日本)の経営権下にあり、JR東日本グループの一員でもあります。
2000系
DSC_0006_20170326185416e10.jpg



以前は日立グループの会社でしたが、2002年(平成14年)にそれまで日立物流が保有していた株式の70%がJR東日本に、30%が日立製作所に譲渡され、それ以降はJR東日本が同社の親会社となっています。
1000系
DSC_0007_20170326185415576.jpg



東京モノレールは、都心と東京国際空港(羽田空港)を結ぶ公共交通機関として、1964年(昭和39年)10月10日の東京オリンピック開会23日前の9月17日に開業しました。
2000系
DSC_0013.jpg



開業当時は浜松町 - 羽田間の途中駅はなく15分で終点に到着しました。京浜急行電鉄の鉄道や京浜急行バス、東京空港交通の乗合バスなどと極めて激しい競合関係にあります。
1000系
DSC_0037_2017032618541234a.jpg



日立グループとの係わりが強い東京モノレールでは、すべての車両が日立製作所製となっています。
2000形新塗装車
DSC_0048_20170326185410272.jpg



現用車両は、1000系・2000系・10000系の3形式が運用されており、2014年度より導入された新型車両の10000形電車は、経年20年を超過し老朽化が進行した1000形を順次代替する予定です。
10000形
DSC_0057_201703261854094e2.jpg



2000系
DSC_0072_20170326185408cba.jpg



2000形
DSC_0079_2017032618540674c.jpg



10000形
DSC_0084_2017032618540486b.jpg



1000形
DSC_0113_201703261854034a7.jpg



10000形
DSC_0131_201703261854017bc.jpg



2000系
DSC_0145_20170326185359773.jpg



10000形
DSC_0154_2017032618535810b.jpg



2000形新塗装車
DSC_0157_20170326185356614.jpg



1000形
DSC_0166_20170326185355c24.jpg



1000形
DSC_0168_201703261853540c3.jpg



2000形新塗装車
DSC_0174_20170326185352a42.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/04/01(土) 00:00:11|
  2. 鉄道:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上信電鉄

富岡製糸場には高崎から上信電鉄を利用して行ってきました。
01_20170326071312898.jpg



馬庭駅で交換した1000系電車は、1976年に導入した、上信電鉄の自社発注オリジナル車両です。
DSC_0009_20170326071309fbd.jpg



この日上州富岡まで乗車した7000形電車は、2013年に運行を開始した約31年ぶりの自社発注の新製車両でした。
DSC_0012_20170326071307ee2.jpg



7000形電車の車内。
02_20170326071310add.jpg



上州富岡駅で交換した150形電車第1編成(クモハ151-クモハ152)は、西武鉄道から1992年に譲渡された車両で、前面は国鉄101系電車に影響された切妻3枚連続窓になっています。
DSC_0018_20170326071306e8b.jpg



上州富岡駅は、島式ホームおよび単式ホーム2面3線の地上駅で、駅構内にはインフォメーションスペースが設置されており、富岡製糸場を含めたまちの観光案内などが掲示されています。
DSC_0021_20170326071304dd9.jpg



高崎行きの上り列車がやってきました。
DSC_0249_2017032607130361f.jpg



この150形第3編成(クモハ155-クモハ156)は、1966年3月西武所沢車両工場製で、1996年に西武鉄道から譲渡された車両です。
DSC_0252_201703260713016b5.jpg



この電車に乗って高崎に戻りました。
DSC_0254.jpg

上州富岡11:38⇒高崎12:08 上信電鉄

DSC_0255_20170326071258680.jpg



この広告を見て、一瞬、プロレスラーの大仁田厚が病院を経営しているのかと思いました。(笑)
DSC_0256.jpg



上信電鉄には、鉄道むすめ「富岡しるく」がキャラクターとして設定されています。
DSC_0259_201703260712550a0.jpg



高崎駅にはED316電気機関車がナンバーを外されてペンキ書きで留置されています。
DSC_0264_2017032607125499b.jpg



ED316電気機関車は1955年(昭和30年)に廃車となった日本国有鉄道のED31形6号機(元伊那電気鉄道デキ1形電気機関車6号機)を譲受して、自社工場で車体・機器の改造を行った後、車両番号はそのままにED316として導入しました。入線前は運転室部分の前後にボンネットを持つ凸型の車体でしたが、入線時に自社工場において元の車体や台枠を活用しつつ、ほぼ同寸法で右側運転台のデッキ付き箱型車体に改造されました。
DSC_0265_20170326071252c5e.jpg



高崎駅にはデキ1形電気機関車の2両も留置されていました。このデキは1924年(大正13年)、上信線が改軌・電化した際に、3両(デキ1・デキ2・デキ3)をドイツのシーメンスシュケルト社から購入した、小型の凸型機関車です。
DSC_0266.jpg


1994年(平成6年)9月23日の貨物輸送廃止に伴いデキ2が廃車されました。デキ1とデキ3は貨物輸送廃止後も車籍を有していますが、定期運用はなく、工事列車や臨時列車などに使用されています。
DSC_0268_201703260712498cf.jpg



デキ3の側面に取り付けられている製造銘板にはシーメンス社のシリアルナンバーが記載されています。
DSC_0270_20170326071248c8e.jpg



DSC_0271_20170326071246947.jpg



デキ1と3ではボンネット側面の点検扉の有無の違いがあります。
DSC_0273_20170326071245f1c.jpg



デキの隣には1981年に新潟鐵工所で製造された自社発注オリジナル車両の6000系電車が留置されていました。
DSC_0275_2017032607124430a.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/03/30(木) 00:00:38|
  2. 鉄道:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (29)
東京一人生活 (28)
ぶらり撮影 (26)
観光・名所 (191)
イベント・祭り (93)
ポートレート (33)
釣り (36)
生き物 (144)
季節の花 (91)
富士山 (56)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (52)
神社・仏閣&教会 (112)
遠州七不思議 (8)
グルメ (39)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (141)
鉄道:大井川鐵道 (809)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (10)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (10)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (17)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (6)
鉄道:SLイベント列車 (8)
鉄道:保存機関車 (93)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (74)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして