mr.slim の PHOTO BLOG

中年オヤジの写真館です。

湯島天神

神田明神と道を挟んで湯島聖堂がありました。
IMG_0069_201802042327092d1.jpg



湯島聖堂は江戸時代の元禄3年(1690年)、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所となりました。湯島天満宮(湯島天神)とともに、年間(特に受験シーズン)を通して合格祈願のために、参拝に来る受験生が訪れます。特に、合格祈願の鉛筆を買っていく受験生の姿が多く見受けられ、国の史跡に指定されています。
IMG_0071_2018020423270836a.jpg



仰高門
湯島聖堂にはいくつかの入り口がありますがこの仰高門がメインの入り口になります。昭和10年(1935年)に再建された門で、中国の曲阜にある孔子廟にも同名の門が建っているそうです。
IMG_0072.jpg



この斯文会館は昭和10年に伊藤忠太の設計で建造されたそうです。
IMG_0073_20180204232705c0e.jpg



入徳門
朱熹の「大学章句序」の中にある「入徳」から名前が付けられた門で、この門は上野忍ヶ岡の林家の先聖殿創建時からあり、1704年に建てられた湯島聖堂では唯一の木像建造物ということです
IMG_0124_2018020423270325d.jpg



境内には先日降った雪が残っていました。
IMG_0126.jpg



杏壇門
湯島聖堂の大成殿に行くためにくぐる間口20mの大きな門で、「杏壇」の名前は孔子の講堂跡地に由来しているそうです。
IMG_0125.jpg



IMG_0127.jpg



IMG_0128.jpg



大成殿(孔子廟)
現在の大成殿は、関東大震災で焼失後、昭和10年に伊東忠太博士の設計で再築されたもので、孔子を筆頭に孟子、願子、曾子、子思といった聖人が祀られています。屋根上には鬼□頭(きぎんとう)・鬼龍子(きりゅうし)と呼ばれる守護獣が置かれていますが、これらは鋳銅製で、寛政11年(1799)当時のものだそうです。
IMG_0129_20180204232657918.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/06(火) 00:00:54|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田明神

神田明神(正式名称は神田神社)は、神田祭をおこなう神社として知られ、天平二年(七三〇)に創建されました。
IMG_0073_2018020422034273d.jpg



今回、神田明神を訪れたのは節分の豆まきで有名人を見られるかな?と思って午前9時に勇んで出かけたのですが、豆まきの開催は午後2時からと5時間も後なので、結局、見るのは諦めました。
IMG_0075.jpg



隨神門
昭和50年に昭和天皇御即位50年の記念事業として新たに再建。総檜・入母屋造。二層建て・屋根は銅板瓦棒葺。各所に配した文様は伝統的なテーマをもとにしつつ、オリジナルなデザインを使用。外回りには四神(朱雀・白虎・青龍・玄武)、内側には「因幡の白兎」など、だいこく様の神話をモチーフにした彫刻を飾っています。
IMG_0077_201802042203390ff.jpg



IMG_0081.jpg



だいこく様尊像
昭和51年完成。高さ6,6メートル重さ約30トンで石造りとしては日本一のだいこく像として建立されました。
IMG_0082.jpg



御神殿
昭和9年に竣功。権現造。当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート・総朱漆塗の社殿。本殿・幣殿・拝殿さらに神饌所・宝庫が重なり合うように造られており、昭和初期の神社建築では新しい形式をもちます。
IMG_0084_20180204220334453.jpg



鳳凰殿
神札授与所と参集所をあわせ持つ鳳凰殿は、鉄骨造三階建て、朱塗、入母屋、正面唐破風、銅板一文字葺。延床面積は355.93㎡(107.84坪)。
IMG_0086_20180204220332cc0.jpg



毎年、節分の豆まきは左側の>鳳凰殿2階から行われ、今年は歌舞伎俳優尾上菊之助やJALの客室乗務員らが行ったそうです。
IMG_0085.jpg



狛犬
狛犬は、神社の守護役あるいは神さまの使いとして、邪気を払う役割を持つ存在で、神田明神の狛犬は、正面を向いているという非常に珍しいもので昭和8年5月、氏子有志により奉献されました。
IMG_0093_20180204220331bad.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2018/02/05(月) 00:00:01|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初詣

今年も初詣は初山宝林寺に行ってきました。
01_201801030049350cf.jpg



相変わらず参拝客も少なく静かな初詣でした。
02_20180103004934d01.jpg



03_20180103004934c21.jpg



04_20180103004933eae.jpg



05_20180103004932f71.jpg



06_20180103004932739.jpg



07_201801030050423c9.jpg



おみくじは小吉が出ました。小吉は凶の一つ前なので、あまり良くないと思う人もいるようですが、吉が付いているのでこれから運気上昇って捉えれば悪い意味はないそうです。また、小吉の含有率?は3~6%といちばん少なくレア度は高いそうです。
08_20180103005042f6d.jpg



おみくじを引いた後ですが、自分にとっていい意味が書いてあった場合、そのおみくじを常に身につける事で運気がアップすると言われています。持ち帰ったおみくじは自分にとっていい事があった等、その役目が終わったと思った時に神社に持っていき、お焚きあげをしてもらいます。また、神様と自分との縁を結びたいという時は神社が許可している場所で結びますが、結ぶ時は縦結びは縁起が悪いので横向きになるように気をつけてください。
09_2018010300504183a.jpg



そうそう!今年は戌年ですね・・・我が家の14歳になる、おばあちゃんワンコです。
10_2018010300504038f.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2018/01/04(木) 00:00:10|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑司ヶ谷鬼子母神堂

JR池袋駅東口より南へ約500m、目白駅より東へ約600mの場所に鬼子母神堂があります。
3月に3人目の孫が生まれるため、安産のお守りを求めて出かけてきました。
02_20171214224732298.jpg



鬼子母神堂は、安産・子育(こやす)の神様である鬼子母神をお祀りするお堂として、多くの人々に親しまれています。
03_20171214224731746.jpg



鬼子母神堂武芳稲荷
04_201712142247299ae.jpg



鬼子母神堂は、永禄4年(1561)1月16日に山村丹右衛門が清土(文京区目白台:現清土鬼子母神堂)で発掘した鬼子母神像を、稲荷社のあった当地に村民が天正6年(1576)堂宇を建立、松平安藝守光晟(室法名自昌院英心日妙)の寄進により本殿を建立、雑司ヶ谷村の鎮守だったといいます。
05_201712142247284d0.jpg



•鬼子母神大門ケヤキ並木(都指定天然記念物)
06_20171214224726050.jpg



07_2017121422472572f.jpg



鬼子母神堂大黒天堂
08_201712142247230d4.jpg



•法明寺鬼子母神堂本殿(都指定文化財)
09_2017121422472284c.jpg



10_20171214224720089.jpg



11_2017121422471969a.jpg



鬼子母神堂法不動
12_20171214224718eaf.jpg



13_2017121422471756c.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/12/24(日) 00:00:24|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治神宮

大勢の人たちが行き交うJR原宿駅南口から明治神宮に行ってきました。
01_2017112621573389f.jpg



山手線のすぐ近く、大都会の真ん中に自然豊かな鎮守の森が広がっています。
03_2017112621573124e.jpg



明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、清らかで森厳な内苑を中心に、聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティー会場の明治記念館からなっています。
DSC_3417.jpg



南参道には奉納された酒樽が並べてありました。
DSC_3424_20171126215728c0f.jpg



日本一の大鳥居。檜造りの明神鳥居としては日本一で、高さ12m、柱間9.1m、柱の径1.2m、笠木の長さは17mあります。
DSC_3426_20171126215727045.jpg



秋の大祭として菊花展も開催されていました。
DSC_3429_20171126215726be4.jpg



DSC_3430.jpg



DSC_3431.jpg



DSC_3433.jpg



DSC_3447.jpg



DSC_3448_20171126215718214.jpg



DSC_3450.jpg



DSC_3451.jpg



DSC_3452.jpg



DSC_3453.jpg



DSC_3454_2017112621571093b.jpg



DSC_3461.jpg




DSC_3463_2017112621570714a.jpg



七五三のお宮参りの時期で、懐かしい千歳飴が売られていました。
DSC_3464.jpg



DSC_3465.jpg



ご覧いただき、ありがとうございました。
  1. 2017/11/29(水) 00:00:16|
  2. 神社・仏閣&教会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

mr.slim

Author:mr.slim
中学生の頃、消えゆく蒸気機関車を撮影するために写真を始めました。
デジカメを手にしてからは色んなモノを撮っております。

最新コメント

QRコード

QRコード

カテゴリ

未分類 (35)
東京一人生活 (48)
ぶらり撮影 (45)
観光・名所 (259)
イベント・祭り (121)
ポートレート (35)
釣り (39)
生き物 (149)
富士山 (56)
季節の花 (103)
季節の風景 (4)
棚田の風景 (33)
日本の風景 (52)
日本の城 (7)
マンホールの蓋 (2)
文化財 (59)
神社・仏閣&教会 (120)
遠州七不思議 (8)
グルメ (41)
中国:上海 (81)
中国:北京 (20)
中国:香港 (1)
中国:江蘇省 (16)
中国:安徽省 (1)
中国:浙江省 (43)
中国:四川省 (10)
中国:雲南省 (18)
中国:中国の鉄道 (18)
中国:その他 (25)
鉄道:天竜浜名湖鉄道 (148)
鉄道:大井川鐵道 (837)
鉄道:遠州鉄道 (9)
鉄道:明知鉄道 (3)
鉄道:SLパレオエクスプレス (12)
鉄道:SLやまぐち号 (12)
鉄道:SL北びわこ号 (13)
鉄道:SLばんえつ物語号 (16)
鉄道:SLあそBOY (2)
鉄道:SLみなかみ (33)
鉄道:SL碓井 (5)
鉄道:SL人吉号 (17)
鉄道:真岡鉄道 (11)
鉄道:SL銀河 (26)
鉄道:SL大樹 (3)
鉄道:SLイベント列車 (9)
鉄道:保存機関車 (97)
鉄道:現役蒸気機関車 (93)
鉄道:国鉄時代 (7)
鉄道:その他 (103)
独り言 (15)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして