mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

川越熊野神社

「おくまんさま」と呼ばれ親しまれている川越熊野神社は、開運・縁結びの神さまとされ、その歴史は天正18年(1590/安土桃山時代)に、この川越熊野神社の道を挟んで反対側にある蓮馨寺の二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まったそうです。 元々、蓮馨寺の一部でしたが神仏分離により、川越熊野神社となり今に至りました。
01_2018052712071843b.jpg



02_20180527120717a95.jpg



03_20180527120715a2e.jpg



04_20180527120714307.jpg



境内中央におみくじコーナーがありました。
05_201805271207127ca.jpg



英語や子供用など多種多様のおみくじがあります。
06_20180527120711839.jpg



平成19年6月17日の厳島神社例祭日に合わせて再興した川越銭洗弁戝天。
07_2018052712071006c.jpg



宝池で金銭を洗い清めると同時に心身を清めて行いを慎めば、不浄の塵垢が消えて清浄の福銭になるそうです。
08_20180527120708d3d.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/04(月) 00:00:52|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川越氷川神社

川越氷川神社は今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えれらています。室町時代の長禄元(1457)年、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来、城下の守護神・藩領の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されました。 江戸時代に入ってのちも歴代の川越藩主より社殿の造営や特別の計らいを受けました。現在の本殿には緻密な彫刻が施されており、県の重要文化財となっています。 また、昔より縁結びの神様としての信仰を集めています。
01_2018052712045349e.jpg



02_20180527120452b18.jpg



03_20180527120450d01.jpg



IMG_0067_20180527120449bc9.jpg



IMG_0069_2018052712044738e.jpg



IMG_0070_20180527120446fd9.jpg



IMG_0074_2018052712044449c.jpg



IMG_0075_20180527120443440.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2018/06/03(日) 00:00:14|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川越八幡宮

川越八幡宮は後一条天皇の時代の長元3年(1030年)に甲斐守源頼信によって創祀されたと伝わる神社で、小江戸川越の守護神として親しまれ、境内には、縁結びの夫婦イチョウや足腰健康の神様で知られる民部稲荷神社など見どころが多い。祭りやこども相撲大会など、一年を通じてさまざまな催しが行われています。
IMG_0003_20180527120225939.jpg



IMG_0004_20180527120223a83.jpg



IMG_0005_20180527120222dcd.jpg



IMG_0006_20180527120220640.jpg



IMG_0007_20180527120219ba9.jpg



IMG_0008_20180527120217c3c.jpg



IMG_0010_20180527120216fd0.jpg



IMG_0011_20180527120214abd.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2018/06/02(土) 00:00:50|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亀戸天神社

藤まつりが開催されている亀戸天神社に出かけてきました。
01_20180429214351509.jpg



亀戸天神社は、菅原道真を祀り、学問の神として親しまれ、特に1・2月の受験シーズンの土曜・日曜には、道真の加護を求めて絵馬を奉納する受験生で境内が溢れます。通称は亀戸天神、亀戸天満宮または東宰府天満宮。
02_2018042921435036e.jpg



境内からスカイツリーが望めて、ロケーションは良かったのですが・・・。
03_201804292143484ba.jpg



肝心の藤の花はほとんど散っていました。
04_20180429214347e88.jpg



萎れた藤花は絵になりません。
05_201804292143458e3.jpg



太鼓橋 男橋
大鳥居をくぐると心字池があり、3つの橋が架けられ、九州太宰府天満宮の境内にならって造られています。
07_20180429214245248.jpg



琴柱灯籠 (名前は琴の弦を支える琴柱の形に似ていることに由来しています)
08_20180429214244b64.jpg



太鼓橋 女橋
池と橋を人の一生に見立てた「三世一念の理」では、最初の太鼓橋(男橋)は生きてきた過去を、次の平橋は今が見える現在を、次の太鼓橋(女橋)は希望の未来をあらわすそうです。
09_20180429214242af1.jpg



心字池には亀がうじゃうじゃいます・・・。
10_201804292142416d1.jpg



亀戸天神だから亀を願かけ奉納しているのでしょうか・・・。
11_20180429214239ee5.jpg



こちらにはアオサギも佇んでいます。
12_201804292142381a3.jpg



<御神牛>
体の悪いところをなでると、痛みが治ると言われています。また頭をなでると、頭が良くなると言われているそうです。
13_20180429214236df2.jpg



本殿
14_20180429214235ed8.jpg



本殿とスカイツリー
15_20180429214233d6f.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2018/05/07(月) 00:00:04|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

増上寺

「東京の中心で仏の名を呼ぶ」・・・なんのこっちゃ!ドラマの影響受け過ぎのようです。
01_201804282307572f3.jpg



02_20180428230756115.jpg



03_20180428230754412.jpg



04_20180428230753f99.jpg



鯉のぼりは気持ち良さそうに泳いでいました。
05_20180428230752f69.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2018/05/04(金) 00:00:07|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (35)
東京一人生活 (49)
ぶらり撮影 (45)
観光・名所 (275)
イベント・祭り (121)
ポートレート (35)
釣り (39)
生き物 (150)
富士山 (56)
季節の花 (104)
季節の風景 (4)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (6)
文化財 (59)
神社・仏閣&教会 (125)
遠州七不思議 (8)
グルメ (41)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (149)
鉄道:大井川鐵道 (844)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (12)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (16)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (33)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (11)
鉄道:SL銀河 (26)
鉄道:SL大樹 (7)
鉄道:SLイベント列車 (9)
鉄道:保存機関車 (110)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (103)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして